でぶたんの城Ⅱ

デブ,ボチャ,メタポ君みんなおいで~。デブ,ポチャ,メタボのためのブログっす。本ブログのコピーは一切禁止っす!

「日体大卒の南が尾車部屋入門、憧れは大学先輩嘉風」とのニュースっす。

2017-04-27 05:07:14 | スポーツ


日刊スポーツ
 4/26(水) 19:09配信
尾車部屋への入門が決まり、会見でこの日、還暦を迎えた
尾車親方(左=元大関琴風)と大学の先輩の幕内嘉風に
はさまれて笑顔を見せる日体大出身の南(撮影・今村健人)

 日体大相撲部で昨年の全日本大学選抜宇和島大会で優勝し、3月に卒業した南友太(22)が26日、都内の同大で会見し、尾車部屋への入門を発表した。

【写真】女手ひとつで育ててくれた母奈美さん(右)と並ぶ日体大出身の南

 生後3カ月で、母乳だけで体重10キロを超えた体は、現在は180センチ。体重は「昨日量ったら165キロでした」。幼稚園から小学校まで空手、中学校では柔道をし、神奈川・向の岡工高から相撲を始めたばかり。それでも、大学では2年生からレギュラーを張り、4年生で全日本大学選抜宇和島大会を制した。

 「高校時代は四つ相撲。大学に入って、大相撲につながるように大胆な相撲を取っていこうと、力や立ち合いでの当たりなど、押し1つでやってきた」という。師匠の尾車親方(元大関琴風)も「押しを徹底した相撲の技量を、多くの人に見てもらえるように育てたい」と話した。

 会見は、女手一つで育て(た母奈美さん(46)が涙ながらに見守っていた。「(会見は)もう少し、緊張するかなと思っていましたが、試合の方が緊張する」と堂々と言ってのけた南。「嘉風関の押す姿、まわしにこだわらずに前に出る相撲に今もあこがれています」と会見に同席した大学の先輩を持ち上げ? その先輩からは「お金が取れる力士に。土俵に上がったら何かすると注目される力士になってほしい」とエールを送られた。さらに、この日で還暦60歳を迎えた尾車親方にも「僕自身、運が強いとか、験がいいと言われる。親方の節目の日に会見を設けていただいて、大変ありがたい。親方に立派な姿を見せられるよう、頑張っていきたい」と力強く意気込んでいた。

 夏場所(5月14日初日、東京・両国国技館)で新弟子検査を受検する。(日刊スポーツ 4/26(水) 19:09配信より抜粋)との内容っす。

 いやいやいやいや、とても日体大生とは思えないくらい落ち着いた顔してるっす。嘉風と同期だと言っても誰も疑わないっす。身体も嘉風よりデカいし頼もしいのが来たっす。嘉風を見習いたいのは解るっすがもう少し若い関取の方がいいんじゃないかと思うっす。(^^ゞ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加
広告を非表示にするには?

「稀勢の里の生き様、化粧まわしが「北斗の拳」の理由」とのニュースっす。

2017-04-26 05:56:59 | スポーツ


日刊スポーツ
 4/25(火) 9:56配信
「北斗の拳」の化粧まわしを贈られることが
わかった稀勢の里(2017年3月26日撮影)

 大相撲の横綱稀勢の里(30=田子ノ浦)に、人気漫画「北斗の拳」の3兄弟を描いた三つぞろいの化粧まわしが贈られることが24日、分かった。アニメで放送された漫画のキャラクターが横綱の化粧まわしに用いられるのは史上初めて。稀勢の里は、孤高の男の長兄ラオウで、太刀持ちに主人公ケンシロウ、露払いには次兄トキが描かれた。5月6日に都内で開かれる横綱昇進祝賀会で披露される。

【写真】横綱稀勢の里が化粧まわしに選んだラオウ

 他を圧する鋭い眼光。覇者としてのオーラが宿り、かざした右手には何者をもひれ伏す力がある。そんな姿は、この横綱にこそふさわしい。稀勢の里に、暴力が支配する世紀末を舞台にした人気漫画「北斗の拳」の三つぞろいの化粧まわしが贈られることになった。中でも横綱が締めるのは主人公ケンシロウではない。「世に覇者はひとり」と孤高の姿を貫いた長兄ラオウを、自ら好んで選んだ。

