DEBUO日記アジア情報

東北,東南アジアの政治,経済,音楽,食が中心です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

韓国 満期1年以内の短期外債が1000億ドル突破 過去最高

2006-12-29 | 経済(特に韓国)


-------------------------------------------------------------------
韓国 満期1年以内の短期外債が1000億ドル突破
…昨年末に比べ65%増 過去最高


海外に返済しなければならない外債のうち満期1年以内の短期外債が1000億ドル(約11兆8000億円)を突破し、史上最高額を更新した。

韓国の短期外債は1997年の通貨危機当時の805億ドル(約9兆4990億円)から2001年末の403億ドル(約4兆7554億円)まで減少したものの、02年以降は毎年増加し、現政権の発足以降も倍以上に膨れ上がった。

財政経済部は22日、「今年第3四半期の短期外債の規模は1080億ドル(約12兆7440億円)で、昨年末の659億ドル(約7兆7762億円)に比べ65%(421億ドル=約4兆9678億円)増えた」と明らかにした。

また、対外債務の合計(短期と長期を合わせたもの)も97年9月の1774億ドル(約20兆9332億円)から01年末には1287億ドル(約15兆 1866億円)まで急減したものの、再び増加に転じ、今年第3四半期には2494億ドル(約29兆4292億円)を記録、史上最高額を更新した。

対外債務の合計に占める短期外債の割合は1997年の45.4%から2001年の31.3%まで一時低下したものの、 昨年は34.7%を記録、今年第3四半期には43.3%まで急増している。


ソース:朝鮮日報
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/12/28/20061228000008.html
-----------------------------------------------------------------------------

韓国の借金のまとめ



●既にサラ金状態,韓国の短期外債の急激な増加●


①短期外債

1997年      805億ドル(通貨危機当時)
2001年末    403億ドル
今年
第1四半期    744億ドル(4年で約341億ドル増加)
第2四半期    944億ドル(3ヶ月で約200億ドル増加)
第3四半期   1080億ドル(3ヶ月で約136億ドル増加)
第4四半期   1200億ドル(推定)


②外貨準備高に対する短期外債の割合

通貨危機時  約60%
2000年末  51.6%
今年
第1四半期  34.2%
第2四半期  42.1%
第3四半期  47.3%
第4四半期  推定50%以上
来年前半には,通貨危機時の水準に達する模様。

韓国のやばい状態はいろいろな数字から判断できるが,短期外債の急激な増加は非常にやばい。まさしく,サラ金状態,自転車操業状態である。こうなると,手元にそれ以上の外貨があるかどうかにかかってくる。外貨準備高と短期外債の割合を見ると,既に危険水域にある。
例えば,アルゼンチンは割合が50%になったところでアボーンした。


③外貨準備高:

05年12月  約2104億ドル
06年11月  約2340億ドル

なお,私は政府発表の外貨準備高をまったく信用していない


④国際収支粉飾疑惑

韓国の数字は100%嘘である。私はいつもそう決めてかかっている。韓国政府の数字もその例にもれない。国際収支については,特にここ数ヶ月かなりひどい粉飾疑惑がささやかれている。

①IMFの資料に韓国の外貨準備高がのっていない。
②当局発表の数字のおかしさの一例 

         9月       10月    (数字は前月比増減分を示す) 
経常収支 +14億ドル   +17億ドル  
資本収支 +18億ドル   ー22億ドル  
外貨準備 +19億ドル   + 9億ドル
  
誤差脱漏 ー12億ドル   +14億ドル  ←何?このどんぶり。

このデータのいかがわしさがご理解いただけるであろうか。通常,

外貨準備高=経常収支+資本収支

ところが,上記のデータはまるでこの計算がなりたたない。
誤差脱漏に注目。毎月1000億円以上もの誤差がある。
つまり,ものすごいどんぶりか又は悪質な意図がある。おそらく,外貨準備高を増加させる意図がある。97年の通貨危機では外貨準備高の不足が命取りになった。当局にはそのトラウマがあるのだろう。また,
現実的に,外貨準備高が減ればマイナスのスパイラルに陥る可能性が高い。

※どんぶりの線も強い。97年の通貨危機時,韓国の対外債務は当初500億ドル程度と言っていた。実際は1500億ドルを越えていた。数字を把握していなかったのだ


⑤外貨準備高がいつ減少するか。

当局が意図的に外貨準備高をごまかす理由は,対外債務が外貨準備高を上回り始めたことにあると私は思っている。ひょっとすると,短期債務の一部は,外貨準備にまわっているかもしれない。相当,末期的状況だ。倒産前の会社と同じである。

