磯に魅せられた白髪のカーネル釣行記

満天の星空と繰り返す波の音に癒され、50cm越えの尾長グレをいつの日にかと夢見るおじさんの釣行記。(プラス家庭菜園も)

深島へイサキ狙いでウスバエへ

2013-07-31 22:30:40 | 磯釣り

前回の長ウド釣行でイサキに巡り合えず、うわ言のように”イサキ・イサキ~”と念じてると、クラブキザクラの若手、Mr瀬泊まり・Mr深島こと”永田君”から「月末深島に瀬泊まり予定です、ご一緒しますか?」のメール(撒き餌が利いた)。

7/27(土)はフロア移転で出勤予定だったんですが1ケ月延期となったためoneday-FREE、ウハウハで「昼からでもOKよ!」の返事をし、日程調整を依頼。今回は、永田君の仕事仲間のお二人が土曜の朝から場所取りで先発してくれるので、私と永田君は後発でPM10:00便でゆっくり合流するとのメールが届く。灼熱の夏磯・瀬泊まりで回収PM:500と長丁場、熱中症対策を十二分にと普段より倍の飲み物と氷に冷凍沖アミ2角を別クーラーに入れ、ナイター用別バッカンも加えて家をでて、待ち合わせのPM7:00に佐伯の釣具店に到着。ゆっくりナイター用と日中用の撒き餌を別々に作って正福丸の待合所へ向かう

夜10時便で福岡からのお客さん3組とともに出港し30分後、先発隊の待つ深島の超一級磯ウスバエに合流。場所取り兼ね早朝AM7:00便で先発していたイチ君の仕事仲間である港さん・堤さんにごあいさつ。炎天下で灼熱の岩の上、風も無く、相当に暑かったそうです。ありがとうございます、おかげで超一級磯に上がれました

 早速、焼肉開始。炭火で焼く匂いだけでビールが何杯でも・・・グビー!!。「ブログ見てますよ!ウリ漬け美味そうですね!」って数日前アップしたばかりの記事見て頂いてて超うれしくなりました。気になる釣果は?、気になるイサキは・・・?。状況尋ねると、昼の干潮前が時合でイサキがバタバタと来たくらいで潮が動かず厳しい状況だったようです。そんな中、「ブルブルブルーン、ビューン、合せてグイーン、バチーンッ!」と表現されたバラシが何度かあったようで相当悔しそうです、2号ハリスで秒殺が数度、3号ハリスでは踏ん張ったけど竿のされてジ・エンドと、深島の醍醐味を味わったようです。初めて同礁する方々ですが大いに盛り上がり、楽しい釣りになりそうです。ビールも進んでいつの間にかウトウトで

AM2時過ぎ、永田イチ君の笑い声で目が覚めると、なにやら港さんと並んでナイターやって形のいいイサキにアジが釣れたらしい。しばし釣状況に耳を傾け、それでは私もとAM3時過ぎからナイター仕掛でイサキを狙って見ることに。0号電気ウキにハリスは2号、竿は夜昼一日通しで対応できる1.75号アテンダーで組み上げた。中のハエよりの1段低い掛け上がりの釣座から電気ウキを流してみる。潮はわずかに満ちの右流れ、ほとんど動かない中で20㎝位の小アジと25㎝の小イサキ(お父さん連れてきてー!とお帰り頂いたが)だけの釣果で夜明けを迎えた。

明るくなっては日中釣りの仕掛けに変更。今日の狙いはイサキ、ウキ:DearーG 00号に道糸:全層セミフロート1.75号、ハリス:ブラックストリーム1.75号にガン玉5号を打ってチョット深めに全層仕掛けで入れ込んでみるが、ごらんのように鏡状態でなーんの動きもありません、もちろんなーんにも釣れません

 

動かない潮と生体反応の無さにゲンナリの先発隊。加えて、前日の炎天下での竿出しで少々お疲れ気味、すでに顔は真っ赤です。

元気な永田君は一人竿出し、食い入るように仕掛けの流れを凝視しています。上手になったヨナー、若くて体力もありナントいっても熱心だから技の吸収力も高い、これからもっと上手くなって次代のクラブキザクラ背負うだろう。ただ、しばらくは白髪のおじさんの面倒も見てもらいます。

 

カメラを向けると、なぜか全員笑顔でイェーイ!!元気いっぱい。いい顔してます。

 

