Life Goes On

by Madonnalily

黒船来航

2016-10-14 19:38:10 | 日記

ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞ミドリキラ

音楽賞とか芸術賞じゃないところがいいね。

作家じゃないところが憎いね。粋だね(・∀・)

 

話変わって、江原氏の破廉恥ぶりは目に余るものがある。

気持ち悪いから本当は見たくないけど、破廉恥だからこそわかることっていうのがあるので、我慢して見ております。

 

前回の5時夢では、「所ジョージは芸能界一のお金持ち」という話題で最高のパフォーマンスを発揮した。

 

彼は何か言おうとしたけどやめた。

「まいっか。余計なこと言うのやめよう」

しかし、りょうふかわに「余計なこと言う番組ですから」と言われると、大喜びで話しはじめる。

 

ある程度超えたら、今度は人と共有する喜びっていう方に行くといいかなって。

熱海の豪邸は文化を守るためだし、いずれ施設としてみなさんに使ってもらうために作ったのであって、私利私欲じゃないんですよ。

みんなと共に楽しむっていうのが、最終的な楽しさになるんじゃないかと思う。

 

そうだったのか!

いつもみんなに笑顔を振りまいて、やたらと人にじゃれついているのは、そのためだったのか。

みんながエロ競争していると思えば一緒になって競争し、トップの座に君臨してニコニコしているのは、そういう理由があったのか。

 

しかし一方で、タイマンしたい相手がいると言っている。

批判や攻撃に対しては、「相手にしてあげない」と言っている。

 

新しい時代は統合の時代。グループの時代。

彼はこの情報を知り、いち早く新しい時代の生き方をはじめたのかもしれない。

 

しかしやってることは、古い時代のグループ意識そのもの。

自分を受け入れてくれる人たちと楽しさを共有し、輪を乱す者は仲間外れにする。

敵対する者は相手にしない。

部落民の村八分と同じなんだよ。

 

脳科学系のネット教師も同じようなことを言っていた。

「自分を好きになってくれる人たちを助けていきたい」

私のような人間をドリームキラーとかエネルギーヴァンパイアと呼び、コメントはスルー。

自分から読者になったくせして、仲間じゃないと見るや、さっさと登録解除してるし。

 

あまりにも時代遅れでビックリだわ。

島国根性というか、現代版の鎖国?

 

マイトレーヤは、こういう状況をすべて予測している。

分離の時代は終わりつつある。

しかし古い意識を持った人々は、すぐに新しい風に乗れるわけではない。

分離の時代のマインドを持ったまま、外側だけグループ活動をしているのだ。

 

日本人は人目を気にし、人に好かれたい、いい人だと思われたいという意識が根強い。

 

弥勒菩薩は黒船に乗ってやってきた、現代版マシュー・ペリーなのだキャー

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 素敵な話 | トップ | 言葉は響く »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。