墨映画(BOKUEIGA)

映画を墨彩画とコメントで紹介する。
映画好き・絵好き・書道好きなどなど。好きなこと寄せ集めのブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ショーシャンクの空に

2009-06-18 12:35:15 | 映画(さ行)
DVDカテゴリーは劇場公開済の作品であることから「ネタばれ」気にせず書きます。ご容赦下さい。

足利事件。17年半ぶりに釈放された菅家利和さん。
一昨日、謝罪も受けておられ、23日には再審が決定。
「人生を返してくれ。」とおっしゃられていた。本当にそうだと思う。
犯人に仕立て上げられた。すみませんではすまない。

こういった冤罪を扱った映画、多くあると思う。最近では、「私は貝になりたい」。
私もこの映画は観ているが、最期に何もかもがいやになり、それまで支えとなっていた家族すらいやになり、生まれ変わったら「私は貝になりたい」とのナレーション。あまり共感できなかった。
http://blog.goo.ne.jp/de-nory/e/8cf36e593e6ec74460eb5dc9496b6d4f
今回取り上げたのは、「ショーシャンクの空に」。
冤罪がテーマとなる作品のひとつである。
大好きな作品で、モーガン・フリーマンに注目し始めたのもこの作品からではないだろうか。
アンディが徐々に仲間達と上手くやりはじめるところや、最後は刑務所の不正を暴き脱獄。そしてレッドとの再会。
見ている側は、涙も溢れ出し気持ちもすっきり。そんな作品だと思う。
特に好きなのは、屋上のコールタール塗りの作業。アンディが看守に税金にかかわるアドバイスをし、作業の全員にビールをおごらせるシーンは、大好きなシーンのひとつ。

「彼は、自ら冤罪とたたかった。しかし、そんなにうまくできない人もいる。」
DNA鑑定で、冤罪であったことを勝ち取った菅家さん。
決して、一人では成し得なかったことであろう。獄中の彼を外でサポートした多くの方の力もあったと思う。

裁判員制度も始まり、正直こんな話があると、人の人生にかかわることに携わるのは非常にイヤである。報道や氾濫する情報に左右されず、適切な判断ができるかどうか。自身はない。
しかしながら、国民の義務であるのなら参加はいとわないが、心配の気持ちはぬぐえないものである。

とにもかくにも、物語としては痛快だか「本物」は重苦しい冤罪映画に出会ってしまった。
だから映画好きはやめられない。

【STORY】
S・キングの“非ホラー小説”『刑務所のリタ・ヘイワース』の映画化。
妻とその愛人を射殺したかどでショーシャンク刑務所に入れられた主人公アンディ。
銀行マンで、もの静かな彼は、自らの持つ不思議な魅力と職能を武器に刑務所の仲間たちに尊厳を取り戻していく。そして20年の歳月が流れた時、彼は冤罪を晴らす重要な証拠をつかむ。
物語はそんなアンディの姿を親友レッドが語っていく形で綴られていく。
レッドを演じるM・フリーマン。穏やかな中にも圧倒的な存在感をにじませた演技は、アカデミー賞やゴールデン・グローブ賞にノミネートされ高い評価を受けた。

「goo 映画」で更に詳しく。
こちらから


ショーシャンクの空に - goo 映画
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (9)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハゲタカ | トップ | クラブハリエのバームクーヘン »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (erabu)
2009-06-20 07:14:25
de-noryさん、コメントありがとうございました。

映画はすっきりとしますが、現実の冤罪事件は非常に重たいですよね。
今後の裁判員制度も合わせてコメントされており、深く考えさせられました。
こんにちは~♪ (由香)
2009-06-22 12:38:43
お邪魔します♪
TB&コメントありがとうございました。

>17年半ぶりに釈放された菅家利和さん
本当に痛ましいことですよね~
失われた17年はあまりにも長い年月ですもの。

映画はわりと最近になって初めて観ました。
原作は読んでいたのですが、脚本もキャストも素晴らしかったせいか、とてもいい作品で、胸に沁みました~
多くの方が名作と仰っている作品は、遅まきでも観てみるものです(笑)
正しい判断 (de-nory)
2009-06-22 18:26:50
erabuさん。
17年も人を拘束してしまうような事にならないような、正しい判断できるのでしょうか。
自信ないですよ。
たくさんあります。 (de-nory)
2009-06-22 18:30:56
由香さん
>多くの方が名作と仰っている作品は、遅まきでも観てみるものです(笑)

本当にそうですね。
私もそういう作品たくさんあります。
新しいものばかりでなく、もっと過去の作品にも目を向けねば!
時間いるなー。

はじめまして (髭ダルマLOVE)
2009-07-06 11:23:13
de-noryさん、はじめまして!
髭ダルマLOVEと申します。
TBありがとうございました。(いまさらですが・・)
素敵な水墨画が印象的なブログですね!

