~ それぞれの物語 ~  倉敷編   








『僕のZ、いじって下さい!』
このメールが飛び込んできたのが今年の2月11日でした。

メールの内容を見て見ると
・岡山県在住の、まもなくZ34オーナー
・Z34ver.nismoを購入 納車は3月末の予定
・BLOG「一期一ヘェ」を読み、「やまもと」を大好きになる(いやいや お恥ずかしい)
・納車はまだ先だけど、既にTuningメニューは決まっている。
・そう言う事なので、パーツの手配を行って欲しい。
そんな内容でした

その後、東日本大震災の影響で納車が遅れるかと予想されていましたが、無事に3月26日に納車が行われ、それから約1カ月3000キロほど新車ナラシを行ってもらいまして、5月8日にDAYTONAに入庫してもらいました。
とは言え、5月8日に「初めまして!」ではなく、こちらのオーナーさんとも5月1日の岡山国際サーキットにてお会いしていましたので「いや~1週間ぶりですね!」って感じです。
それ以前に、メールや電話で何度も打ち合わせを行っていましたので、初めてお会いした日には既に「初めまして!」ではなかったような そんな気がします。

打ち合わせを含め、全ての作業は段取り良くスムーズに進行しました。
最新型のZ34ver.nismoに搭載されているA11型ECUもスムーズに解析が行えましたので、nismo ECUからDAYTONA Sports ECMへのアップグレードも難なくクリアー
排気系統はnismoマフラーはそのままに、マキシムワークス製M-BIT完全等長タコ足の装着
吸気系等はDAYTONA Sports Filterや、DAYTONA BigThrottle62Ф
駆動系はDAYTONA×ATS Carbon LSD 2way 
足廻りは、やはりこれでしょう DFV OHLINS ver.DAYTONA R&T仕様

パット見ても分かるように、僕が愛するパーツ達が惜しみなくver.nismoへ注ぎ込まれています。
それは「DAYTONA」が最も大切にしているSpirits(精神)が宿った瞬間でもありました。

『やっぱり僕の好みと山本さんの好みは似ているようですね~』
『そうそう 困った事にレスポンスが良すぎてパドルシフトが追いつかないよ~』
納車2時間後にSAで休憩している時にTELくれました。

『また夏頃にはDAYTONAに行くよ!』
まあ、夏までには2.3カ月しかありませんが(笑) ホントまた来店してくださいね!
僕はずっとDAYTONAに居ますから、これからも楽しい『物語』を一緒に組み立てて行きましょう。 
ありがとうございました

 





«      ~... HUIS-TEN-BOSCH »