晴々



気がつくと もう12月
直ぐにXmasやんかという季節になってきました。

1年365日中 仕事を350日位している「やまもと」にとって「今日と言う1日は良い1日でした」と言うだけでは表せない楽しい1日となりました。

1週間前にSACLAM SILENCER KITを装着してくださったM氏 Z34Roadster 
ラインオフ時の幌骨のクリアランス調整が上手くいっておらず、走っていてもキシミ音が出てディーラーにて点検してもらってもなんかスッキリしないから、ダンパー特性を少し柔らかくして少しでもボディへの攻撃性を減少させてほしい。と連絡を頂いていました。
DFV OHLINS ver DAYTONA担当エンジニアと連絡を取り合いながらdampersystemで行うことができる全ての可能性を考え実施
勿論damper調整で幌骨には直接影響は出ませんが、少しでもストレスなく走れるようにと真剣に考えて出した答えの1つの方法です。

昨日の仕事帰りにDAYTONAにお寄りいただきそのままお泊り そして本日正午に完成しました。
特にリアダンパーの有効ストローク調の確保 DFV OHLINS ver DAYTONAはリアダンパーも全長調整方式を採用していますので、その調整機能を上手く使いバンプストロークを約25mm伸ばし、同時にスプリングも反発を強める為プリロードをかけてより良く足回りが動くようにSET UPを行いました。

TEST走行でDAYTONA近所にあるダムへ試走に行きましたが・・・

「楽しい 本当に楽しい」
試走しながら思わずにやけてしまうくらいです。

気温は少し低めでしたが、天気は良いし オープンカーだし 足は抜群に動くし SACLAMは吠えるし SACLAM宇野さんは否定していますが、アクセルオフ時のパランパランッ♪音は嫌みがない位に弾けているし。
こんなにも気分よく試走した事ないんじゃない?ってほど 楽しい時間を過ごせました。
店舗に帰ってからは
「よし うちのデモ車はZ34Roadsterの6速に買い直します」
なんて言うほどご機嫌さん。 
どうして僕が機嫌が良いのかはよくわかりませんが・・(笑)オーナーさんのもやもやがこれですっきりするだろうなと思うとノリノリです。

さっそく M氏へ納車しましたが、数時間で電話がかかってきて「いや~ 楽しい 本当に楽しいよ~ あんまりにも楽しいから、今から●▲峠経由で高速道に乗ってきます」なんてご機嫌TELまで頂きました。 
少し特性を変えてあげるだけで「より良く」なってくれたチョットいい話です。



そして・・・

じゃじゃん


日産GTーR!!
そうです 先月DAYTONA SPORTS ECMを入れて頂いたZ33オーナーさん
セカンドカー?R35 GT-Rに乗ってやってきました 

オ「運転してみません?」

や「いや 辞めときます」

オ「いや~ GT-R速いですよ  乗ります??」

や「えへへーー・・・ じゃっ チョットだけ」

オ「笑」

と言うことで、漢「やまもと」 初R35GT-Rを経験してまいりました。

あのですね・・・ 1言で言うと GTーRは電子デバイス満載の車ではあるのでしょうが、正真正銘のメカです!
簡単に言うとGT-Rって800万円もする車なんで、速くて高性能 勿論快適性抜群と普通は思うでしょ?
いえいえ あのですね GT-R 高性能ですが、無茶苦茶 室内煩いです

ウイ~~~~ン  キ~~~~~~~ン  ガラガラガラ♪

ムチャムチャ 俺は機械だぞ!!ってアピールしています(笑)

パドルの繋がりもZ34の7ATとは比較にならない やはりマニュアルベースのセミATです。
2速3速全開時なんて「きゃ~~~~~~」って叫びながら運転していました(笑)

当然店に帰ると
「俺GT-R 買うけん  明日からGT-Rもカスタマイズするじぇ」
と1人で言っていました(笑)

完全に舞い上がっている僕にオーナーさんは、
「誰にでもなんて運転させたことはないんだよ、やまもとサンだから乗ってみてもらいたいと思ったし安心してGT-Rを、自分の身体を、預けることができるんだよ」と話してくださいました。
心がしびれそうなくらいうれしい言葉です。

貴重な体験と大切な言葉をありがとうございました!!


いや~~ Z34Roadsterか・・・ R35 GT-Rか・・・・
夢は大きく!!  楽しい時間をありがとうございました!!










« 大阪府より ... 剛性を上げ ... »