約1年ブログをお休みしていましたが、いい加減再開しようかと重い腰をあげてみました。

屋上のコールタール塗りのシーン、私も好きです^^
この作品はキャスティングがとてもいいですよね。
私も一年くらい前一度観たんですが、あの頃は1本1本を丁寧に観ていなかったのでもう一度落ち着いて見直してみたいです。

また、遊びに来させていただきますね^^
髭ダルマLOVEさんへ (de-nory)
2009-07-06 18:18:02
お久しぶりに更新だったようですね。
マイブログ、一周年なんです。丁度、髭ダルマLOVEさんがお休みの間、一生懸命ブログしてた感じですね。
久しぶりの更新の折、目を留めてもらってありがとうございます。
絵もがんばって描いてます。

屋根の上のコールタール塗りのシーンで、レッドがアンディに差し入れのビールを勧めるんですよね。
そこで、アンディは、酒でいやな思いをしたから飲まないんだ。と断る。その様子がなんとも渋くて、気持ちが伝わってきていいですよね。

また、寄ってください。
お話しましょう。
はじめまして。 (Ageha)
2009-11-17 15:44:54
先日はいきなりTBのみで失礼しました。
コメント&TBありがとうございます。

TSUTAYA枚方駅前本店スタッフブログとの
2足のわらじなので
なかなか更新もお返事もままならない状態ですが
また遊びに来てくださいませ。
あちらもプライベートとなんら変わりないレビューで
更新しております(特に何の制限もなく
まかされてしまってええのかと思いながら・・・)

無冠の映画ではありますが
そういう賞の記録よりも『記憶に残る』作品のようで
TSUTAYAのほうでも100選100円レンタルの
リストにあがってますね。
もいっかい見ようと思ってもいつもないです。(笑)
Unknown (たんぽぽ)
2010-01-28 22:44:13
冤罪のことを考えると確かにつらい作品ですね。
けれど、その「権力」を跳ね返し、のがれ、逆利用するというところが実に痛快でもあります。
しかし、アンディがそれに要した年月を思うとやはりなみなみならない感動・・・・。
専門家は押さないのかもしれないけれど、庶民は大好き!なんですよね。
たんぽぽさんへ (de-nory)
2010-01-29 07:52:11
たんぽぽさん。いつもありがとう。

冤罪、辛いでしょうね。
アンディも作品中では老眼鏡をかけたりだとか、月日がたっていることが分かる演出がされています。
長きに渡る苦労がわかるだけに、結末の感動があるんでしょうね。
本当にいい映画はいつ観てもいいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ショーシャンクの空に (★YUKAの気ままな有閑日記★)
手持ちのDVDで鑑賞―【story】ショーシャンク刑務所に、銀行の副頭取だった若きアンディ・デュフレーン(ティム・ロビンス)が、妻と愛人を殺害した罪で入所してきた。最初は刑務所の「しきたり」にも逆らい孤立していたアンディだったが、刑務所内の古株で“調達屋”のレ...
『ショーシャンクの空に』 (erabu)
フランク=ブラボン監督。1994年米。ヒューマンドラマ映画。スティーブン=キング
ショーシャンクの空に (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 コチラの「ショーシャンクの空に」は、2007年に製作された「ミスト」も大変面白かった!スティーヴン・キング原作&フランク・ダラボン監督・脚本のコンビによる1994年製作のプリズン映画です。  なんでもフランク・ダラボン監督は、監督デビュー作もスティーヴン・...
ショーシャンクは… (美容師は見た…)
  刑務所なんですよね。  言わずと知れた、 『ショーシャンクの空に』 これはステキなタイトルなんですけど、 今まで深く考えてませんでしたわ(^_^;)原作の小説『刑務所のリタ・ヘイワード』の意味も分かりました。監獄の壁に貼られた、リタ・ヘイワードのポスター...
ショーシャンクの空に (Akira's VOICE)
生きる意味と,爽やかな感動を与えてくれる名作!
ショーシャンクの空に (悠雅的生活)
19年間の投獄の果てに・・・
ショーシャンクの空に (こんな映画見ました~)
 私のオススメ!  『ショーシャンクの空に』 ---The Shawshank Redemption--- (1994年アメリカ) 監督:フランク・ダラボン 出演:ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン  どの映画サイトを訪れても、必ずオススメに上がっているのがこの「ショーシャン...
ショーシャンクの空に (徒然映画日記。)
ショーシャンクの空に おすすめ度{/star/}{/star/}{/star/} 原題:The Shawshank Redemption 制作:1994年 アメリカ 制作:ニキ・マーヴィン 監督・脚本:フランク・ダラボン 原作:スティーヴン・キング 出演:ティム・ロビンス モーガン・フリーマン ウィリアム・...
地下刑務所 (虎犇秘宝館)
モーガン爺さんの冤罪が晴れて、地下刑務所から釈放される日。 刑務官に付き添われ中央管理エリアに向かう道々、獄中から受刑者仲間が声をかけた。 「爺さん、おめでとう!」「達者でな、爺さん!」「爺さん、俺のこと忘れんなよ!」 骨と皺くちゃの皮ばかりの腕を上げて...
ショーシャンクの空に (ペパーミントの魔術師)
公開からもう10年もたったそうで、初回限定盤のメモリアルBOXまで 出てるようですね。 気になってたものの長いこと見そびれていて、 たまたま図書館にあったビデオを借りてきてやっと鑑賞したわけで。 きっかけはMr.Children 「One Two Three」の中の一節。歌詞はこち...
『ショーシャンクの空に』 (京の昼寝~♪)
  □作品紹介 「ショーシャンクの空に」□監督・脚本 フランク・ダラボン  □原作 スティーヴン・キング(「刑務所のリタ・ヘイワース」) □キャスト ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン、ウィリアム・サドラー、ボブ・ガントン、ジェームズ・ホイ...
『ショーシャンクの空に』 そしてブログは回帰する (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  永劫回帰――ニーチェが提示したその考えを一言に集約しようなんて、哲学者諸氏のお叱りを受けるかもしれない。  無謀を承知で敢えて云おう。永劫回帰、それは「明日も今日とおんなじ...