雑記帳

日常の出来事や、読んだ本のあらすじや感想など書いています。

坊主金 評定所書役・柊左門 裏仕置(一)

2017-08-09 11:02:57 | 

藤井邦夫著"坊主金 評定所書役・柊左門 裏仕置(一)
を読みました。
裏仕置という題名のようにテレビドラマの仕掛け人
みたいな内容です。
左門は取り上げられなかった訴状の中から何とか
してやりたいというものを取り上げ裏で始末
していきます。
御数寄屋坊主の大河内道春、浪人の加納紳一郎らが
左門の仲間です。

"裏仕置"
呉服屋の松丸屋の主は詐欺に会って首を括って
亡くなりました。
松前屋の奉公人だった13歳の娘千代が訴状を
書きました。
この件には北町奉行所の与力の田中も関わっています。

"女掏摸"
三人の娘が行方不明になっていて、その行方を捜して
欲しいとの訴状がありました。
娘たちは松田藩の江戸下屋敷のあたりで消えています。
屋敷には殿様の弟が国元から来て暮らしています。
知り合いの掏摸のお蝶を探索に加えます。

"強請者"
料亭の花清の亭主の清兵衛から御家人の宮田小五郎が
強請りを働いていると訴状がありました。
宮田は世話になった秀峰堂に騙した巻き上げた金を
返せと清兵衛に迫っています 。
上手い話を持ち掛けお金を奪い取っているのは清兵衛と
与力の溝口の方です、

"坊主金"
稜泉字の住職の浄雲が孤児たちに貸した金の取り立てを
させているとの訴状がありました。
浄雲は孤児たちの面倒を見ており、金貸しもしています。
しかしまともな取引です。
納戸頭の佐藤帯刀の息子の涼一郎は浄雲から金を借り
ながら返そうとせず、浄雲を殺そうとします。

気楽に読める本です。
最近はこんな本が好きです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 島帰り 秋山久蔵御用控 | トップ | まひるまの星 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。