墨映画(BOKUEIGA)

映画を墨彩画とコメントで紹介する。
映画好き・絵好き・書道好きなどなど。好きなこと寄せ集めのブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アリス・イン・ワンダーランド

2010-06-08 12:21:51 | 映画(あ行)
「未来のために」


【STORY】(goo映画様より引用させていただきました。)
想像力豊かな19歳のアリスは、退屈な男ヘイミッシュから求婚され、困惑して逃げ出してしまう。すると彼女の前に懐中時計を持った白いうさぎが現れる。うさぎのあとを追ったアリスは、あやまってうさぎの穴に転がり落ちてしまう。アリスがたどり着いた先は、アンダーランドと呼ばれるワンダーランド。その不思議な国は、独裁者・赤の女王によって支配されており、そこに暮す奇妙な住民たちは暗黒時代を終わらせる救世主の登場を待ちわびていた。そして、彼等はアリスこそがその救世主だという…。
『チャーリーとチョコレート工場』など、多くの傑作を世に贈り出してきたティム・バートン監督とジョニー・デップが、今度は映画史上最も摩訶不思議な世界への扉を開く。ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」のヒロイン、アリスの“その後の冒険”を完全オリジナル・ストーリーで描く。ジョニー・デップ演じる奇天烈な格好をしたマッド・ハンターのインパクトはもちろんのこと、赤の女王を演じたヘレナ・ボナム=カーターの怪演が凄まじい。ティム・バートンのイマジネーションによって生み出された不思議な国の個性豊かな住民たちが登場するなか、アリスを演じた新星ミア・ワシコウスカのピュアな存在感が光る。

「goo 映画」こちらから

アリス・イン・ワンダーランド - goo 映画


相変わらず3Dを拒んでいる私は、今回も2Dで鑑賞です。

「不思議の国のアリス」。そのイメージを引き継ぎたかったのだろうか。
映像美的に見て、ティム・バートンらしさが薄かったように感じた。
いろんなもののデザイン的なもので特にそれを感じてしまう。
ティム・バートンのアリス世界がどのように描かれるのかを期待していた部分があったので、少々普通のアリス世界の感じがして、残念。

ジョニー・デップも普通かな。
期待が高いので申し訳ないのだが、もっとハタメタを期待していただけにこれもまた残念。

ヘレナ・ボナム=カーターはすごかった。
彼女が演じる赤の女王。
ちょっとイカれた感じの女を演じさせたら彼女、ピカイチですな。
ジョニー・デップのお株を奪った感じ!!


とにもかくにも、虫もいつかは蝶になる映画に出会ってしまった。
だから映画好きはやめられない。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« てぃだかんかん~海とサンゴ... | トップ | 9 <ナイン> ~9番目の奇妙... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2010-06-08 20:23:05
映画の見方はそれぞれなので何とも言いがたいのですが、バートンらしさがない分万人受けするともいえると思いました。必ずしも一般的に彼のダークな部分が好まれるとは限らないので。
その意味で言えば、クリーチャーたちの持つダークな属性とストーリーの凡庸さはまあソコソコの組合せだったのかなぁと思います。
個人的にはもうちょっと毒が欲しかったですけどねぇ。ただヘレナ・ボナム=カーターは最高に面白かったです。(笑)
3Dは拒否しましょう! (erabu)
2010-06-08 22:36:37
de-noryさん、お久しぶりです。
最近、プロ野球に夢中で映画レビューが滞っています。

>相変わらず3Dを拒んでいる私は、今回も2Dで鑑賞です。
全く同感です。
絶対に脳の健康に悪いと感じています。
残念ながら本作は3D鑑賞となりましたが、可能な限り2Dで観ることを心掛けたいと思います。

とすっかり、作品へのコメントにはなりませんでしたが、3Dを除くと並でした。
KLYさんへ (de-nory)
2010-06-10 12:23:56
KLYさん。こんにちは。
ヘレナ・ボナム=カーター。私,間違って書いてましたね。ーーー直しました。

ティム・バートンらしいアリスの世界を期待していたので、私にとっては残念な印象を持ってしまいました。
erabuさんへ (de-nory)
2010-06-10 12:27:35
erabuさん。本当にお久しぶりにございます。
こちらこそのご無沙汰で、すみません。

erabuさんはマリーンズがONシーズンですからね

これだけ話題になっても馴染めない3D。
目が疲れるんですよ。
ああ3D・・・ (たんぽぽ)
2010-06-12 21:19:42
3D・・・私も、今後3Dが主流にならないように、祈っています。・・・でも、これは3Dで見てしまいました。
というのも、これはストーリーはさほど驚きもなくて、3Dだけが取り柄のような作品じゃないですか。(あわわ、ジョニー・デップファンの私が言うべきことではなかった・・・。)
もっと内容で勝負してほしいですね。
たんぽぽさんへ (de-nory)
2010-06-15 07:22:29
たんぽぽさん。こんにちは。

3Dは主流になっちゃうでしょうね。
いろいろな物の開発がそちらに向いていますから、そうなるでしょう。
となると,3Dめがねをかけないで見れる3Dが開発されるかもしれません。
スター・ウォーズの通信のような感じの物。

私は、そっちに期待しています。

ジョニー・デップももう少し花を持たせてあげるとよかった気がします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画『アリス・イン・ワンダーランド<デジタル3D/日本語吹替え版>』(お薦め度★★★) (erabu)
監督、ティム=バートン。脚本、リンダ=ウールヴァートン。原作、ルイス=キャロル『
アリス・イン・ワンダーランド (映画と本の『たんぽぽ館』)
「おまえはまともじゃない。でも、偉大な人はみんなそうだ。」             * * * * * * * * え~、性懲りも...
『アリス・イン・ワンダーランド 3D字幕版』 (京の昼寝~♪)
    □作品オフィシャルサイト「アリス・イン・ワンダーランド」□監督 ティム・バートン □脚本 リンダ・ウールヴァートン □原作 ルイス・キャロル □キャスト ジョニー・デップ、ミア・ワシコウスカ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイ■鑑...
『アリス・イン・ワンダーランド』が挑戦したものは? (映画のブログ)
 意外や、面白い映画だった。  なんて云うと、お叱りを受けそうだが、ティム・バートンやテリー・ギリアムの作品は下手に期待するとはぐら...
アリス・イン・ワンダーランド (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:アリス・イン・ワンダーランド 制作:2010年・アメリカ 監督:ティム・バートン 出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイほか あらすじ:不思議の国の冒険から13年後。19歳に成長したアリスは、母...
アリス・イン・ワンダーランド/Alice in Wonderland(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[アリス・イン・ワンダーランド] ブログ村キーワードアリス・イン・ワンダーランド(原題:Alice in Wonderland)キャッチコピー:世界はもう、マトモではいられない…。製作国:アメリ....
【映画】アリス・イン・ワンダーランド…ワシコウスカに萌えるか否か (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
まずは近況報告から… 昨日、2010年9月11日(土曜日)は夜勤明けで朝7時頃に寝たにも関わらず、何故か午前中に起床。 で、午後からは娘のリクエストでイオン八幡東ショッピングセンターに行く事に。 私としては特に目的も無...
『アリス・イン・ワンダーランド』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 アリス・イン・ワンダーランド 』 (2010) 監  督 :ティム・バートンキャスト :ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、 アン・ハサウェイ、クリスピン・グローヴァー...