De cela

あれからいろいろ、昔のアルバムから新しい発見まで

愛川町での活動展望・無花果栽培の普及と加工食品の研究

2017-06-30 22:01:15 | パートナーシップ協働・行政
津久井地区の無花果普及団体と連携して、まずは個人的に無花果の苗木育成から始めてみたいと思います。

現在、私は愛川で中津川仙台下クラブに参加して河川の清掃整備と耕作放棄地をお花畑にするという活動をしています。
いずれも体力勝負の活動で、このところ急速に体力持久力の衰えを実感しています。
これ以上仕事を増やすことも考え物なのですがいずれも手を抜きながら「可能性」を追及していくだけで、後は続いてくれる人や行政の協力を待とうという作戦です。

今、白無花果の挿し木苗を作っているところで、この秋に畑に20本ほど植えて育てたいと準備しています。
まずは。挿し穂の育て方は相当にノウハウを積みました。これを育てて結実するまで経験して、無花果の栽培が愛川休耕地の活用に適していることを確認します。
そして、何か始めたいという若い高齢者(?)や若い農業チャレンジャーに勧めて、普及事業計画を練っていく。行政にも協働事業や支援事業として応募し、町全体で関心を高めていく。
一歩先に進んでいる農家や団体が津久井地区にネットワークを作り活動しています。その方たちの指導を受けながらのひとり活動です。

まちづくりやまちおこし、地域の活性化の事業テーマとして他にもいろいろ話は上がってきますが、まずは少しでも実績を積んで人をひきつけないといけません。愛川ブランドに結びついていくものを育てることが重要です。

今年度は、一歩愛川の地域活性化活動に政策面でも踏み込んでいくつもりです。中間支援活動で貢献するつもりですがその前にまずは実績を何か作らないと・・。

私の先の短い活動は次第に地域ブランドの育成に傾けて行ければと思っています。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行政提案型協働事業(愛川町) | トップ | 余命いかに生きるべきか、自... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
さがみ無花果の会(生産)は賛同します (津久井白いちじく農園 )
2017-07-01 00:41:02
素晴らしい企画に脱帽です。津久井白いちじくもブランド化に力を注いでいます。愛川町、和田さんとタッグ組めたら一気に神奈川県全体に広まりますね!

コメントを投稿

パートナーシップ協働・行政」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL