20万キロオーバーからのリフレッシュ。


今年に入ってから特にご依頼の多いZ32リアサスペンションメンバーのブッシュ交換。作業は一見大掛かりに見えるけど、極端な話サスペンションメンバーは4本のボルトで車体へ固定されているだけですから、メンバーを車体より分離する工程は比較的楽。


大変なのは旧ブッシュを取り外す工程です。プレスで打ち抜くにはメンバー自体が大きすぎて取り回しが難しい事や、専用治具を使っても錆でメンバーとブッシュが固着してしまい抜けないことなど。 確実にブッシュを抜くには一度ブッシュを切断してテンションを緩めた後に抜くことが容易なようです。 勿論、挿入は油圧プレスを使って圧入するしか手はありません。


今回はメンバーブッシュ以外にもサスペンションブッシュ(アーム)の交換も承りましたので全て交換を行います。


オーナーさんは乗り心地を求められていましたので、サスペンションブッシュは純正を使用。 但しテンションロッドは強化を行っても乗り心地に影響は無く、またブレーキング時のアライメント変化が少ないことからnismoのサスペンションリンクを使用しています。
最後に4輪アライメントの測定調整を行った後納車となりました。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。


« NOTE nismo e-... 適材、適制。 »