 きっかけは2年ほど前だった。大関昇進時に有志でできた「後援会」。週刊少年ジャンプの編集長として最大発行部数653万部を達成し、現在は漫画の編集などを手がけるコアミックス(本社・東京)の堀江信彦社長(61)も会員だった。綱とりに苦しんでいた当時、堀江社長は「横綱になったら化粧まわしを贈る」と約束した。すると稀勢の里の目が輝いた。「北斗の拳がいいです。ラオウでお願いします」。

 「オレに後退はない。あるのは前進勝利のみ」-。そんなラオウの生きざまは、世代でなくとも横綱の心にあった。「ケンシロウじゃないのかと聞いたら『ラオウで』と。横綱は先代師匠の『勝負師は孤独であれ』『言い訳するな』という言葉を守る。そういう姿がラオウに重なったのかな」。北斗の拳の元のアイデアは、堀江社長が考えたもの。原作の武論尊氏、漫画の原哲夫氏も快諾し、後援会員の賛同もあって同社の役員会で議決した。ただ、それから2年もたった。

 「もう忘れたかも…と思っていたら、横綱から連絡があった。義理堅く覚えていた。そこに感動しちゃったなぁ」。何十枚も並ぶ絵柄から、楽しそうに3枚を厳選したのは横綱自ら。太刀持ちにケンシロウ、露払いに次兄トキを据えた。化粧まわしにはそれぞれ2つの北斗七星と大きな北極星が1つ描かれ、計15個の星=15勝も祈願されている。

 鉄腕アトムやバカボン、キン肉マンなど、漫画キャラが化粧まわしに描かれたことはあるが、横綱では例がない。「漫画の名誉です。横綱は少年の塊のような人。ケガしても行く勇気は、若くないとできない。昔、漫画雑誌の表紙は野球選手か相撲取りだった。稀勢の里関は、あのころに戻せる横綱」。わが生涯に一片の悔いなし-。そう言い切ったラオウの魂を、稀勢の里も受け継ぐ。(日刊スポーツ 4/25(火) 9:56配信より抜粋)との内容っす。

 時代が変ったっすねぇ。稀勢の里が人気漫画「北斗の拳」のラオウの化粧まわしっすかぁ。まっどっちみち横綱は裸王(ラオウ)っす。化粧まわしを見せるのもいいっすが稀勢の里自身立派な相撲を見せてもらいたいっす。(^^ゞ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

貴景勝、春巡業で白鵬に“こてんぱん”「全てが凄かったです」のニュースっす。

2017-04-25 00:24:17 | スポーツ


スポニチアネックス
 4/24(月) 7:01配信
白鵬(左)に稽古をつけてもらう貴景勝

 大相撲春巡業が23日、東京都町田市内で行われ、春場所で11勝を挙げて敢闘賞を受賞した有望株、貴景勝(20=貴乃花部屋)が最強横綱の“超絶パワー”に圧倒された。白鵬と14番取って全敗。突き、押しで攻撃を仕掛けたものの、すぐさまつかまり、右腕一本で何度も土俵に転がされた。子供扱いされながらも、観客の声援を力にして果敢に立ち向かった。突然の指名だったが「自分はただただ、ぶつかって行くしかなかった。頂点に立つ人はこういうパワーなんだと。全てが凄かったです」と得たものは大きかった。

 一方で、21日の宇良に続いて若手を指名した白鵬は「三賞も獲ったので、(貴景勝は)どんなもんかと」。実力を確かめた形だが「土俵際の押し込む力があったね。勢いというか、実力を発揮してました」と将来性を認めていた。(スポニチアネックス 4/24(月) 7:01配信より抜粋)との内容っす。

 白鵬もうんと格下の方が従順なのでかわいがりやすいんだと思うっす。貴景勝とは親子ほど歳が離れてるっす。幕下上位陣と稽古してもし敗けたら恰好悪いっすからねぇ。貴乃花親方も愛弟子がケガするんじゃないかと心配だったに違いないっす。貴景勝は今は遠慮してるっすがそのうち横綱キラーになること間違いないっす。最終的には横綱交代の日が来るっす。(^^ゞ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「38歳・安美錦+35歳・里山=合計73歳ぶつかり稽古」とのニュースっす。

