Life Goes On

by Madonnalily

人生の嘘

2017-05-20 10:34:46 | 日記

自分が相手よりも優れているし勝っているのだということを示し、見かけ上の優越感を作りだすことを、優越コンプレックスという。

 

スピ男くんが自分の顔を大公開。

高次元からの指示により、筋トレ、ランニング、ヨガなどに真剣に取り組んだ結果、すっかり垢抜けた男子に変身したらしい。

そもそも高次元の天使たちのメッセージを受けてのトレーニングだから、効果がない訳はありません。笑 だって。

 

彼の背後霊は韓流好きかもしれない。

好きな人には堪らないでしょうね。

嫌いな人にも堪らないけど。笑

やはり効果には個人差があるようです。笑笑

 

 

優越コンプレックスを持っている人は、自分が人より劣っていることが明らかになることを怖れています。

したがって課題に向かって努力するのではなく、私はあなたより優れていると言い続けることによって、自分の課題に正面から向き合うことを回避しようとするのです。

 

 

おお、向後氏もなかな良きことを言う。

 

劣等コンプレックスはこれの逆ですね。

自分は劣っている、弱い人間だと言い続けることによって、やはり自分の課題に取り組むことを回避しようとする。

「私はアダルトチルドレンです」と言う人は、劣等コンプレックスである可能性が高いにゃkuro.

 

劣等コンプレックスの場合は、「どうせやってもダメだからやらない」という不思議なロジックが出来上がる。

どちらも目的は課題の回避。

自分が失敗することを明らかにしたくないのだそうです。

 

この心理を利用したのが「カウンセラー」という商売じゃないですかね。

失敗しないように私たちがサポートするから大丈夫ですよ、みたいな。

 

 

コンプレックスを使って自分の課題から回避することを、アドラー心理学では「自己欺瞞」と呼びます。

 

もしもし?

アドラー心理学じゃなくても自己欺瞞と呼びますけど。

向後千春ってオワコン芸人?

 

共有すべきものを共有せず、共有できないものを共有する。

それが現代アドラー心理学の真実かもしれん怪盗ルパン

 

 

生きていくための課題を避けることは、見かけがよくないので、自分に対して嘘をつくことで外見を取り繕う。

アドラーはこれを人生の嘘と呼んだ。

 

アドラーは合ってるんだけどねえスヌーピー

何が彼をおかしくしたのか。

 

引き続き調査を続けたまえ、ワトソン君スヌーピー

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 劣等性の追求 | トップ | Snoop Doggy Dogg »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。