でぶたんの城Ⅱ

デブ,ボチャ,メタポ君みんなおいで~。デブ,ポチャ,メタボのためのブログっす。本ブログのコピーは一切禁止っす!

姫路の旅その4っす。

2016-10-13 16:19:41 | 旅行

「明日は何時の新幹線?」「10字過ぎだから9時に家を出れば大丈夫だよ。」旅行に行く前日はまるで小学生が遠足に行く時の前日と同じでなかなか寝付けなかったっす。早朝に起きて荷物を確認し、「飲み物とか買うから早目に行こうか。」ということで早目に家を出たのはいいっすが予定より1時間も早く着いてしまい暇をもて余してたっす。

 三連休とあって駅構内は結構な人出っす。「もっと早いのに変更してもらおう。」そういって切符売り場に並んだっすが各のぞみの席の使用状況を見た途端、「だめだこりゃ!」の満員っす。仕方ないのでそのまま待つことにしたっす。女性はみんな「ちょっとトイレに行ってくるね。」と言ったきりなかなか戻ってこないっす。女性はトイレの中で用を足すだけじゃなくストッキングを穿き替えたり化粧をしたりもするらしいっすから漏れそうにして並んでる他人のことなんか知ったこつちゃないっす。(^^ゞ

 待合室はいっぱいっす。「ホームに行ってようか」ホームのベンチ方が電車に乗る人が多くすぐに空くっす。しかし電光掲示板の発車時刻と切符を見てびっくりしたっす。「あれ?このホームの電車新大阪行じゃん。姫路まで行かないよ。」もう一度よく見直したら「なんだ~隣のホームだよ。」やれやれ間違えて新大阪行に乗るとこだったっす。

 やっと目的ののぞみに乗れたっす。缶チューハイも買ったしつまみも持ってきたし今から飲むぞと思ってる時、「ねえ、帰りは何時の新幹線?」「え~っ?今旅行始まったばかりなのにもう帰りの時間心配してんの?」「・・・」「・・・」てな感じっす。(^^ゞ

 姫路まではずいぶん近くなったもんっす。「狭い日本、そんなに急いでどこへ行く」という名言を思い出すっす。姫路に着いたらお腹が空いてて蕎麦屋に。あちこち一人ずつしか席が空いてないっす。「なんでこな効率の悪い座り方してはんのやろ」と急に関西弁になるっす。「しゃ~ない。別々に座ろ。」。お店の人が「すいません」言うたかてこっちは急いでんねん。

 ホテルに荷物を預け、前もって調べておいた乗り放題300円のループバスの切符買わなきゃ。あれ?切符売り場どこやねん。駅の観光案内に聞くと「交番の二階です。」やて。「交番の二階言うたって行かれへんがな。お巡りさんが仮眠するとこやないかいな。」「なんやねん。別の人に聞いてみるわ。」「ああ切符売り場は向こうの方でっせ。」「なんや交番の向こうやないか」

 やっとループバス乗り放題の切符を買って乗って座れた。「まもなく大手門前」「えっいくらも乗ってへんやん」まずは姫路城見なあかん。姫路城なかなかええやん。「誰が建てたんやろ。大工に間違いないわ。」なんて独り言うてんねん。姫路城の入場料は1000円やけどループバスの切符見せると200円割引きになるんやて。せやかて好古園とセットで買うた方が1040円やから一番安い気がするなあ。姫路城見んのに結構時間かかるさかいセット券買うても好古園に行けるかどうかわかれへんやないの。仕方なく姫路城単独の割引券を買うしかないわな。まあ待ち時間0分やからええやん。なんて言いながら姫路城天守閣に向かったっす。


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「豪栄道、母校・埼玉栄に凱... | トップ | 「春日山親方「師匠」辞任勧... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。