でぶたんの城Ⅱ

デブ,ボチャ,メタポ君みんなおいで~。デブ,ポチャ,メタボのためのブログっす。本ブログのコピーは一切禁止っす!

「鶴竜 唯一全勝キープ 遠藤の勢い“突き落とし”3秒で料理」とのニュースっす。

2016-11-20 07:35:01 | スポーツ

スポニチアネックス 11/20(日) 7:01配信
<九州場所7日目>鶴竜は遠藤を突き落としで破る

 ◇大相撲九州場所7日目(2016年11月18日 福岡国際センター)

 横綱の貫禄を示し、鶴竜が単独トップを守った。1横綱3大関に土をつけている平幕・遠藤の攻めをしっかり受け止め、相手の動きをよく見て突き落とし。7場所ぶりの優勝に向け、安定した相撲を続けている。6日目に初黒星を喫した綱獲りの大関・豪栄道は苦しみながらも平幕の魁聖を退けた。1敗は日馬富士、白鵬の両横綱、豪栄道、新入幕の石浦の4人となった。

 上昇気流に乗る遠藤を難なく料理した。鶴竜は頭で当たってから突き起こし、すぐ右からいなした。あとはバランスを崩した相手を突き落とすだけ。わずか3秒余りでの決着。1横綱3大関を破っていた遠藤に貫禄を示したが「そんなにいい相撲じゃないよ」と笑いながら謙遜した。

 無理に仕掛けずに相手の動きに対応できているのは、好調な証拠だ。遠藤が初めて幕内上位まで番付を上げた14年春場所。場所前に出稽古に来た若手に当時大関だった鶴竜は胸を出した。当時と比べ「いい当たりをしてきたので変わったなと思った。以前は頭から突っ込んでくることはなかったが、彼も相撲を変えたんじゃないか」と成長を認めた。それでも「うまく体が反応しました」と相手の成長よりも自身の動きの良さの方が勝っていることを強調した。

 九州場所には苦い思い出がある。2年前は初日から10連勝を飾り、横綱昇進後の初優勝を狙うチャンスだった。だが、終盤になって風邪をひき、力を出し切れずに白鵬に逆転優勝を許した。人よりもへんとうが大きいこともあり、子供の時から喉を痛めやすい。同じ過ちを繰り返さないため、昨年からは地方場所に加湿器付きの空気清浄器を持ち込んでいる。

 酒席では冷たいものは取らず、お湯割りにするなど、喉のケアには細心の注意を払っている。「体の状態が良ければ気持ちも変わってくる」。地道な努力で精神的にも落ち着けるようになり連勝街道につながっている。

 腰痛からの休場明けだった秋場所は2連敗スタートから踏ん張り、なんとか10勝に到達した。「15日間取り切ったことが生きている。先場所とは違うと思う。まだ7日目ですが」。本当に変わったということを証明するためには、トップを守って15日間を終えるしかない。(スポニチアネックス 11/20(日) 7:01配信 より抜粋) との内容っす。

 鶴竜に簡単に料理されちゃった遠藤の取組観て、フアンは「あ"~ぐやじ~!」って言ってるっす。遠藤は足でバイバイしてるわけじゃないっす。おっとっとになっただけっす。「おっとっと」のCMに使えそうな画像っす。(^^ゞ遠藤はもう少し足が前に出せたら残れたっす。次の取組でお返しすると思うっす。横綱に遠慮しなくてもえんど~!っす。(^^ゞ

 その他気になるニュースはここっす。平幕で1敗の石浦…好きな音楽はレゲエ、大学時代はガードマンも(スポーツ報知) 2016/11/20 1:46  

  
スポーツ報知
 11/20(日) 1:46配信
験を担いでひげを伸ばす石浦

 「ピコ太郎じゃねえよ!」と言ってるっす。体重増やして筋肉デブになったらもっと強くなるっす。(^^ゞ

 各段の日別の取組結果はここっす。http://www.sumo.or.jp/ResultData/torikumi?kakuzuke=1&day=8
 星取表はここっす。http://www.sumo.or.jp/ResultData/hoshitori?kakuzuke=1&ew_flg=1
 
 序二段の舛ノ山は3連勝で今日中日の取組で4連勝すると思うっす。今後各段で優勝してもう一度幕内に戻ってきて浅草寺でダンスやってもらいたいっす。(^^ゞ
 ところでエンターテーナー豊ノ島1勝2敗と調子が悪いっす。入院してる間に身体が相撲を忘れちゃったみたいっす。どうした豊ノ島!!親友琴奨菊に合わせなくてもいいんだよ~っす。(^^ゞ 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「白鵬、連敗はしない…嘉風を... | トップ | 豪栄道、行司差し違えで痛恨... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。