新から進へ






DAYTONAカスタマイズのZ33にお乗りだったオーナーさんは、今季Z34Ver.nismoへマシンチェンジです!
『去年Z33を手に入れた時から今まで、さすがにお金を使いすぎたかな 1年くらいはノーマルで乗ろう』
というのがnismoを選んだ大きな理由でもあったわけですが、あまりにもガチガチに締め上げられた足回りに疲れ果ててしまい・・・Z33に乗っていた時 凄く感触が良く気に入ってもらったDFV OHLINS Ver.DAYTONAをZ34でも再選択してくれました。

駐車場の関係で、ノーマル以下の車高に出来ませんので装着前、後の画像は全く同一。 +-0mmです。
だけど、車に乗り込みプッシュキーを押し走りだすと・・・  これまでとは車の動きが全く違うんですね。
純正の動きにくいダンパーではなく  きちんと4輪が動くダンパーといえば最も解りやすいかな?  

旧Ver.DAYTONA 
新Ver.DAYTONA ESE 

ESE仕様になって、更に上質な乗り味へ進化したと思いますが、この2つのOHLINSダンパーの本質を知るオーナーさんのコメントを僕は楽しみに待っています。

DFV OHLINS Ver.DAYTONA ESE for nismo 370Z



« 思いをこめる。 響く。 »