みいのしっぽ2016

主婦のきまぐれブログ

海辺のリア

2017-07-11 08:46:11 | 映画



    高田世界館にて


  あらすじ
 桑畑兆吉(仲代達矢)は、舞台、映画にと、役者として半世紀以上のキャリアを積み、さらに俳優養成所を主宰する大スターだった。

 芝居を愛し続けた、かつてのスターも、今や認知症の疑いがあり、長女・由紀子(原田美枝子)とその夫であり、

 兆吉の弟子だった行男(阿部寛)に裏切られ、高級老人ホームへと送り込まれる。遺書を書かされた挙句にだ。

  しかし、ある日、兆吉はその施設を脱走する。なにかに導かれるように、あてもなく海辺を歩き続ける。シルクのパジャマ姿にコートを羽織り

、スーツケースをひきずって―。兆吉は彷徨い歩くなかで、妻とは別の女に産ませた娘、伸子(黒木華)と突然の再会を果たす

 。兆吉には、私生児を産んだ伸子を許せず、家から追い出した過去があった。

 伸子に「リア王」の最愛の娘・コーディーリアの幻影を見た兆吉。兆吉の身にも「リア王」の狂気が乗り移る。かつての記憶が溢れ出したとき、兆吉の心に人生最後の輝きが宿る―。

     
      あんだどちらさん?    このセリフが耳にのこるわ~   まだまだ体力あるんだなあ・・・・とおもいながら見てた

    これって映画なのかしら?   仲代達矢さんの迫力と演技はすごいけど   舞台を見ているよう


    内容はもうどうでもいいんじゃないか  仲代達矢の舞台だ!   だって設定がむちゃくちゃだし


    老人施設に入居している人が あの身なりとかで脱走できるわけないし    夫が妻の不倫相手と対面してるし


    次女との出会いとか  次女の人生とかちょっとありえないし。。


    これは リア王を現代風に演じる 仲代達矢の舞台・・・海が背景・・・を見ているってことだ そう思う


    映画音楽担当の佐久間順平さんのライブがあったらしい。。  行けずに残念でした






     村山珈琲さん  150円で飲めます  いつも適当に選んでいたけど 今回はちゃんと選んだ


     
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ライオン像の家ライブ | トップ | お点前 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。