でぶたんの城Ⅱ

デブ,ボチャ,メタポ君みんなおいで~。デブ,ポチャ,メタボのためのブログっす。本ブログのコピーは一切禁止っす!

「白鵬が治療で離脱…稀勢と日馬に復興土俵入り託す」とのニュースっす。

2017-08-13 05:20:05 | スポーツ


日刊スポーツ
 8/12(土) 19:43配信
仙台巡業で横綱土俵入りする白鵬は左膝負傷の
  ため13日から巡業を離脱する(撮影・渡辺佳彦)

 大相撲の夏巡業に7月30日のスタートから参加している横綱白鵬(32=宮城野)が、7月の名古屋場所前に発症した左膝痛の治療に専念するため、13日から離脱し、帰京することになった。

【写真】稀勢の里は稽古土俵上がらずも横綱土俵入りで大歓声

 夏巡業は12日、2日間開催で行われる仙台巡業の初日が、仙台市青葉体育館で行われた。治療や静養に努めていたと思われる白鵬は、朝稽古の時間は会場に姿を見せず、割(取組)からも外れた。代わって玉ノ井巡業副部長(元大関栃東)が「今、無理するより治療した方がいいという(判断)。疲れとかもあるだろうし」と説明した。負傷箇所は左膝だった。

 横綱土俵入りを務めるため、午後に会場入りした白鵬は、状況を説明。それによると名古屋場所前から、痛みを覚えたという。それでも同場所は、2場所連続39度目の優勝と、通算最多勝利記録を樹立。場所後にモンゴルへ帰省し、7月29日に再来日した成田空港では「名古屋場所前に痛めたところがある。夏巡業は悪化させないようにやりたい」と話していた。この日、白鵬は「(再来日する)4時間半の飛行機(搭乗中)で痛みを感じました」と明かした。

 そんな状況でも、この夏巡業は4横綱でただ一人、初日から参加。だが稽古も満足に出来ないため状況もあって、離脱を決断した。現状の痛みについては「もちろん(ある)。稽古すると筋肉が大きくなって、神経を圧迫される。同じ姿勢が続くと(痛みが出る)。ゆっくりと安静にして」と説明した。

 14日には岩手・釜石市で東日本大震災の復興土俵入りが行われ、稀勢の里(田子ノ浦)と2横綱でそろい踏みする予定だった。それも13日に帰京するため欠場となる。代わりに日馬富士(伊勢ケ浜)が務める。震災発生の11年から昨年まで、6年連続で復興土俵入りを務めていた白鵬だけに無念の欠場となるが「いやいや、2人の横綱が出てきた。代わりはいるでしょう」と、途中から巡業に合流した稀勢の里と日馬富士に思いを託す。「(夏巡業)前半は私が(重責を)託されたから(後半は)託したい」と話していた。(日刊スポーツ 8/12(土) 19:43配信、最終更新:8/12(土) 19:55 との内容す。

 まあ次から次とケガ人だらけの幕内力士っす。白鵬はケガをしてても滅多に口に出すことはしないのに出したってことは相当重症かもしれないっす。代わりがいるからいいという問題ではないと思うっす。ケガ人が増えたのはそもそも過密スケジュールが原因ではないかと思うっす。場所が終わっても病院に行く暇がないっすから段々悪化するだけっす。このままだと9月場所は平幕陣の金星だらけになるかもっす。(^^ゞ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 稀勢の里、復活へ焦らず調整... | トップ | 「高安、仙台巡業で迫力満点... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。