一人で悩まずに、何でも聞いてください!


WHITELINEデフマウントブッシュ
店頭販売/通信販売を問わず、相当量のオーダーをいただく割には供給量の不安定さから、一時は納期60日程度を頂いていましたが、今ではオーダー数は以前と変わらないどころか増え続けている割に、お待たせすること無く即納品出来るまでの在庫/供給量を安定させることができました。


e-mailやお電話などで相談をいただくケースが多い案件で、『リア周りから異音が出ているような気がする。 これはデフマウントブッシュが悪いのでしょうか?』と相談をいただくケースが有ります。
実写を拝見させてもらえるなら、少なくともデフマウントが悪いか否かを即座に判断させてもらうことは可能ですが、ご自身でも確認できる方法はあります。
リアバンパーから下廻りを覗きこんで、マフラーの少し向こうを見るとシルバー色のリアメンバー(Z34,V36は黒)が見えます。画像のように黒色の汚れのスジが見えるのでしたら、それはデフマウントのグリス漏れですから、即剤に交換をオススメします。
しかし、たとえ漏れが無くともブッシュの緩み、ヘタリから発生するマウントの不安定性さも多く、どちらにせよ純正のデフマウントブッシュではZを支えるには役不足であることは明白です。

『整備を依頼している店は普通の工場ですが、交換できますか?』
これも結構な比率でお問い合わせが多い案件でもありますが、まず第一に その工場のスキルがどの程度のものなのか?が私達には解りませんからYesともNoとも言いがたい内容ではあるのですが、少なくともデフマウントブッシュを交換するということはデフキャリアASSYの着脱が必要になるということです。 それが出来ない工場さんなら、それはもう諦めて他をあたっていただくとか、DAYTONAの提携ショップへ足を運んでいただくほうがまず間違いなく確実な方法です。
しかし、『デフキャリアASSYの着脱くらいは当然出来ますよ!』と言う回答をいただけるのでしたら、作業の80%は完成したようなものですから、問題はないでしょう。
リアメンバー側に圧入されているデフマウントブッシュは非常に外れにくく、相当数の交換を経験している僕達でさえも、時には時間がかかることもありますが、間違いのない方法はブッシュのカラーをエアーソー等で切れ目を入れてあげて抜いてしまう方法が一番楽チンです。 もし、工場(個人)さんが作業中に困ってしまうシーンが有ったとしても、DAYTONAから販売させていただいたすべての商品には、適切なフォローを入れさせていただきますから、その時は無理に作業を進めずに、まずはご一報下さい。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。
 
« 言葉だけが表... アメリカから... »