月のささやき

浅く中途半端に広い趣味と日常を紹介

大阪の占いより当たる占いってあるの?

2014-11-29 08:01:01 | 日記
大阪の占いがよく当たると知っている方もたくさんいらっしゃるかと思います。近年、ネットやテレビなどでも多数特集として取り上げられる事の多い大阪の占いですが、果たして大阪以上に当たる占い師のいる県はあるのでしょうか?実際大阪だけでなく全国的にたくさんの占いの館が存在しています。
自分の地元や近所にも占いの館があるという方も結構いらっしゃるんではないでしょうか?しかし大阪にはほかとは比べ物にならないほど多くの占い師の方が占いの館をされてらっしゃいます。大阪に住まわれてる方でも結構多くの方が占いをしてもらった経験があるというほど、身近な存在なのです。
そう考えると、大阪がどれだけ占いの街で優れた占い師が存在しているかがよく分かるかと思います。現状、大阪には毎日多くの方が遠方から占いの為に足を運んでいますので、占いに興味のある方や、どこで占ってもらおうか迷っている方は大阪の占い師の方に占ってもらうのが一番当たる確率が大きいかもしれませんね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブルーライト 目への影響

2014-11-27 08:46:01 | 日記
ブルーライトは、目に見える光の中で最もエネルギーが強く、網膜まで届いてしまうと言われています。
LEDの普及によって、身近に触れる機会が増え、パソコンのモニターやスマートフォンのディスプレイなどを眠る前に見ていると、体内時計が狂ってしまったり、深い睡眠がとれなかったりと、人体にあたえる影響が大きいと考えられています。
しかし、研究者の中にはブルーライトが目や人体に有害だという証拠はなく、因果関係はまだはっきりと立証されていないという人もいます。
私の周りでは、ブルーライトカットのメガネをしている人が多く、メガネをかけていると目がとても楽になったと言っています。メガネ屋さんの誇大広告ではないことを願っています。
ドラッグストアで仕事したい薬剤師さんへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水素水でいつまでも元気にいよう

2014-11-26 21:46:01 | 日記
水素水を飲んだ事がありますか?
特に味はしないので普通の水と同じように飲めます。
でも、私達の体にとってとっても嬉しい効果がたくさんあるんです。
それは活性酸素の除去。
活性酸素が体にたくさんあると老化が進みます。
それを水素水を飲むと活性酸素と結びついて水となって体外に排出してくれるんです。
必要なものは体に残るので心配はありません。
見えないものなので実感はわかないものなんですが、どうせ水を飲むなら体にイイと言われている水素水を飲んでいるといい気がしませんか?
生活習慣病などで悩んでいる方は飲むだけなので手軽で取り入れられるのでいいですよね。
水素水を使って野菜を洗うと農薬などの危ないものが薄くなるといわれています。
安心して食べたいなら試してみるのもいいですよね
【PR】
水素水サーバー アクアバンク
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タロット占いを教えてくれるお店、もしくはスクールなどは大阪にありますか?

2014-11-19 08:46:02 | 日記
タロット占いという専門的な知識を学びたいと思っても情報がないままにお店を探すのは難しいでしょう。
もちろん占いのお店は沢山ありますから、そこで学んでみるのも1つの手段なんですが、実は大阪にはタロット占いを教えてくれる専門のスクールが沢山あります。
案外知られていませんが、日頃占いの相談に訪れるお店がタロット占いのスクールを開いていることも多いんですよ。
さらには占い学校とも呼ばれる占いに特化した専門学校も大阪に存在します。
タロット占いには専門的な知識、能力、技術は全く必要ありませんから、占いをしてみたいと思ったその瞬間からそれを本格的に学ぶことができるんです。
そしてそれを学ぶためには信頼できる占い師に弟子入り、もしくは専門のスクールで受講する、などの方法があります。
どちらの選択も大阪で行えることですからあなたに合った方法をお選び頂くのがいいでしょう。
もちろんこれまで通っていた占い師の元で、タロット占いを教えてもらうのも1つの手段です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年の夏は熱帯夜が多かった

2014-11-17 14:01:01 | 日記
今年の夏は、これまでにない蒸し暑さで、夜になっても全然涼しくなることはなく、ムシムシ状態が多かったように思います。
子ども達も寝苦しいらしくて、暑いと言って何回も起きました。起きる度に麦茶を飲ませたり、氷枕をしてあげたり、うちわで扇いであげたり、なんとか涼しくしてあげようとしました。が、眠れなくて抱っこしてと娘がねだるので、仕方なく、さらに暑くなる抱っこをしてあげて寝かせました。次男も起きて、おっぱいを飲ませる度に、さらに汗だくになり、タオルで拭いてあげたりと、まともに眠れない夜でした。
こんな熱帯夜では、確かにクーラーがないと厳しく、確実に熱中症になってしまうと実感させられた夜が多かったです。
クーラーがない昔のアパートも時代に合わせてクーラーをつけなければ、本当に危なくなってしまいますよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加