しろくま

軟い雑感、とりとめなく。

まどみちおさん

2014-02-28 | 本棚
まめつぶうたつながり

童謡、いのちの賛歌 ということで
やなせたかしさんがダブる人も多いと思う。

私的には、灰谷健次郎と矢野顕子つながりだけども、
言葉遊びの寒天観点からもおもしろい。

かんたんなことば いろいろ読める。
宇宙観と書いていたものもあった。
(枯山水に見るようなものなのだろうか)

合掌 まどみちおさん
戦後を代表する童謡詩人、まど・みちおさんが死去 - MSN産経ニュース

ちはやふる2(GyaO)見ながら


ムカシヨモギの ロゼットが
みどりの糸ぐるまを
まわしているように思われる
冬がれの こおりついた地べたで
見えないほどに ゆるゆると

おもたい雲のすきまから
時おり こぼれおちる光の糸を
一すじ残さず たぐりよせて
ゆるゆると ゆるゆると



その小止みない(おやみない) ひびきで
氷の下にねむる
ヘビやカエルや虫たちの夢を
春へ春へと はこびながら
(ムカシヨモギのロゼットより)

こんなかんじかな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

文盲

2014-02-22 | ひろいよみ
教育、教養とかそういったことでない。問題はすさみきった心。
東京新聞「アンネの日記」被害3百冊超に 都内の公立図書館社会(TOKYO Web)

嫌なら読まなけりゃイイだけの話。
せいぜい、保留、あとで読むでイイではないか*。
それを、わざわざ…

日本人の文化・民度(の腐り具合)、恥ずかしくて言えない。
文字が読めなくとも、昔ながらのみんなのものを大事にしている人たちに。


*保留・ゆっくりと照らし合わせ、判断、分別。直情・効率だけで言えないと思う。
“興味のない”フィギュアだって、“真央ちゃんの頑張り”で。逆引きで見直すってあるでしょ。


ガクモン (2/23)
普段、人の悲しみ/痛みわからない人が
歴史学べとか言ってもね。
平和とか憲法 何の足しにもならないと思ってる。
だから、変えるんでしょ?

We don't need no education
We dont need no thought control
No dark sarcasm in the classroom
Teachers leave them kids alone
Hey! Teachers! Leave them kids alone!
All in all it's just another brick in the wall.
(w: Roger Waters)




剥き出しのレイシズムと嫌悪にしかとれないものは(3/13)
シャレにならないし、言い訳は通らない。
「アンネの日記」破損を示唆 書店侵入容疑の30代男  - 47NEWS(よんななニュース)
たとえば、どっかのサポーターの横断幕、
Japanese Onlyでなく浦和商店会Onlyとかごく狭い範囲だったならば、案外“ド”ローカル・ネタで笑いにもなっただろうに(極私感)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひどいもなにも

2014-02-20 | ひろいよみ
なんで“言葉そのまま♣、記事にしたんだ?”。
中日スポーツ森元首相のフィギュア発言に反発 「ひどい」「かわいそう」スポーツ(CHUNICHI Web)
黙れ!ハリボテ/森(敬称略)!!
良識だの言えるログでないが* こんなひとでなし、私でさえうんざりだ。

*論外の三笊、森ばかりじゃない。
言った言わない、真意でない、取り下げ、
あげく、失望したのはこっちの方だ…、
私にも子どもの言い返しにしか思えない者を、国際社会、まともに相手するというのか
こんな類ばっかりだと思われちゃ、他の真っ当な日本人が気の毒だ。

真央ちゃん、おめでとう。(2/21)
「最高の演技」浅田、金色に輝くフリー 17歳の新女王、ソトニコワ - ソチ五輪 - 47NEWS(よんななニュース)

微笑みの勲章

♣↑のweb news読んだままログにしたもので、
何かついでのオフレコ(インタビュー)だとばかり思っていた
“公式の会見の場”で、言うか、普通?

サメの脳みそだって (トラ姐)
サメがかわいそう (ミケ妹)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ローカルニュース

2014-02-18 | つたえる
ひとふでがき雑感*

バリのダイバー不明より、
山の向こう側の方が心配だった。

ウチのところ、雪大したことなかったが、
“ようやくどうにか”のところもあるだろう。

雪の中でも
“オリンピック”♣だったなら幾分気がまぎれるだろうが、
バリのニュース、どんな思いで聞いていたのだろう。

地域間の危急情報押しのけるほど優先順位上の全国ニュースとは思えない。
きっと、成田とか永田町界隈向けローカルなのだ**。


*訂正、追記ばかりで文章浅いし、私感以上のものでない。
**報道自体の否定はしないが、
“雪の地元”情報待ち望んでいた人、多かったんじゃないか?
ニュース報道関係者より。


関東大雪!ジムニーが牽引した車とは、samurai spirit「SUZUKI Jimny660cc」 - YouTube
雪でスタックしたんだそうな。
kg/psは...(ネタ元Gizmodo)


♣それにしても、(2/19)
カーママ、レジェンド、スマイルジャパン…なんのことかと思った。
チーカマは好きだが、言葉のセンスについてけない。
お・も・て・な・し以来、言葉の好みの開きが大きくなっているなぁ。
名前なら、ふつうに呼んでと 葛西さん(^^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チャージ