2017-04-24 05:35:29 | スポーツ


スポーツ報知
 4/23(日) 18:49配信
38歳の安美錦(右)が35歳の里山に稽古をつける

 大相撲春巡業が23日、東京・町田市内で行われ、朝稽古で38歳の十両・安美錦(伊勢ケ浜)が35歳の同・里山(尾上)にぶつかり稽古で胸を出した。

 2人合わせて73歳のベテラン同士の胸合わせは、関取最年長の安美錦が里山を指名して実現。胸を出すだけでなく頭を抑えてすり足をうながすなど、先輩が力士生活14年目に突入した後輩を容赦なく鍛え上げた。

 2人は巡業中は支度部屋で明け荷を並べる間柄。突然のご指名にも里山は、「ありがたいことです。僕は安美錦関を兄貴だと思ってますので」と持ち上げると、「俺は(里山の存在は)いとこの子どもくらいかな。2年に一度会うくらいのね」と切り返した。

 厳しい“口撃”にも里山は、「めったにないことですからね。初心に帰ることができました」と平身低頭。それに対して兄貴分は、「毎日でもいいよ、変わったことをしてるわけじゃないからね」と第2弾を予告? していた。(スポーツ報知 4/23(日) 18:49配信より抜粋)との内容っす。

 安美錦が長老仲間の里山に稽古をつけて技を伝授してるっす。他のスポーツに比べるとお相撲さんは息が長い方っす。大きな怪我さえしなければちゃんこは何とか確保できるっすから幕下以下でも長老が増える中、一応関取と呼ばれるようになったお相撲さんは立派っす。相撲が弱くてもちゃんこだけは大食いのお相撲さんは親方にとっては迷惑だと思うっす。歳をとってもいいっすから安美錦や里山のように関取になってくれれば親方もホクホクだと思うっす。みんな関取目指してちゃんこ食べて、じゃなく稽古してほしいっす。(^^ゞ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白鵬、宇良をご指名稽古も辛口「活きが良くなかった」とのニュースっす。

2017-04-23 05:49:04 | スポーツ

デイリースポーツ 4/22(土) 16:43配信
ぶつかり稽古で宇良(左)に胸を出す白鵬

 大相撲の春巡業は22日、東京都八王子市で行われ、横綱白鵬(32)=宮城野=が人気業師の平幕宇良(24)=木瀬=を指名し、ぶつかり稽古に胸を出した。幕内稽古の最後に約5000人観客を盛り上げるサプライズだった。

 突然の抜てきに驚く“新米”を優しくかわいがった。両手を広げ、「はいはい、ようし!」と受け止めると、ゴロンと転がす。無我夢中に前も見ず突っ込んでくる相手を、ひらりとかわしてはたき込み。会場を沸かせた。

 ぶっ倒れると、蹴るマネをして起き上がらせ力を存分に出させた。最後は3連発で土俵に転がして約6分の“横綱体験”を締めた。

 「活きがいい?活きが良くはなかったね。胸を出す方が気を使っちゃって。一生懸命やってるけど当たりが『ぺちゃっ』て感じ。本人にも言ったけど当たりが磨かれれば、もっと技もできる」と、期待するがゆえの、激励の言葉をかけた。

 初の白鵬の圧力に宇良は「オーラだけでスタミナが削られた。とにかく精いっぱいやることだけ」と、放心状態だった。(デイリースポーツ 4/22(土) 16:43配信より抜粋)との内容っす。

  横綱白鵬と小兵宇良では実力はそりゃあ雲泥の差っす。まるで大人と子供っすよ。宇良だって稽古の時に裏技使うわけいかないっすからぶつかって押すしかないっす。白鵬にしてみれば休憩してるのと変わらないくらいの余裕っす。まだ倒れた宇良の髪を掴んで引っ張り起こしたり本当に蹴ったりしないだけいいっす。宇良は悔しさをバネに虎視眈々とチャンスを狙うしかないっす。本番の時は油断してると宇良はチョロQ作戦で相手を翻弄させるっすから楽しみっす。宇良~!!裏技と宇良技駆使して5月場所も頑張って勝ち越せ~!! 
 大阪のフアンも言ってるっす。「なんやねん。稽古やさかい宇良が白鵬にはむかうわけいきまへんがな。そやけど本番は違うで。見ときなはれや。土俵を跳び回ってみんなをアッと言わせまっせ。ほんまやで。」(^^ゞ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「最年長安美錦「休みなんていらない」先陣切って5番」とのニュースっす。

