同志社大学体育会自転車競技部 日々の記録

同志社大学体育会自転車競技部
選手の練習日記、メカニックの成長記録

選手・マネージャー募集中です!!

麥谷 10月分

2016-11-03 10:13:18 | 個人練習 麥谷眞生
9月28日 (水)
ピストの組み立てを行なったあとローラー台のチェックをし足がないローラー台を把握した。

9月30日(金)
バンク練のサポートとして行く。
周回数えや選手のピストの組み立て、一回生のピストのチェックなどを行なった。

10月2日(日)
ブレーキのワイヤー通しをフォンドリエストで二回行なった。

10月4日(火)
フォンドリエストで変速調整を行なった。

10月5日(水)
ホイールの脱着を部室にある複数の自転車をお借りして行う。
またオバタの自転車を掃除した。

10月6日(木)
ピストの決戦の点検を行った。
国体とトラフェが重なっておりトラフェに使いそうなものを重点的にチェックをした。

10月7日(金)
ピストの組み立ての練習をアンカーで行なった。

10月8日(日)
フォンドリエストでFDのワイヤーの通し方、その後の変速調整の練習を行なった。

10月11日(火)
ピストの決戦、倉庫のピストの点検を行ったあとローラー台の修理を行なった。
郵送のためまだ国体に使われたものの点検は行えていない。

10月12日(水)
アラヤのハブが固く締まっていたので修理した。

10月13日(木)
ステッカー貼りを行なった後、ホイールの脱着を行なった。

10月15日(土)
ピストの組み立てを行なった。
その後新人戦に向けて積み込みをした。

10月16日(日)
新人戦にて代輪の用意、ホイールの空気をいれる、選手のゼッケンを貼るなどを行なった。
機材的にはポイントレースのみ代車が必要だったにもかかわらず、選手のペダルの種類を把握し忘れ代車を用意することができなかった。
また代輪を用意しインフィールドに持って行きながら、インフィールドに残らなかったことも意識が低かったと思う。
ゼッケン貼りもコツを教わり、次からは空気抵抗がないようにつけれるよう努力したい。

10月18日(火)
フォンドリエストでブレーキワイヤーとFDのワイヤーの通しの練習をした後フロントとリアの変速調整を行なった。

10月19日(水)
ピストの組み立てを行なった。

10月20日(木)
フォンドリエストでヘッドを分解した。
その後フォンドリエストに足りない部品を調べる
ヘッドパーツ、シートクランプ

10月22日(土)
クランクの脱着とワイヤーを通す練習を行い変速調整を行なった。

10月24日(月)
ピストの決戦のチェックをした後、ピスト組み立てを行なった。
またピストを変えたいと言っていた高井用のオルベアのチェックを行なったところ、クランクのガタも見られず、組み立てたのちおかしいところは見られなかった。

10月26日(水)
プロバトンのハブが固く締まっているのを修理した。

10月28日(金)
フォドリエストでリアの変速調整の練習を行なった。

10月31日(月)
フォンドリエストのブレーキのネジを探し、フロントブレーキの調整を行なった。
またピストの決戦の前輪にどの延バルがハマるかの調査を行い、ハマるものを透明の小分けの袋に分けておいた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月1

2016-09-27 09:00:58 | 個人練習 麥谷眞生
9月21日(水)
帰省後初の練習。
バンク練に向けてピストバイクの組み立てと部室にあるピストの点検を行った。
また貼り直し予定のc50のタイヤを剥がし、掃除をした。
またケミカルの整理を行った。

9月23日 (金)
ホイールの脱着を様々な自転車で、その後フォンドリエストで変速の練習を行った。
また前日の雨のためオバタ、宇佐美のチャリ掃除を行った。

9月24日 (土)
ピストの決戦の確認をバンク練に向けて行った。
タイヤはインカレ前に張り替えたため大丈夫だったがなアラヤ1、プロバトンのハブが締まり過ぎてゴリっていたので次の日に直すことにした。

9月25日 (日)
プロバトン、アラヤのハブを直した。
力はいるものの1つ15分ほどで直せたためよかったと思う。
その後ピストの組み立て練習を行った。

9月26日(月)
フォンドリエストで変速調整の練習をした。
そのあと倉庫にあるピストの点検を行った。
もう一度バンク練前に点検を行い、備えたい。
また高井の自転車の掃除と注油を行った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麥谷 8月1