2014-02-16 | のりもの
EV, PHVのワイヤレス充電について(いつもの野次馬文章)。
派生車種も含め増えてきている。

スマホなんかの、繋がないでもいい、置くだけのやつ。
カラクリ: 地面設置と車のコイル間の電磁共鳴現象を利用したもの。
電気自動車:トヨタのワイヤレス充電はどこが優れているのか (1-2) - スマートジャパン

(普及すれば設備コストも下がるだろう)

ただ、心配ひとつ。
便利さと隣り合わせのことなんだけど
“停電”


雪に弱い都会と、電線が弱い田舎のニュースで思った。
頭のどこかに予備10L缶ある。


気のまわらない文章だった (2/17)
電化はスイッチ入ってこそのモノ。
私らの社会は、天気の前では脆いというつもりだったのだが、
傲慢でがさつな文章になってしまったm(ーー)m。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

程度の問題

2014-02-15 | TV, 映画, DVD
星新一ミステリーSP
・ 程度の問題
・ きまぐれロボット
・ 霧の星で
・ 七人の犯罪者
・ 華やかな三つの願い の五編

何年か前、一話あたり5分位のを数話づつ、舞台劇風なヤツがNHKであって、
小ぢんまり感がわりと気に入っていた。
視聴者層、わりと“ファン”向けだったかもしれない。

今回のフジのは
「累計5000万部1001編SF界の巨匠…珠玉の名作」の謳い文句からも、
sf以外も読む一般目線/向け(一話あたり20~30分)。

撮り方っていろいろある。必ずしも、舞台劇でなくていい。
最小限の舞台場面で視聴者のイメージを引き出すのもあれば
舞台・場面、役者を見せるのもある。
(星は登場人物をN氏とか記号にする。
だけど、“ひとりの女”というより、佐々木希とか壇蜜の方がいい^^)


で、私的には
少々、冗漫だったかな。
(カメラ思入れ過ぎると、画が濃く長くなるってあるかも)

まあ、程度の問題。好き好き。
(と思いながらも、最後まで見たんだけれど^^)

「華やかな-」のラスト
「トイレットペーパー買ってきて」壇蜜が悪魔/遠藤憲一に
わりとよかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Bohemian Rhapsody

2014-02-15 | 音の棚
ルートヴィヒいもづるなわけで*

♪The Swingle Singers - YouTube

♪グッチ祐三さん - YouTube

♪ジェイク・シマブクロ - YouTube
ギターより小さなオーケストラ。息をのんで聞き入ってしまった**。

〆は
♪Queen - YouTube

*和音よりWAONの私、クラシック云々じゃない。
Swingle Singersつながり。曲のバラエティに振った選曲。
いかんせん、この曲6分もあるから、デーモン閣下は泣く泣く選外。

**いもづるのいもづるで
Ukulele Orchestra of Great Britainも探したが、この曲はなかった。残念。

omake
♪ジョー山中 - YouTube

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一粒三百米

2014-02-13 | 音の棚
季節モノだが、
これ、優勝。
(長澤まさみちゃん、武井咲ちゃん、キットカット…みんなひっくるめても)

「smile_Glico」篇 90秒 - YouTube
この画、この歌、無条件幸福。

一粒で二度おいしい
らばQ(ネタ元)

グリコ、チヨコレート、パイナップル…
やってるところ、今もあるのだろうか?
全国区の遊びだったとは(wikiより)

p.s.
カテゴリ、テレビ(CM)か、音の棚か、じつに悩ましい。
「ビスコじゃダメなんですか?」蓮ホー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

凍みる朝

2014-02-10 | 日記雑記
凍みる朝 旗振りおばちゃん ランドセル

みたまんま言葉
画が描ける人、いいなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舛添さん

2014-02-10 | 日記雑記
五輪バッジもキラリ
よ、大統領!
知事です

「せかいいちになって おりんぴっくやるんだって」(ミケ妹)
「せかいいちなら やるひつようないじゃん」(トラ姐)

5千万の猪瀬さん追い出し 2億5千万の人迎える…てか?
「とおきょう、かねもちだから」(ミケ妹)
「んだ、んだ」(・o・)
「秘密揉消法でだいじょぶなんだろ」(トラ姐)
「女の腐ったのみたいに、ねちねちと」て言われるかな…

個人的には宇都宮さんと支持層に期待していたが
下馬評通りの結果に終わり、残念。

細川さん、小泉さん。国政への感触だと思っていた。
負けたところからが、ホントのスタートでしょ。私ら見ている。


予想はできていたスタンドプレー (7/27)
朴槿恵・韓国大統領、舛添要一・都知事と会談 慰安婦問題などに言及
「折れた安倍政権」印象付ける韓国メディア 舛添氏の“低姿勢”強調 - 政治・社会 - ZAKZAK
売国だ何だって声が上がってるが、あんたらが選んだくせに、いまさら何言ってるんだか!
(くどいようだが、私は支持しない。頭のいい人だとは思うけれど)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ルートヴィヒ

