田の神様のつぶやき

歳とともに憂国の情深まり、日本の将来を政治経済の在り方から見つめていきたい。

東京都にはお金がジャブジャブ、五輪経費の削減した1割は選手強化費用にまわそう

2016-10-08 19:33:49 | 日記

 東京都の中央卸売市場の豊洲移転と、4倍に膨れ上がったオリンピック費用。どこの国かと見まがうようなお金の使い方には全国民が驚いている。小池知事は、初の所信表明で「東京都は豊かな財源があるが故に賢いお金の使い方をしてこなかった。」と言われた。

 知事は「もったいない」の気持ちでオリンピック競技場の整備方法を再検討すると言っている。これに対して、森大会組織委員長は「委員会も十分検討した、委員会は“知事の命令で動かせる団体ではない”」と反発(30日共同通信記事)したとか。

 思えば戦前、浜口首相が軍縮にあたって天皇の統帥権を干犯したとして凶弾に倒れた。統帥権とは軍隊を統括する権力であり、軍事経費は政府の財政権限内にありながら、軍隊が国費に口を出したことから勝てるはずのない戦争に突入したものである。森さん、いらぬ口出しはやめなさい。安倍政権の屋台骨を揺さぶることになるよ。

 小池知事は、都民の貴重な税金を使わせてもらうのだから、大切にしたいと言っているそうだね。日本の47都道府県の内、国から交付税をもらって(?)いないのは東京都だけ(東京一極集中や都政=渡世のことはおって)であり、全国のお金が東京都に吸い寄せられていることから、オリンピックの経費削減は全国民の要望するところだ。森さんや江東区など(ややこしい)一部の人に気を使わず、思い切って経費削減をすべきである。

 そして、経費削減した金額の1割は選手強化費用のプラス分として出されてはいかがかな。物より人への投資が始まることになる。小池さんの人気は沸騰するはず。小池さんガンバレー!

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民進党の代表選を戦っている... | トップ | 憲法学者、憲法解釈を飯のタ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。