2016-08-16 06:06:17 | 個人練習 麥谷眞生
8月1日(月)
サーベロで変速調整の練習をする。
またホイールの脱着を何人かの選手の自転車をお借りして行った。
また変速がおかしい選手がいたため少し直した。

8月2日(火)
KCSC合宿にサポートにいった。
その際ピストの組み立てをやることができなかったためベロ合宿では気をつけたい。
ホイールの不備などはなくその点については良かったと思う。
この日初めて周回読みやタイムの記録の仕方などを教えてもらい実践した。

8月4日(木)
ホイールの脱着を行い、上にあるピストで組み立ての練習を行った。

8月5日(金)
この日でテスト最終日だった。
ホイールの脱着を行った後ロードの決戦チェックを行った。

8月6日(土)
ピストの組み立てを行った。
それなりの手際でできるようになったもののともまわりするものに対してのチェーンの張り方が難しい。

8月7日(日)
西カレのサポートに行った。
主なサポートとしては検車の際の同行、ギア板の変え、代車のセット、代輪用意などを行った。

8月8日〜10日
ベロ合宿のサポートに行った。
主にサポートとしてはピストの組み立て、ギア板交換、BBの着脱、ピストのバラシなどを具体的に行った。
アンカーであればともまわりしないためチェーンが張りやすいことがよくわかった。
しかし水本のピストのBBが逆についていることを把握できていなかったためこれからはもっとトラックのチェックを念入りに行いたい。

8月13日(土)
ロードの決戦チェックを行った。
またロード合宿にて貼り替えるタイヤとホイールを用意した。
そのあとホイールの脱着を行った。

8月14日(日)
変速調整をサーベロで行った。
そのあと家にあるBianchiをバラシた。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

7月 2

2016-08-16 05:34:19 | 個人練習 麥谷眞生
7月15日(金)
サーベロにて変速の調整を行う。
またホイールの脱着を行った。
白馬に向けて代輪交換をスムーズにできるように調整する。

7月16日(土)
ピストの組み立てを行った。
縦に置いて前輪からはめるのがやりやすい。
バラす方は手間なくできるようになった。

7月18日(月)
白馬に向けてケミカルの買い出しに行く。
またリムセメを買いに行くついでに白馬で使う自分のケミカル類を調達しに行った。
そのあと部室に戻りホイールの脱着をした。

7月19日(火)
ロードの決戦のチェックを行った。
そのあと貼り直したキシリウムのリムについたリムセメの掃除を行った。

7月20日(水)
トラックの決戦のチェックを行い来週貼り替えるものをリストアップする。
基準としては剥がれかけているか否かで調整をした。
ホイールの脱着を行った。

7月21日(木)
サーベロの変速調整を行う。
ホイールの脱着を行った。
中野のジャイアントを掃除した。

7月22日(金)〜7月24日(日)
白馬クリテリウムにサポートに行く。
自分としてはホイールのパンクなどがなくスムーズにいったことが良かったと思う。
また24日の前日には選手の自転車に触れ掃除をしたりアイルアップをしたりするなどや実際のパンクの現場での対応を経験できたので良い機会だった。
ただ代輪の脱着を選手に任せてしまったりクイックをきつくしておくなどの初歩的にミスがあった。

7月25日(月)
トラックの決戦を川元さんとチェックし貼り替えるものについて最終的に判断する。
トラックのホイールは表面の凹凸が触ってなくなっている、引っ張ってみてすぐ剥がれてしまうなどで注意するとよいようだ。
そのあとトラックの決戦の剥がしてあるもののリムセメを取る作業を行った。

7月26日(火)
ロードの決戦チェックを行った。
そのあとホイールの脱着を行った。

7月27日(水)
トラックの決戦の貼り直し、貼り替え作業を行った。
リムセメなどをはがす際は真ん中部分のみをとりあえず剥がせば、次にタイヤをはがす際に一緒に取れるためそれでいいということを教えて頂いた。
トラックのタイヤは大きいため力がなくともまっすぐすんなり貼れたと思う。

7月28日(木)
ホイールの脱着を行った。

7月29日(金)
トラックの決戦の貼り替え作業の続きを行った。
タイヤを貼るときは一回ホイールにはめ、一定の空気を入れたあと外す。
そのあとリムセメを両端に重点的に塗りながら乾き気味になったところでバルブがまっすぐになるようにタイヤを引っ張ってはめる。
というのがコツだと思われる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麥谷 7月 1

