宝満山研究会(山岳宗教遺跡の保全と研究)

大宰府の北東に聳える宝満山の歴史的価値を掘り起こし、山の保全を考える会です。

平成29年 宝満山峰入り行事 その2

2017-05-19 | 行事

行きは一般の登山客も交じって100名近い集団に・・・


「今日は福岡ドームもタワーも見えんねぇ」
殺生禁断碑の上の見晴らしの場所から見た福岡平野はPM2.5のせいかカスミ気味。
しかし良いお天気です。例年になく涼しい乾いた風が新緑の山を心地よく吹き抜けます。


中宮跡で勤行です。ここは近世の坊跡群の中枢施設であった講堂の跡地。
巨石の前に石棚があり顔が削がれた十一面観音さんが上げてあります。
先達より廃仏毀釈で荒廃した山の歴史が参列者に語られ、般若心経の読経がおこなわれました。

(つづく)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成29年 宝満山峰入り行事... | トップ | 平成29年 宝満山峰入り行事... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。