田の神様のつぶやき

歳とともに憂国の情深まり、日本の将来を政治経済の在り方から見つめていきたい。

統幕長の憲法への自衛隊明記〝ありがたい”はいけないのか、どう言えと言うのか

2017-05-27 00:09:25 | 日記

 昨日(5月26日)の地方紙(共同通信)に、“「政治的な意図なし」 改憲案発言で統幕長釈明”の記事が載っている。

  記事によると、河野幕僚長は23日に、安倍首相が憲法9条への自衛隊明記を提起したことに対し、記者の質問に答える形で「憲法は高度な政治問題なので、統幕長の立場で申し上げるのは適当ではない」と断ったうえで「一自衛官として自衛隊の根拠規定が憲法に明記されることになればありがたいと思う」と発言したとある。

  この発言に対し、共産党は「憲法尊重擁護義務に反し、文民統制の原則を侵すものだ」、民進党は「憲法改正に賛成すると取られる発言だ」と、批判し、罷免も要求しているらしい。そして今日、河野氏はこのような批判に対し「政治的意図はなく、個人的な感想です」と釈明したようだ。

  おそらく幕僚長は、「自衛隊は違憲だ」との多くの憲法学者がいる中で、一自衛官の思い・感想を(憲法に違反していると言われている団体のトップの気持ちを抑えつつ)述べたのだろう。ただ、記者は、憲法違反とまでは言わないが、ほとんどの国民が自衛隊の存在を認めている(事実上の認知)ことから、幕僚長から「自衛隊のことはこのままそっとしておいてほしい(つまり憲法はこのままでもよろしい)」との答えを期待したのであろうか。そうではあるまい、一団体の長にそのような答えが出ようはずはなく、何かを拾らおうしたのだろう。

 共産党や民進党の批判などどうでもいい。あえて、前回のブログで紹介した東大の憲法学者、石川健治氏と宍戸常寿氏に聞きたい。前回両氏が言った「憲法9条は今のところ、このままでよい」ということは「自衛隊の法的認知は当分しなくていい」ということになる。体を張って命を懸けている自衛隊をいつまで日陰者扱いにすれば気が済むのか。国防のトップに個人的な発言も認めない国・国民に田の神様はやり場のない怒りを覚えた。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東大の若手・中堅の憲法学者... | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。