2016-07-19 13:21:59 | 個人練習 麥谷眞生
7月1日(金)
ロードの決戦のチェックを行った。
その後変速調整の練習、ホイールの脱着を吉川さんのサーベロで行った後サーベロのFDのネジがなめてしまったので修理に持って行き外してもらう。

7月2日(土)
サーベロのFDの代わりのネジを倉庫にある他のコンポから移植する
そのあとサーベロを変速調整し、ブレーキの調整をした。

7月3日(日)
サーベロのFDのワイヤーカバーが壊れたため、ワイヤーごと交換する。
初めてインナーケーブルを通した。
ケーブルを通すにはフレームとワイヤーの擦れ具合を音で聴きながらやっていた。
その後FDの調整をした。

7月5日(火)
ロードの決戦のチェックを行った。
その後この日は雨が降ったため、おばたのサーベロを吹き、注油を行った。

7月8日(金)
積み込み前の工具の準備、ケミカルの準備を行った。
またピストの決戦をチェックを行った。
その後ホイールの脱着の練習をする。

7月9日(土)
AACAの遠征から帰ってきたあと雨の火であったためスプロケの掃除及び注油を行った。
この遠征で雨の日でも素早く錆を防止するため注油したり車体を拭く、選手の代わりにホイールに空気を入れるなどはできたがクイックがどのホイールに足りないかなどの把握が欠けていたと思うので次にいかしたい。

7月11日(月)
週末の遠征のためにホイールのチェック及びクイックなどの把握を行う。
その結果キシリウムに貼り直しの必要を感じたのでホイールの掃除を行った。

7月12日(火)
中野のロードを拭いた。
1年生のロードがバイクチェックの際の規則に引っかからないようにチェックをする。
その後ホイールの脱着を行った。

7月13日(水)
ケミカルの買い出しを行う。
この日は雨のため、帰ってきたおばたのサーベロを拭き注油する。
また水本のピストの整備を手伝った。

7月14日(木)
中野のジャイアントを拭き、スプロケを掃除した。
また一回生とキシリウムの貼り替えを行う。
そのあと遠征に向けて工具の振り分け、積み込みを行う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麥谷 6月 3

2016-07-05 17:00:27 | 個人練習 麥谷眞生
20日 (月)
前日は整備講習会に参加し、どのケミカルがどういう時に使えるかまたは併用して使えるかなどを教えて頂くことができた。
ケミカルの類を水曜日に買いに行く予定。
今回は前日のバンク練で使われた3台のピストのチェーンのオイルアップを行った。(雨に降られたため)
全日本で使用する決戦のハブ、パンク、延バルの有無などのチェックを行った。

21日(火)
京田辺にて中野の購入したピストのクランクのギア板ピンが取れないためピンを抑える工具を持って田辺に向かう。
それを使用しても取れなかったため翌週クランクごと新しいものを持っていくことに決めた。
またこのあと高井の自転車の車体を拭きチェーンを掃除した。

22日(水)
吉川さんに全日本のため代車として貸して頂いたサーベロのメンテを行う。
変速を合わせる練習などを兼ねて正常に動くかの確認やブレーキの確認を行った。
またサーベロのためのバーテープとケミカルの買い出しを行った。

24日(金)
全日本中に代車として使う、サーベロの調整及びメンテを行う。
ホイールとして中西さんのクリンチャーc24をお借りした。
そのあと小雨に降られて試走から帰られた中西さんのBHのオイルアップを行った。
次の日の予報が雨のため、雨の日用のフィニッシュラインを使用した。

全日本の失敗として
・ホイールを持って行き過ぎた
・スタート時に代輪を持っていくのを忘れてしまったなどが挙げられる

28日(火)
タイヤを張り替えるためコリマのタイヤを剥がした。
中野のクランクを新たにまた交換。
ピンがなかったため使用できるもののみを移植。
そのあと高井の自転車の掃除を行った。

29日(水)
全トラのためピストの決戦のハブの回りのチェックや剥がれていないかのチェックを行う。
また水本のピストのチェーン探しを行った。

30日(木)
全日本に代車としてお借りしたサーベロの洗車を行いそのあとメンテを行う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麥谷 6月2

2016-06-18 19:56:57 | 個人練習 麥谷眞生
6月6日(月)
部室にある決戦の枚数を調べる。
この日はミーティングで、改めて自分がいしっかりしなければいけないことを痛感した。