左手の水道側に堤さん、リィミテッドが似合うイケメンシマラーです。ホ-ムグラウンドは五島だそうですが、今は仕事の関係で大分に長期滞在中とか、半遊動でサラシを攻略してます。その手前に昨夜のナイターで早々とイサキをGETしている永田君、余裕で「なんしよんの、はよ釣らんかえ!」と言いたげな顔してこちらを見ています。少し潮が動き出した頃、サラシの先端を攻めていたいち君がイサキをヒット、なかなかの良形です。続いて堤さんもヒット、イサキです。

 

 港さん、先端の亀の手生えてる一段下のかぶりで見事にイサキをタモ入れしてニッコリです。この後、足のスネまで潮が上がってバッカン海水まるかぶり、撒き餌はダボダボ状態に。バッカン持って行かれなくてよかったです。

 

下げに変わって4人で表側で竿出し。私のすぐ左に入った港さんに強烈なあたり。ウリャーの声とともに胴から竿をひん曲げ必死に耐えてなんどかリールを巻いたその瞬間、竿がまっすぐ天を指してます。がっくりしながら回収すると見事にチモトから切られていました。数投後、再度バチバチ・ブウーンと糸をはじく音がして視線をやるとブッチーン!、秒殺されてました。・・・・オナガか?・・期待が膨らむ。

 ガン玉はずして数投目、バチバチと道糸もっていくあたり。今までのイサキの引きとはハッキリ異なる重量感、目いっぱい瀬際まで出てやり取り開始。右に左に竿倒しながらジワリジワリとゆっくりと引き寄せ、ウキが海面から出たときには”40オーバーのクロ、もらった!”と確信し、さらに絞り上げると水面下で反転した魚体の色が・・・なんか違う、黒くな~い!。となりの港さんがタモもって跳んできて掬ってくれたのはまるまる太ったサンノジ、引きは楽しめたけどあまりのショックに針はずし、膝を付いたしゃがみこんだままの体制から背面投げでドボン。

 このあと、ポイント変えようと瀬際を流しててコンコンのあたりに合わせると、ドキューン・プチーン、秒殺でチモト切れ。やっぱり瀬際釣りは難しい、有効なのは耐えずにゴリ巻きか?。

瀬際諦めて、左手のサラシの切れ目へ潜ぐらせていると本日2度目の全層アタリのバチバチ!。チョット沖でかかったと思い、余裕かましてゆっくり巻き取とりにかかるとギュイーンと竿をのされ、思わずレバーブレーキ弛めて糸を出してしまった。ビビり者の悪い癖がでて2度3度の強い引きに耐え切れずまたまた弛めてしまい、ついには、水道側にまわられて先端のハエ根に突っ込まれて、瀬に当たるゴリゴリ感を感じるとブッチン。8Mのハリスが直結部分までザラザラ。小心もののビビりの結果です、ゴリ巻きもしくはハイスピード巻き取りで糸出さないほうが有効なのか、またまたしばらく悔しい思いが頭から離れず悶絶してしまいそうです。

潮が動かない中、やっとこさ30超クラスを2枚続けてゲットン。きれいなブルーの魚体に思わずパチリ!!。

イサキ5枚にクチブト2枚と深島にしてはサイズ・数ともにサブーイ釣果でしたが、念願だったイサキは35cmクラスが釣れてヨシとします。夕食のカルパッチョの食材は確保できました。イサキはまだ産卵前でしっかりマコお腹に抱えていて美味でした。

今回も楽しいナイター釣行に誘っていただいたクラブの若手・永田君ありがとう。焼肉にナイター釣り・バラシの格闘劇と楽しい一日でした。おかげで、新しい釣り仲間とも知り合うことができ感謝です。サンデーアングラー&呑み助同士、次回の同行・同礁を約束して竹田屋を後にしました。

次回はブチ切っていった相手の顔を拝見しに、できればタモに納まって頂くよう太仕掛けで挑みます。待ってろ、深島のオナガちゃん!!。ナカノハエ、その向こうの超A級ポイント:ツバクロ、尾長が乱舞し離島サイズの大尾長に出会えるらしい名礁ツバクロ、是非とも近々に上がって見たいものです

