同志社大学体育会自転車競技部 日々の記録

同志社大学体育会自転車競技部
選手の練習日記、メカニックの成長記録

選手・マネージャー募集中です!!

おおにし

2017-06-14 19:55:53 | 個人練習:大西崇公
5/10 3本ローラー1h

5/11
京見-常照皇寺-井戸峠折返し-大原-裏花背
80キロ
京見 9m27s 287w

5/12
オフ

5/13.14 TT合宿
コース試走 16キロ×2往復
ttt 8割で 32キロ
もうちょいハンドル遠くてもいいかもしれない

2日目
午前 1往復×2
午後 64キロ TTT
長いし股ズレがひどすぎる。
全体的に見て最後までペース乱れず走れたのでいい感じ。
後は、もう少し車間距離詰めれればなお良い。

5/15
オフ

5/16京都-大阪 50キロ

5/17
10分走×2
TTポジションだと出力が出ない。
空力重視しすぎるとワット出ないしいいところを見つけないといけない。

5/18
3本ローラー 30m

5/19オフ

5/20移動

5/21修善寺オープン dnf
下りでビビって後ろに下がってしまい、無駄足をかなり使ってしまった。
どの試合においても前にいることの重要性を痛感させられた。

5/22.23 オフ

5/24 無酸素運動容量クリスクロス
午前 10m×2
午後20m×1
午前は体動かなすぎて小分けにして20m。
最低でも40分はやりたいメニューなのでなんとかできて良かった。

5/25
LTインターバル(4m+8m)×2
8分全力×1

5/26ローラー1h

5/27バンク練
20周回
200スタ×2
500mtt
ハロン2人1組で
スタが本当に下手くそ。
第1コーナーまでの加速が遅い。
ハロンは掛けおろしする前のバンクの上を走っている時のスピードが遅い。
自分は瞬発力がなく一気にスピードを上げれないので、助走から速いスピードでいくことの必要性を教わった。
清水さん、白崎さん、島西さん練習に来て下さりアドバイスなどありがとうございました。

5/28 TTT練
20キロTTT
25キロTTT
水本が体育会の仕事でいなかったので高井を代わりに。
やはり、車間距離が課題。
ペーシング自体は良い感じ。

5/29オフ
5/30.31ローラー1h
TTポジションで。
ハンドルを上げて、遠くした。
ドロハンに比べて、足が回りにくい。
ある程度は仕方ないのか、結構ポジションいじってもドロハンと同じくらい足が回るポジションが見つからなかった。その中でも、ベストなポジションを出した。

6/1オフ

6/2移動
ローラー30m

6/3TTT 17位
自分の全力は出し切れたが、順位が低く本当に申し訳ない気持ち。
メンバーの中で最高学年の自分が落ち着かなければならなかったのに焦って最初ペースを上げすぎてしまった。

6/4 ITT 9位
昇格するということは意識せずに、全力を出し切ることだけを意識した。
この順位は惜しいといえばそうだが、リザルトを見れば上位陣とまだまだ力の差はあると感じた。

6/5オフ

6/6
3本ローラー
メニュー始めて5分くらいで脚も回らなくなり、異様に心拍が上がり途中でやめた。
30分乗るだけに変更。

6/7
15分走×3セット
FTP付近で。
どうしても踏み足基調になってしまう。
もっと、回す感覚を身につける必要がある。

6/8
20m×2 272w 271w
(10mFTP-10mクリスクロス)
パワーメーター繋ぎなおすと値が正常になった。

6/9 京都-大阪 50キロ

6/10 合同練集合地点までにパンク2回し、1人だったのでチューブがなくなり参加できず。

6/11 ゼミ活動のため田辺まで往復 82キロ

6/12 FTP計測
5m 350w 20m 298w
FTP 283w
5分が思ったより高くなっていて嬉しい驚きだった。
20分は最初突っ込んで310wくらいで後半垂れていってしまった。
300wを目標にすれば達成はできると感じた。
4ヶ月前から比べて5分が44w伸び、FTPが30w伸びた。

6/13 ローラー 1h
テンポ走 30m
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中村 | トップ | 第33回 全日本学生選手権個... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

個人練習:大西崇公」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。