6月7日(火)
ホイールの脱着を宇佐美のGIANTで行う。
宇佐美の期待はブレーキの部分が他のものと違うため、ホイールを装着する際にタイヤ部分が少し太いタイヤだと引っかかってしまうので気をつける。

6月8日(水)
個ロードの予備タイヤのために埼玉で使ったジップのタイヤと翌日貼り替える予定のc50のタイヤを剥がした。
またロードの他の決戦のチェックを行った。
スロパンのチェックも修善寺のようなことにならないため、慎重に行った。

6月9日(木)
個ロードに向けて選手さん方に協力して頂きながらc50のタイヤの貼替えを行った。
またケミカルのチェックや工具のチェックを行った。

6月10日(金)
個ロードに出場する宇佐美の自転車のチェーンのオイルアップを行った。
またサーベロでホイールの脱着の練習を行った。

6月13日(月)
翌日貼り替えるc24のタイヤを剥がす。
またピストの機材の確認を行った。
1つクランクの回りがよくないアンカーがあったので本人に確認を取ろうと考えている。
サーベロでホイールの脱着を行った。
だいぶスムーズにいくようになったと思う。


6月15日(水)
中西さんのブレーキシューをカーボンシューへ変える。
その際に変速、ブレーキのききをみるが特に変なところはなかった。
サーベロでまたホイールの脱着を行う。

6月16日(木)
ピストの決戦のチェックをする。
ハブの回りがよくないものが1つあったので今週の日曜日に直そうと思う。
ピストのタイヤの貼り直しの加減がわからないためまた調べたいと思う。
少し剥がれて隙間ができていたり、明らかに左右対称に貼れていないものなどの危険性を調べなければと感じた。
またピストの組み立てを練習する。
個人的には一番はじめに前輪をはめる際にはひっくり返した方が早くはめれるような気がする。

6月17日(金)
ピストの組み立ての練習を行う。
繰り返しやったがひっくり返して前輪をはめ、そのあと後輪をシートポストをつかみながらはめるのがはめやすいと思う。
また翌日クランクとチェーンを田辺に持っていくためナショナルから外す。

6月18日(土)
田辺に中野の購入したピストのクランクとチェーンの取り付けに行く。
すんなり出来たと思う。
しかしギア板のピンが共回りするため、また火曜日に新しいピンと共回りを防止する工具を持ってピンを変えたいと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麥谷 6月1

2016-06-07 07:39:19 | 個人練習 麥谷眞生
5月30日(月)
フォンドリエストのブレーキがなくなっていたので上の倉庫から探してきて取り付ける。
ブレーキワイヤーを調整しようとしたところ、ネジが合わないためその日は変速調整をいじり終わった。
ローから落とす部分の2段目がフォンドリエストは絶対入らないためこれを完璧にする理由をネットで調べている。
そのあと中野と一緒にパナソニックのネジを買いにパナソニックを持ってコーナンに行く。
お店の方に見繕ってもらうも結局型が合わず使えなかった。

6月1日(水)
バンク練で高井と水本が使うピストを組み立てる。
水本のものはシートポストがなかったのでシートポストのみ。
高井は165のクランク長のものを取り付ける。
BBのたまは部室にあるスクエアテーパーをグリスアップして使うことにした。

6月2日(木)
フォンドリエストのブレーキシューを取り付け、ブレーキのネジを上の使われていないものを使用した。

6月3日(金)
高井のナショナルを輪行するために練習輪と一緒に輪行バッグに入れる。
そのあとホイールの脱着の練習をした。
後輪のみを5回ほど繰り返し行う。
真っ直ぐ入れれば、クイックにバネがきちんとついてるものであればすんなり入ることがよくわかった。
高井のナショナルにつけた練習輪の小ギアのギア数とギア板のギア数を確認するしていないというミスをしてしまった。

6月4日(土)
水本のピストのクランクの回りが渋いため、初めてこの日カートリッジ式のBBをバラしグリスアップしようとする。
この日初めてパークツールのカートリッジ式のBBを外すための工具を使う。
これはモンキーで外すのが良いらしいがやりづらかったため、川元さんに教えていただいてロード用のスプロケリムーバーの六角形の取っ手のところをはめると力が真っ直ぐかけやすかった。
しかしカートリッジ式のBBの右ワンが硬くて外せなかった。
左ワンはゴム製のパッドを細いマイナスドライバーなどで持ち上げると良いらしい。