ハイシーズンには上礁に3日待ちらしい。それに船長曰く、ツバクロはまだ早エー()ってか!(笑)。腕磨いて平日狙ってみるか・・・・・

ジャンル:
クラブ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昔なつかし、ウリの粕漬け | トップ | 草と猛暑に耐える・・夏野菜 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ヒロユキ)
2013-08-02 20:30:40
コメントの方、遅くなってしまい申し訳ありません。この間の同礁ありがとうございました。とても、楽しませていただきました(*^^*)カーネルさんの体力と釣りに対する熱意に感動しました(>_<)グダグダな自分が恥ずかしくなりました(T_T)
イケメンとか、全くの嘘を(T_T)
こんな下手くそな奴でもよければ、誘って頂ければ金魚の糞のごとく御一緒させて下さい(*^^*)その時は、是非ご指導の方お願いいたします。
本当に今回は楽しませていただきありがとうございました\(^_^)/

ちなみに、ホームグランドは五島でなく生月って所です( ̄0 ̄;五島は金銭的に...(笑)

また、同礁お願いします\(^_^)/
灼熱の先行隊ありがとうございました (カーネル)
2013-08-03 09:42:33
ヒロユキさん、灼熱の前日からの場所取りありがとうございました。後発でゆっくり参加させていただき腰も気力もおかげで1日もちました。HGの五島行ってみたいですねーツアー?。その前に深島の洗礼のリベンジ・・・行かねば!。9月までオナガ強化月間(笑)。また、ご一緒願います、声掛けてください。
ガハハハハ! (鉄ちゃん)
2013-08-03 20:22:52
この時期のツバクロ・中のハエ・ウスバエはブッツンブッツンやられるのよ・・・・・その主は、ほとんどが超ド級のイズスミ。私も以前、ツバクロで65㎝のイズスミを御用にしましたが、姿が見えるまではイズスミ独特の引きではなく、まさしくオナガの引きでした。真剣そのもの、何が何でもの気迫で浮かしてみたら・・・色が違う・・・
がっくりでしたが、その内出会うオナガの練習としては良いかもですね(^_-)-☆
練習また行きます (カーネル)
2013-08-03 23:39:49
大師匠、男は黙って1.75号なんていわずに太ハリスでゴリ巻きが有効ですかね(泣)。ぷっちんプリンの連発です。それにしても65cmなんて化物です、イスズミでもそんなクラスなら釣り妙味十分です。スゲーナー、改めてその釣技尊敬します。9月はホントに強化月間にしようかな、有給使って>。
Unknown (いちくん)
2013-08-05 08:10:19
おはよーございます!
コメント遅くなりましたσ(^_^;

それにしても暑かったですねー!!
クーラー満タンにはほど遠かったですけど楽しく釣りが出来て結果オーライでしたね(笑)

またフルパワーでお誘いしますのでよろしくお願いします!!

実は昨日は師匠と共に国東にてひさしぶりのチヌ釣りしてました!!

もちろんキザクラチャンプと可愛らしいお嬢にもご一緒していただきました(*^o^*)
その様子は恐らく釣ファンに掲載されると思います(笑)
やってますね! (山ちゃん)
2013-08-05 08:19:27
暑い中 磯に上がるとはスゴイ。自分は、この時期は、坊波提にて チヌばかりです。イサキ釣りに行ってみたいのですが勇気が出ません。
釣りファン楽しみです (カーネル(Dear_K))
2013-08-05 10:29:23
いちくん、また行ったの?パワフルダネー。リーダーの釣技きっちり伝承して下さい。9月は有給切替、休みとってゴリ巻きの練習深島行きますよ、先行場所取りOKよ。
撒き餌食いつきます (カーネル(Dear_K))
2013-08-05 10:40:06
山ちゃんさん、日頃の行儀がいいのか(笑)、曇天釣行で今年はまだ灼熱の岩の上でフラフラはありません。やっぱ夏は、夕まづめの朝帰りがベストですね。県南はイサキまだまだ上がってるようです。電話1本で撒き餌に食いつきます、都合つけばぜひご一緒願います。
良いおみやですね!! (てるちゃん)
2013-08-06 16:48:16
ウスバエ…良いですねぇ~立派なイサキも…
羨ましい限りです!
今度、是非御一緒お願いしま~す
深島の洗礼浴びました (カーネル)
2013-08-07 10:52:32
てるちゃんさん、小ブリでしたがイサキの塩焼きにはありつけましたが、瀬際で1発、サラシで3発ほど深島の洗礼浴びました(泣)。少し有給が残ってますので半夜か瀬泊まりで半遊動の練習してみます。北アから帰ってきたら磯でまた遊んで下さい。

コメントを投稿

磯釣り」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事