みいのしっぽ2016

主婦のきまぐれブログ

人生フルーツ

2017-04-06 11:27:35 | 映画



   高田世界館で見てきました



   ネットより


  ニュータウンの一角にある平屋で暮らす建築家夫婦を追ったドキュメンタリー。

  さまざまな社会問題を取り上げたドキュメンタリー作品を世に送り出している東海テレビによる劇場公開ドキュメンタリーの第10弾。

  自身が設計を任された名古屋近郊のベッドタウン、高蔵寺ニュータウンに夫婦で50年間暮らす90歳の夫・修一さんと、

  敷地内の雑木林で育てた野菜や果物で得意の料理を手がける87歳の妻・英子さんの津端夫婦。敗戦から高度成長期を経て、現在に至るまでの津端夫婦の生活から、

  日本人があきらめてしまった、本当の豊かさを見つめなおす。ナレーションを樹木希林が担当。2016年3月に放送され、

  第42回放送文化基金賞番組部門最優秀賞受賞したドキュメンタリー番組を劇場版として再編集した。



   旦那さん90歳   奥さん 87歳    自給自足に近い生活 木の葉が落ちて 土が肥えて 果実が実・・・みたいなナレーション


  まさにその通りの生活   30畳ワンルームの一軒家で 二人で暮らす うらやましい生活


  お金の心配もなさそうだし   ちょっと行けば大都会があるし   子供も孫もいる  お互いに尊重しあう生活


   雪国に生まれ   老後の心配が目の前にちらついてきた私には なんともうらやましかった。。


   以前みた ふたりの桃源郷とは ちがう老夫婦の生活   自然との共存は同じなのかしら?


   孫のために シルバニアファァミリーの家や家具を手作りしたり  小鳥のために水飲み場を作ったり


   庭の樹木の実でジャムを作ったり  一見だれでもできそうな生活。。


   でもやっぱり 特殊なレベルの人たちなのかなあ・・・・とか思うけど


   人生の参考には十分なります    見てよかった映画でした






    監督さんがいらっしゃるそうです。。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実はね・・・ | トップ | やっぱりふきのとうパスタ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。