2017-04-22 06:38:38 | スポーツ


日刊スポーツ
 4/21(金) 17:54配信
相撲を取る安美錦(左)と宇良

 大相撲の春巡業は21日、水戸市で行われ、関取最年長38歳の十両安美錦(伊勢ケ浜)が、幕内の土俵で先陣を切って稽古した。

【写真】「力の伝え方いろいろある」と宇良を熱心に指導する安美錦

 宇良、佐田の海、大栄翔と立て続けに稽古し、1度は退いても再び土俵へ。計5番。呼吸を整えるために1度外す「待った」もなく「稽古しているんだから、休みなんていらないじゃん」と涼しい顔だった。

 「巡業が始まって結構たつんだけど、相変わらず同じメンバーが上がっているなぁ」と、稽古をしない若手を嘆いていた横綱鶴竜が、安美錦らベテラン勢が稽古する姿に「こういうのを見て、何とも思わないのかなぁ」と感嘆したほど、奮闘ぶりが目立った。

 それでも「年がいっているから(稽古相手が)気を使ったんだろう」と言う安美錦は「稽古しなくても相撲が取れるんだからいいじゃん。うらやましいよ。オレなんか、稽古しないと相撲が取れないもの」と笑い飛ばしていた。(日刊スポーツ 4/21(金) 17:54配信より抜粋)とのニュースっす。

 どうでもいいけど「気を使う」じゃなく「気を遣う」だと思うっす。38歳長老安美錦がみんなに稽古のお手本を見せてるっす。宇良との稽古はまるで親子のような感じがするっす。安美錦といえば両膝のギブスのようなサポーターがトレードマークっす。相手がギブスに目を奪われてる間にベテランの技で相手を倒す安美錦っす。あまり歳をとると段々髪が薄くなって髷が結えなくなるっすから大事にしないといけないっす。髷は相撲さんの命の次に大事っす。(^^ゞ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「高安に大歓声「懐かしい」父親の地元水戸で春巡業」とのニュースつす。

2017-04-22 01:26:36 | スポーツ


日刊スポーツ
 4/21(金) 17:24配信
相撲を取る高安(左)

大相撲の春巡業は21日、水戸市で行われ、地元茨城県出身の関脇高安(27=田子ノ浦)が大歓声を浴びた。

【写真】日馬富士(右)と三番稽古をする高安

 父親の地元で、幼少期には数年間、住んだこともあるという水戸での巡業。偶然にも、前夜に宿泊したホテルの目の前はかつて、両親がレストランを開いていた場所で、当時は記憶も定かでない幼稚園の前の時代だが「懐かしい。思い出しますね。何となく覚えている。思い出すのは、父親と散歩したことかな」と懐かしんだ。

 この日は「もう少しやりたかった」と稽古は横綱、大関が入ってきたこともあってわずか6番で終わったが、その後はぶつかり稽古で幕内宇良に胸を出して約5分間、鍛えた。「胸を出すことは大事。相手のためにもなりますけど、1番は自分のため」と、期待の宇良を鍛えつつ、自らの足腰にも力をつけようとしていた。(日刊スポーツ 4/21(金) 17:24配信より抜粋)との内容っす。

 高安が幼少の頃水戸に住んでいたなんて水戸黄門も知らなかったと思うっす。宇良の人気と同様に株が上昇中の高安はフアンも増えてみんなが羨ましがってるに違いないっす。羨まれ同士で仲良く稽古するのは効率がいいっす。茨城のフアンが言ってるっす。「水戸ずんぎょう(巡業)さ来てみていかっぺよ~。せいぜいほす芋さいっぺえ食ってガスさ出して頑張っぺ!」(^^ゞ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「白鵬「春場所の件があって」稽古で因縁の正代を圧倒」とのニュースっす。

2017-04-21 05:39:21 | スポーツ


日刊スポーツ
 4/20(木) 19:02配信
三番稽古で正代(手前)を投げる白鵬

 大相撲の春巡業は20日、千葉県柏市で行われ、横綱白鵬(32=宮城野)が、宣言通り稽古を行った。春場所を右足裏と右太ももの負傷で途中休場し、春巡業は17日に東京・靖国神社で行われた、靖国神社奉納大相撲からの参加。その時に柏で稽古を行うと話していただけに「有言実行というか宣言通り。柏の人も喜んでくれたと思う」と笑顔を見せた。