6月5日(日)
中西さんに頼まれていたタイヤとスプロケをスポークの曲がったホイールから取り外してc24に付け替えた。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

麥谷 5月 2

2016-05-27 16:42:09 | 個人練習 麥谷眞生
5月20日(金)
つなぎ直せてなかったチェーンをつなぎ直す。
ラジオペンチで折ったらあっさり折れた。
そのあとワイヤーにグリスを塗って通し直して変速調整をする。
時間は計らず、どういう風にするのがやりやすいかを考えてみた。
やはりほつれるリスクはあるものの自分の力だと引っ張りきれないのでラジオペンチでワイヤーを引っ張るのがやりやすいとは思う。

5月21日(土)
タイヤの脱着を行う。
クイックのバネが片方足りないもので行ったのでハマりにくかった。
こういう時は最初にバネのない方を回しすぎない方がいいと思う。
また美山の前日だったので使用するホイールのスプロケを掃除した。
そのあとフォンドリエストのブレーキを調整する。

5月23日(月)
キシリウムが部室でつけっぱなしになっていたのでそれを使ってホイールの脱着を練習する。
5回くらいクイックを外す時に回すのがよいのかと最近やっていて思う。
あまり回しすぎるとはめるときが大変なためだ。
変速調整も行った。

5月24日 (火)
パンクしてしまったタイヤの貼り直しをリムテープで行う。
リムテープだとタイヤをあまり伸ばさなくても貼れる。
しかしリムテープだと剥がれやすいためまた後に貼り直しが必要だと思われる。
また短時間で手早くできるようになるにはじっくり手順を自分で確認してみてやるべきではとありがたいアドバイスを頂く。
タイヤの脱着にしても真っ直ぐサドル下を持ってはめるのが一番やりやすいということに気づく。

5月26日(木)
埼玉TT前の選手のチェーンを吹き、注油をする。
手際よくやるにはパーツクリーナーを多めに噴射して回していくのがやりやすい。
しかしパーツクリーナーをかいだすのを忘れてしまっていた。
今度からはご指摘を頂いたように定期的に見回りたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麥谷 5月1

2016-05-20 07:22:14 | 個人練習 麥谷眞生
5月6日(金)
中野のパナソニックが使えないため翌日の西学のためガンウェルにクランクを取り付ける。
そのあと一緒にDHの位置出しをする。

5月9日(月)
小畠のバーテープを小畠の代わりに一緒に巻き直す。

5月10日(火)
どの小ギアの枚数がどれだけあるかのチェックをする。

5月12日(木)
修善寺前日のためこちらに来ていた中野のホイールの準備を手伝う。
スプロケを掃除したり、川元さんにお借りするタイヤを外したりなどした。

5月17日(火)
修善寺での失敗を受けて、バラしたままであった宇佐美のホイールの脱着を時間ははからずコツをつかむために何度か脱着し練習した。
またそのスプロケの掃除をした。
鉄フレームのレベルとアンカーのバラしと組み立てにかかる時間を測ってみた。
2回目になるという手なれるものの、1回目は苦戦したので1回で出来るように継続して行いたい。
・レベル…組み立て5分11秒、バラし2分14秒
・アンカー…組み立て5分47秒→2分46秒、バラし2分24秒
またエリプスのとも回りにも気をつけたい。

5月18日(水)
フォンドリエストのRDの取り付けとチェーンの取付を行った。
チェーンを取り付けるのに手間取ってしまった、もう少し早くコツをつかんでつけ直したい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麥谷 4月2

2016-05-18 09:15:04 | 個人練習 麥谷眞生
4月21日(木)
フォンドリエストのシフトワイヤーのはり直し。グリスアップも一緒に行う。
フォンドリエストだとワイヤーをはるのも手馴れてきた。

4月22日(金)
中野のピスト用のパナソニックを組もうとしたところBBが虫に食われており、クランクのまわりがグリスをぬっても著しくわるい。
またパナソニックはシートポストのネジが折れていて使えないため急遽ナショナルを臨時で組んだ。
虫が食っていたのもあると思うがBBは締めすぎはよくないと言われるとそれも原因かもしれなかった。
この日は遅くまでBBを着脱したり、ナショナルにはチェーンがないため他の鉄フレームから拝借したりと普段できない練習ができたと思う。

