しろくま

軟い雑感、とりとめなく。

鼻歌まで管理?

2017-05-20 | 音の棚
“著作権”にたかるハエ、天下り風情が
京大の入学式式辞にまで著作権料請求、JASRACの強欲事件簿! 不当訴訟、裏金、天下り、独禁法違反…|LITERA/リテラ
じゃあJASRAC、言いがかりピンハネの分もディランに払うのだな?
(著作権、オリジナリティでんでんよりもその「上がり」しか頭にない奴らは、替え歌、空耳アワーあたりでカオスだろうな/私感)

(嫌いだが)カラオケくらいならまだしも、音楽教室の練習で著作権という曲の使用料(JASRAC上がり)をふんだくるつもりか?
この分だと、風呂で鼻歌もうかうか歌えない。通報されたらかなわん。
歌はいいと思うから歌う・真似するのだ。上前撥ねる/権利(力)づくになったら、誰が歌いたいと思うものか。
(メジャー芸能事務所系(映画タイアップなどメディアミックスやダンス込み)量販パッケージミュージックでも、
今後はたぶん先細りだろうな/私感)。

井戸端話だのはテロ準備罪、替え歌、鼻歌はJASRACで管理ってか、下らん奴らだ

♪Peter, Paul and Mary - Blowing in the Wind - YouTube
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サザエさん | トップ | またか、大西 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。