2014-02-06 | 音の棚
聴覚障害、一度も感じなかった…新垣隆さん会見 社会 YOMIURI ONLINE(読売新聞)
新垣さん「私は共犯者」と謝罪 耳は聞こえるとの認識示す - 47NEWS(よんななニュース)

ベートーベン* とか言われてたらしい。
自分の好みの音以外無関心なので、恥ずかしながら知らなかった。
だから一言ネタ程度。

バッタもん 大騒ぎするより 選挙だろ
ひねくれ御免の憎まれ口かな

都政とかもっと大事なのあるだろうに**。大騒ぎネタばかり出るわ出るわ…じつに胡散臭い。
本人同士で決着してれば、どうだっていい事だ。
この手の事ナンボでもある。騒いでいるのは音ログ以外だろう。


おまけ
♪Bob James - Ludwig - YouTube
シンセ奏者的な楽曲でなく、セッションが楽しい。
Steve Gadd/Gary King/Ralph MacDonald
foxieより***

ルードヴィヒ
おまけのために
記事拾い (^^)

好みそれぞれ (2/8)
♪Walter Murphy - A Fifth of Beethoven - YouTube
シンセ&ドラム
♪A Fifth of Beethoven (a cappella, The Swingle Singers) - YouTube
パーカッションもボイス

書いてみて思った。どちらかといえば、どんな音かで聞いている。
芸能誌的には無頓着で、ぶっきらぼうなログになってしまった。
(お気に入りアーティストはいるが)そう言や、音の方が、人よりいもづるしやすい。

*浪速のモーツァルトというのもいるらしい。
**ストロンチウム500万ベクレルというのもあった。なんとも思わないのか?
***foxie/foxy 狐のようにずる賢い。“いけず”かなぁ


あとがき (2/10)
オーケストレーション/構成と作・編曲能力については、クラシック愛好家たちの言う通りだろう。
マナー・聴き方というのもある。だけど、感じ方、楽しみ、人それぞれ。こうでなければならないよりも。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

山椒魚・遥拝隊長

2014-02-05 | 本棚
井伏鱒二、深沢七郎、今村昌平つながり

初期の短編集
山椒魚・遙拝隊長 他7編 (岩波文庫 緑 77-1)
クリエーター情報なし
岩波書店


以前、
内田百とつげ義春どこかダブるって書いたことあるが
「山椒魚」のほかに、「鯉」、「サワン」はつげの「チーコ」の雰囲気がある。
「休息時間」講義の合間 雑然とそれぞれ、少年老い易く…

夜更けと梅の花/丹下氏邸/「槌ツァ」と「九郎治ツァン」はけんかして云々…/へんろう宿
地方、使用人、風習の澱・よどみ

解説(河上徹太郎)にナンセンスとユーモアとあった。
安部公房みたいにカリカリのやつでなく、ソフトな不条理といったところか?

というわけで、
「遥拝隊長」で、ひとこと。*
今村作品『黒い雨』に出ていた帰還兵、原作/井伏には無い。
“正気、愚鈍、生きるのギリギリなところ”が今村カラー(私感)だけど
役者・演技でなく、井伏鱒二の活字読んで思った。
「泣きすれすれの笑い。やり場のなさ」ナンセンスにするしかなかった。
そんなものを、“真顔”で勇猛な言葉で鼓舞する人がいる。
遥拝隊長がダブって見える。

*レビュー等はアマゾンなりウィキなり参考にしてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まめまき

2014-02-03 | 日記雑記
踏んづけた 靴下越しに 福は内
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

再昇華チオチモリンの吸時性

2014-02-01 | 本棚
タイトルでエヘヘの人は、アシモフ・ファン*

sf作家の中には、真っ当な科学者もいるが
sfの中のはマッドサイエンティストとか変なのばっかり**
ましてや理論・論文なんて、ロクなもんじゃない。

チオチモリン
吸時性・吸時計?
チオチモリンの純度、溶解濃度と溶媒体積、溶解時間とイオン濃度/イオン混合物
図・表、要約、参考文献があっても、さっぱりわからない。

とても溶けやすい液体があるとする。ボタッと“落した途端”、他のと混ざる。
「最初の変化は溶解時間の-0.29秒、第二の変化は-1.13秒に起きる」
“マイナス”0.29秒とな! (ギャグ論文とな! ひどい!!)

 * * *

*物語には後日談がある。
そもそもは、1947年、彼が博士論文の“合間”の息抜き・シャレで書いて、
“偽名”で出版するようJ.W.キャンベルに渡したが
48年2月中旬、ニューススタンド(雑誌棚)に“実名”で出ていた。さらに、科学科の中で回覧されていた。
5月口頭試問、最後の質問「チオチモリンの熱力学属性について述べてください」試験委員の粋なジョークである。
アイザック・アシモフは、晴れて、博士になった。インチキ論文でなく、真っ当な審査が通った。
めでたしめでたし^^。


収録 初期の作品集

**みのりちゃんとか
作者・火浦功よりも、いしかわじゅんのイラストが先に浮かんだ
あまり覚えていないが、たしか、パワフルなハチャメチャだった気がする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加