しろくま

軟い雑感、とりとめなく。

スクラムと共有

2017-03-20 | つたえる
〇スクラム
「16日、メディア・スクラム にもめげず、最前線にへばりつき」(田中龍作)とあった。
Wikipediaによれば取材の形態だが*、逆に排他性、情報ブロックもうかがい知れる(偏屈御免)。

代わりの目くらましネタだの、御用コメンテーターでしたり顔するのは、大メディアのスクラム(談合)
(良きにつけ悪しきにつけ、特にこの頃日の目を見たニュースは、おおかたそんなところだろう)。

〇共有
前ネタはRetweetで知った。
Twitterは記事が短いが、RTの拾い物は多い。ローカルニュースも拾える。
個人の関心だから、万人宛ての冗漫な大メディアより、ポイント直球。無駄がない。
つぶやきの情報共有。あらためて共有・拡散のメディアだと思う。
共有と共謀。べつに共謀/悪だくみに興味ないが、これからは情報共有(網)は必要。
「侮辱したから証人喚問呼ぶ」だの、わけわからない言いがかりされないためにも***。


*メディアスクラム(英: media scrum)とは、立法議会や会合といった出来事の外で直ちに開かれることが多い即席の記者会見である。メディアスクラムは、カナダの政治において中心的な役割を果たしており、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドでも見られる。
語源は、ラグビーの試合開始の形式の一つであるスクラムである。公人の注意を引くため周りに記者が群がる様がスクラムにおいて、選手がボールを争い密集する様子に似ている。
日本においてメディア・スクラムは、放送局・全国紙・スポーツ新聞・週刊誌などの全国に渡って情報を配信することが可能なメディアによる報道関係者が大人数で取材対象者・対象地域に押しかけて執拗に付きまとい、必要以上の報道合戦を繰り広げることの意味で用いられる。集団的過熱取材などとも表現される。(wikipedia)
**籠池だけだと、安倍の手下がうまく丸める込むんじゃないか? 松井と迫田と安倍昭恵は?
***筋の通らない言いがかりするような者が共謀罪を扱うのはおかしい。


共謀罪 (3/21)
「共謀罪」法案、国会提出 五輪控えテロ対策強調 - 共同通信 47NEWS
テロ対策を謳っていても♣
国対委員長(竹内亘)が「首相の侮辱だから証人喚問」と言うようでは、
意にそぐわない者排除の権力装置(法)にしか見えない(私感)。


「見るからに悪そう」(狂暴罪)で、しょっ引かれてたまるか(レッサー・パ アライグマ)

東京新聞:「共謀罪」法案を閣議決定 「テロ」の文言つけ足し:政治(TOKYO Web)
テロの定義が無い、合法違法の区分が曖昧だから
市民運動(住民意思の表明)までも取り締まりの対象になりかねない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Chuck Berryさん | トップ | NHK考 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。