4月24日(日)
前日のバンク練にてナショナルを結局使用したかを中野に聞いたところ使用したそうだ。
異様にペダリングが重かったそうなのでやはりBBを変えたい。
またフォンドリエストのサドルをナショナルにつけていたところネジ穴がなめるほど締められており私の力では取れなくなっていたため廣瀬さんにお聞きした①ネジ穴がなめた穴専用の工具②六角を瞬間接着剤でネジ穴に固定してとるの2つのうち①で取ろうと考えている。
合同練から帰ってきた宇佐美くんのクランクのグリスアップと小幡くんのチェーン掃除を行う。

4月26日(火)
久しぶりにフォンドリエストで変速調整の練習を行う。時間は計っていないのではっきり言えない。
しかし他の機体でできるのか不安である。
週末の飯山、AACA、全学クリテに向けてタイヤはりをするものの、買ってきたタイヤが合わず失敗する。
パナレーサーはパナレーサーでもRaceAかRaceCならば使えると知る。
知識をつける必要があると感じた。

4月28日(木)
飯山、AACA、全学クリテのうちAACAで使うc50の9000のみタイヤが足りないためシルベストに買い出しに行った。
タイヤの値段とどのタイヤがレースで使うものかというのを少し教えてもらう。
その後部室に戻り授業後、3遠征分のケミカルと工具の振り分けをした。

4月30日(土)
堺さんと一緒にピストの整備をする。
BBまわりはこの数週間で触れるようになった。
ピストを組み立てるときにどこを注意してみるのポイントを教えていただく。
・BBの締め具合はクランクをつけて回してみて360度回ってその後戻ってくるくらいがいい
・クランと車体の間が空きすぎないように
・DHの75センチ、マルハンの50センチルール
・カーボンのシートポストは締めすぎると割れる
・決戦ホイールに合わせてチェーンをはる
などご指摘頂いた 。
とてもよい機会を頂いだと思うしとてもよい楽しかった。
これを活かしてもっと自分でピストを組むときに早くしていかなくてはと思った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麥谷 4月1

2016-04-21 16:48:00 | 個人練習 麥谷眞生
4月7日(木)
ホイールの前後輪脱着(5往復)最高2分50秒
→フォンドリエストだとわりと手慣れている気もするこの作業、他の機体でももう少し慣れ目で行きたい。
ロードのサポートの時に使える、というかできた方が選手さんのためになると思う。
ピストの組み立て 7分
→レベルがあいていたので組み立ててからバラしてみる。アンカーよりやりやすいもののハンドルなしでこの時間なので目指せ5分以内。
あとはそれぞれの選手さんのホイールのクイックレバーの位置を観察。
フレームにそわす方が案外多い。

4月8日(金)
ホイールの前後輪脱着 最高3分35秒
フォンドリエストをひっくり返してやった際に手間取る
押し込むことも大切
またバーテープの貼り方のコツを中西さんに教えて頂く。
中西さんのブレーキレバーは開き目、もがいた時にホイールがブレーキに触れてガタつかないためとのこと。

4月11日 (月)
ホイールの脱着 最高2分43秒
ひっくり返さないとこのタイム
変速調整も触りたかった

4月13日(水)
中西さんのBHとチェーンと機体掃除、注油
おばたくんのサーヴェロと機体掃除と注油

雨が降った際の練習では可能な限り点検したいところ

4月15日 (金)
森くんのトレックでホイールの脱着を行うと慣れると3分半で同じことができるようになる
一発でできるように。
スプロケが力が足りなくて外せない。そもそものところリムーバーの掛け方を間違っていた。
スプロケを外すときはスプロケが動かないようにかける
ピストをバラすのはハンドル付きでもあまり手間取らないもののレベルなので片腕でやれるからかもしれない。
アンカーを片手で支えれたら組立もまごつかない。
変速調整もフォンドリエストなら10分ほどでできるのはできるが他の機体でも同じことが出来るのか。
c24のコスカボを飯山に向けて確認する
c24にはタイヤが貼られていないため24日のあとにも手伝って頂いて直したい
c50も同じく

4月16日(土)
田辺のアンカーにシフトワイヤーをはりにいく
はる際に手間取るもののはれた。
アンカーはシフトワイヤーを通るところが横よりもインナートップにしてましたから通す方が通しやすい。

4月17日(日)
田辺のアンカーの引き続き整備を手伝いに行く
様々なところで至らない点が目立つ
とにかくスピードが足りない
今出川に帰ったあとワイヤーを通す練習と正しいブレーキ調整の仕方でブレーキの調整を復習する
コメント
この記事をはてなブックマークに追加