もう、不快な思いはサヨナラ



会長Z32が久しぶりにModifyです。
今までZ32の2シータ、4シーターを2台と乗り継いできた10年来のお付き合いあるオーナーさんです。
ここ最近はModifyよりも修理 何とか現状維持を精一杯行なっていくお付き合いをしていましたが、その頭痛のネタも一段落?
抱えていたトラブルも解消し、今回は自分の好きなPartsを好きなようにチョイスできる楽しい時間がようやく訪れました。

DAMPERです。
会長さん 今までは黄色の高級純正形状DAMPER+純正スプリング(少し前までダウンスプリング)で乗っていますが、ここまで来る過程でも様々なDAMPERを装着してきました。
車高調整も純正形状も様々なPartを装着してきました。
好みの変化もありますが『もう少しスポーツカーらしい運転を楽しみたい』ってポツンと言葉をこぼすんですね。 先にも書いたように、とにかく故障、修理で頭を抱える時期も長くありましたので、良いパーツで楽しむ以前に解決しないといけない問題が山積みって感じでしたからね。 今思うとこんなにも会長の楽しそうな顔見るのも久しぶりでした。

会長Z32に限らず全てのZ32はボディのヤレが大きな個体も多く、あまり極端なDAMPERを入れるとホントにボディにムチ打ちながら走っている気がして僕は我慢なりません。
硬すぎるとダメ しかし柔らかすぎてもダメ 市販パーツの組み合わせでは限界があります。
その点OHLINS DAMPERは、急激なエネルギーをバイパスさせるDFV(デュアル・フロー・パス)が働いてくれますので、ドスン、ガツンとした衝撃もヤンワリと回避してくれ、またセットアップ次第でストリート~サーキットまで幅広く使うことが出来る次世代スポーツDAMPERであると僕は考えています。

つい先日nissan motersports Internationalより、即レース参戦可能なNISSAN FAIRLADY Z NISMO RCが1,250万円で販売が開始されました。
そのFAIRLADYZに標準採用されているDAMPERは我々が通常使用しているOHLINSと同一のファクトリーで組み上げられたOHLINSであると言う事実も、いちOHLINSユーザーの予備知識として会長にもお話をさせてもらいました。



追加作業
タモンデザイン F1ーLAMPをAbflug製CFRPデュフューザーへ取り付けです。
室内に設置したコントローラーのダイヤル1つで点灯~点滅~消灯をコントロールすることができます。
気分はフォーミュラー1!!  

BOOST UPで370PSを叩き出す名機VG30DETTTで自分だけのワールドチャンピオンカーを楽しんでくださいね!

■DFV OHLINS Ver.DAYTONA for 300ZX


10月19日(水)21:00~
デイトナTV go on air!!!
番組URLはこちら⇒http://www.ustream.tv/channel/daytona-racing
« ようこそフェ... 意思を感じる »