全開オーバードライブ

下っ端パロロワ書き手のドバーなブログを北の大地から

「君が足を止めて蹲っても、時間の流れは止まってくれない。共に寄り添って悲しんではくれない」

2017年06月19日 | ジャンプ


まずは新連載のクロスアカウント。
この作風はどことなくマガジンっぽい気もする。でもマガジンははじめの一歩と七つの大罪ぐらいしか読んでないから違うかも。

展開は1話ものとして結構よかったのでは。
絵に描いたような幼馴染(漫画でいう)手の届かないヒロイン(アイドルの子)クソオタク。
漫画っぽさを全開に詰め込んで、お話としてはとても整っていたと思う。
フォロワー三千人はまあ、主人公からすればすげー数だと思う。あれはフォロワー数よりも反応してくれる人が全てだからね。ロワも一緒でしょ。

と、まあそんなに悪い印象はないけどネットではどったんばったん評価です。
パンチが弱い感はあるので、リアル路線(notギャグとかコミカル的な意味で)で行くなら道は険しいかも。
なにせ今のジャンプはまーた終わらせる漫画が無い。青春兵器・マリーを殺せるかどうか。


ハイキューは松川さんに触れてくれて嬉しいです。
青葉城西の三年組はガチな仲よさげ感があって大好きです。
特に岩泉先輩の「バレーは六人で強い方が強い」ってのがめちゃくちゃ好きです。


ヒロアカ。
僕のヒーローアカデミアの良さは「身近」だとか「日常」だと思うんですよ。
この世界のヒーローはだいたい正体が割れてるじゃないですか。マスクの下が不明、みたいなキャラが少ない。
オールマイトとエンデヴァーは海の向こうのヒーローっぽいけど、それ以外はどちらかというと日本みたいな。
警察だと消防だとか!僕達の日常を守ってくれるような身近の「おせっかい」みたいな。そんなヒーロー像がヒロアカの良いところと個人的に思ったり、ラジバンダリ。

そんな訳でサンイーターくん頑張れ。
ちょっと浮いちゃってる感があるかもしれないけど、君はヒーローなんだから。


ゆらぎ荘。
先週がすごかったよね。漫画家と編集さんのお話。
なまらいい話で、他人との繋がりの大切さとか暖かさがわかるいい話でした。
そんで今週はやっぱさぎりちゃん!普通に可愛いでしょ。


日ノ丸。
アニメ化とまではいかなくても、なんか展開来ないかなあ。
こんだけ面白いんだから、なにか報われて欲しい的な。
病室のお母さんでちょっと泣いちゃった。先の記事に書いてないけど、今週は三回泣いた。


勉強。
文系ちゃんはこのままのポジションを貫いたら伝説となり、自分の恋心に気付いてヒロイン復帰のパターンもあるから強いよ。


ポロ。終わっちゃったね。好きでした、なんか、好きでした。
パンチが弱いのは分かる。新連載陣で打ち切るとしたらポロなのもわかる。
でも僕はポロ達の日常が見たかったんだ。だって最後のページ、来週もありそうだったもんな。
三年の空白の間、激務のポロを支えたルイカ。おちょくってたのに認めてくれたカムイ。そして友達のキムラ殿とユウタ殿。好きだ。


鬼滅。
煉獄さんは本当にとんでもない人だ。僕よりも後にこの世に出たのに、僕よりも先にこの世を去ってしまった。
活躍を見たかった、強さを見たかった、喋る姿を見たかった。もっと、もっとたくさんに。



「君が足を止めて蹲っても、時間の流れは止まってくれない。共に寄り添って悲しんではくれない」そんなこと分かってるのに、わざわざ口に出すなんて煉獄さんは卑怯な人だ。



そんなことを言われたら、死を実感してしまう。本当に卑怯な人だ。

それで僕は伊之助に持って行かれた。
ずっと震えていた伊之助だけど、仲間を奮い立たせる時は、止まっていたんですよ。
強いよ。皆が悲しんで、やることは分かっていても、悲しみに溺れているのに、発破をかける。彼は強い。
上の煉獄さんの言葉を受け止めて、彼が言った言葉を嘘にしないために。信じてくれた彼のためにも、頑張れみんな。


煉獄さんが死んでも、時間の流れは止まってくれないんだ。


それと、ワンピースが面白いジャンプはやっぱ全体的に面白いよね!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジャンプで二度、泣きました | トップ | こんなのネットに書くことじ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。