【写真】白鵬(左)を突き落としで破る正代

 三番稽古の相手には「春場所の件があって」と春場所初日に負けた小結正代を指名。鋭い踏み込みで得意の右四つになると、上手投げや下手投げなど多彩な技で14番全勝と圧倒。「良かったと思う。息も上がらなかった」と満足。実は子どもとの稽古に参加予定だったため、稽古をやらないつもりだったという。しかし横綱日馬富士が関脇高安と三番稽古をするのを見て「自分もスイッチが入った」と燃えるものがあった。子どもとの稽古にも参加して「いいことだね。大いに盛り上がったと思う」と振り返った。(日刊スポーツ 4/20(木) 19:02配信より抜粋)との内容っす。

 白鵬は大阪場所での借りを返してやるぞとばかりに正代を投げ捨て、「どうだい!」と言ったかどうかは知らないっす。観てる方も「痛しょうだい。」っす。白鵬に相撲のスイッチが入ったのはいいっすが、勝つために手段を選ばないスイッチだとケガ人続出するかもっす。(^^ゞ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「夏場所日程を発表、番付発表は5月1日」とのニュースっす。

2017-04-20 05:42:24 | スポーツ

 日本相撲協会は19日、東京・両国国技館で夏場所(5月14日初日、国技館)の御免祝いを開き、主な日程を発表した。

 ▽5月1日 番付発表

 ▽2日 力士会

 ▽3日 横綱審議委員会稽古総見(一般公開)

 ▽9日 新弟子検査▽12日 取組編成会議、野見宿禰(のみのすくね)神社例祭及び稀勢の里土俵入り

 ▽13日 土俵祭、優勝額贈呈式

 ▽14日 初日

 ▽28日 千秋楽

 ▽29日 横審

 ▽31日 名古屋場所番付編成会議

 ▽6月1日 相撲教習所卒業式、入所式

 ▽9日 稀勢の里横綱力士碑刻名式
(日刊スポーツ 4/19(水) 18:50配信より抜粋)

  5月場所の入場券はインターネットでの販売も個人ではなかなか買えずほとんどが旅行会社などによる大量買いであっという間に売り切れ、国技館前に並んだ人は1枚も買えなかったっすから、さすがの相撲協会も今後販売方法を変えるらしいっす。そりゃぁそうでしょう。朝早く遠くから買いに来て並んだのに1枚も買えないなんてそりゃあないよと言われるっす。個人でネットとにアクセスしてもなかなか繋がらず繋がった時にはすでに売れきれ状態だったすからこっちも改善してもらいたいっす。そんなわけで入場けんが手に入らなかったっすから、5月場所は仕事中スマホのテレビで観るしかないっす。サボリーマンになるっす。(^^ゞ

 其の他気になるニュースはここっす。錦木、3場所連続2ケタ黒星に「何かが足りない」負け越し脱出へ稽古漬け(スポーツ報知)2017/4/20 5:03

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

照ノ富士と豪栄道が巡業に合流「これからが大事」とのニュースっす。

2017-04-19 05:17:25 | スポーツ


日刊スポーツ
 4/18(火) 9:55配信
玉鷲(左)と相撲を取る照ノ富士

 春巡業を休場していた横綱白鵬が17日より、東京・靖国神社で行われた奉納大相撲で巡業に参加した。

【写真】玉鷲、御嶽海、勢が桜の森の満開の下で…/写真特集

 2大関も巡業に途中参加した。照ノ富士は、場所後に膝の治療のためモンゴルで入院。「(春場所は)終わったことなので。前向きに考えないといけない」と夏場所を見据えた。右足首の負傷で春場所を途中休場した豪栄道は「納得いかない悔しい場所だった。これからが大事」と力を込めた。(日刊スポーツ 4/18(火) 9:55配信より抜粋)との内容っす。

 先場所稀勢の里に逆転され優勝を逃がした照ノ富士が巡業に参加できて良かったと思うっす。ライバル豪栄道と共に横綱キラーと言われるくらい頑張ってもらいたいっす。やはりおなじみのスターの顔がそろわないと相撲が盛り上がらないっす。せっかく高いお金払って観に来てるフアンからすればスターが歯抜けの状態じゃ金返せと言いたくなると思うっす。もっとも観に来てるフアンも歯抜けの人が多いっす。(^^ゞ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加