SKIPPER AIRMATIC



純正でエアロダイナミクスを装着するZ34Ver.nismo それに加えDFV OHLINS Ver.DAYTONAでローフォルムを作り出しています。
『本音で言うともっと車高を下げたい。 だけど、下げてしまうと自宅に帰ることができない・・・。』
自宅のガレージが勾配があり、今でもギリギリ(アウト?) 
ダンパーの性能や、フェンダーとのクリアランス、勿論最低地上高はマダマダ余裕があるけど、スロープの形状でこれ以上どうしようもない。
例えば自宅の車庫は大丈夫だけど会社に行けないとか、同じような悩みを抱えるオーナーさんは多いと思います。

それだったら、通常走行時にはローフォルムを維持しつつ、スロープや段差があるシーンのみ車高を上げようというリフターシステムを導入しました。
ボタン1つで強力なエアーがタンクからカップへ送り出され90mmも車高が上がります。




今回取り付けを行ったリフターシステムは、SKIPPER(スキッパー)。
10年保証を約束してくれるロベルタのチタン合金/ジュラルミン無垢で製造されているカップキットを使用し、優れたパフォーマンスのSKIPPERの電磁バルブで上げ、下げを制御しています。
驚くことに僅か、1,2秒で90mmリフトアップすることが可能になりました。
また、オーナーからの要望もあり、純正の収納BOXをフルに使用してシステムを組み込みました。 外観からはその存在は全くわかりません。

これにより、欲しいフォルムは手に入れ、かつ実用性もある、理想的な組み合わせが実現しました。
ガサッっとバンパーが干渉する不快なストレスとは、これっきりサヨナラです。


« 春は目前 DFV OHLINS Ve... »