いつか粉飾が出来ないときがくる。それが第4四半期の国際収支に現れるかもしれない。或いは,来年前半にごまかしが表面化する,と考えてもおかしくはない。

外貨準備高が減少した場合,その背景には,貿易赤字と外国資本の海外逃避がおそらくセットで出てくるかもしれない。そうなれば,韓国,おまえは既に死んでいる。



●順調に向かいつつある,純債務国への道●


①対外債務の合計
(短期と長期を合わせたもの)

  97年9月    1774億ドル
  01年末     1287億ドル
  今年
  第3四半期   2494億ドル史上最高額
  これには通貨安定証券が入っていない。


②本当の対外債務の合計


第3四半期   2494億ドル
通貨安定証券 1670億ドル(155兆ウォン/05年残高)
+第4四半期増加予想分
           200億ドル
+06年通貨安定証券増加予想分
        最低 500億ドル(多分,1000億ドル前後)
予想対外債務合計 4864億ドル,おそらく5000億ドル以上(06年末予想)

現在の債権は約3400億ドル。実際は既に純債務国なのだが,公式的にも,再来年辺りに純債務国への転落が現実化してくる。

http://japanese.yna.co.kr/service/article_view.asp?News_id=022006092201300&FirstCd=02

●なぜウォン高?●


ここで,以前と同じテーマが出てくる。

韓国の収益悪化の第一の原因はウォン高であろう。現在,ウォン高に歯止めがかかっていない。1ドル900W突破も見えてきた。来年の前半で日本の金利が上昇するのは確実と考えられる(早くて2月)ので,少し息を吹き返すかもしれない。しかし,ウォン高基調を覆す力はない。

ウォン高になっている原因は私にはよくわからない。ある程度は韓国の実体経済に即した評価がなされたと考えられるが,現在の数字は若干行き過ぎのような気もする。それは不思議なことではない。為替はいつでもオーバーシュートする傾向がある。

一番の原因は,貿易黒字。しかし,韓国の経常収支はとんとんか赤字である。

他に考えられるのが韓国バブル。相変わらず江南バブルは続いているようだ。韓国人は金利の安い日本から金を借りてバブルを演出しているらしい。ウォン高なので,ドルでも借りているらしい。

或いは,韓国輸出企業。2chでは,造船業界の例が挙げられていた。ウォンドルの先物を大量に予約しているらしい。自分で自分の首をしめているような気がするが,GDPの70%を輸出入に頼る韓国では仕方の無いことなのだろう。それに,既に自転車操業に入っているし。

結論を言えば,やっぱりウォン高の原因はよくわからない。私の知識では限界があるし,韓国バブルにせよ,輸出企業にせよ,理由としては弱いような気がする。為替は実体経済をはるかに凌駕した金が動くからだ。投機筋は韓国にまだ将来性を見ている。それは韓国経済が有望という意味ではない。韓国でまだ儲かる,と考えているということだ。既に実体経済とは関係なく,彼らのゲームとしてウォンが動いている。

ただ,前にも書いたが,これをして禿の陰謀とか政治的な要因でウォンが上昇している,というような話にもっていくのはやめたほうがいいと思う。そういうのはユダヤ陰謀論とかM資金とか徳川埋蔵金とかと同じような話なのだ。もちろん,話としてはおもしろいのでどんどん言ってもらってかまわない。しかし,それを真に受けるような愚は避けたい。為替はそのようなロマンチックなものではなく,もっと血の通わないものだと思うからである。

なお,陰謀論に走る人は韓国崩壊の本当の楽しさを味わっていない。韓国経済が崩壊するのは韓国人の駄目さ加減によるものなのだ。陰謀論をばらまくことは韓国人お得意の「ウリは素晴らしいのに,外国のせいで・・・」と同じである。繰り返しいうが,韓国が崩壊しつつあるのは,100%韓国に原因がある。これを楽しまないで何を楽しむというのか。


参考:
http://blog.goo.ne.jp/debuo2006/e/fde8bfaad92542001353bde598f23926
http://blog.goo.ne.jp/debuo2006/e/b204cb377639891bf2b106d44d8c7937
http://blog.goo.ne.jp/debuo2006/e/66db1341b6051ac0bc5aa051b5492474

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 外交通商部、在日韓国人への... | トップ | 韓国経済の崩壊が自業自得で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。