日々進化する最高のフェアレディZ





今年4月に『 Zを預けます。 好きにしてください。 』という衝撃的な言葉を僕にくれたオーナーさん。

DAYTONA Sports ECMとamuse R1チタンマフラーを装着してくれましたが、今度はフットワークTuningの相談を受けました。

と言いましても、特にどこがどう悩んでいるって相談って訳でもなく、1回メールを返信しただけで

『もう お任せでお願いします!』

って、これまた新たな衝撃的なお返事が帰って来ました。

オーナーさん曰く『自分がどうこう考えるよりも、山本さんが一番車の楽しみ方を知っていると思いますから、だから全てお任せしておきます』
って事なんですね。
嬉しい事やら 期待が重くのしかかってきて緊張するやら(笑)
オーナーさんが久しぶりに車の事を一生懸命考えましたと言ってくれた以上に僕も本当に本当に一生懸命考えました。

LSDは数量限定で再販となったATS CARBON LSD Ver.DAYTONAをチョイスです。
組み込み後には軽く試走して初期のナラシまで完了した上で引渡しをしています。
同じくDFV OHLINS Ver.DAYTONAも組み込み後は1台1台僕が試走を行い減衰力、車高バランスのチェックを必ず行います。

ただ「字」にするといつもお馴染みのpartsですが、Ver.DAYTONAの文字が物語るようにそれはただひとつとして同じ物ではありません。

同じ機械を、同じように組み込んでも必ずしも同一の結果になるとは限りません。
もしかすると製造誤差の影響かもしれないし、もしかすると僕の思いによるものかもしれない。 
タイヤのせいかも?組み込む季節の影響もあるか?

何が原因でも、たった1つ変わらないことは僕が満足したセッティングでお渡ししているということ。 
勿論、日々 僕の僕自身に対する要求はどんどんとエスカレートしていきます。

言うなれば、これが僕が最高と思うフェアレディZ の姿です。

DFV OHLINS Ver.DAYTONA for 370Z
ATS CARBONLSD Ver.DAYTONA
« 彼が決めた最... 第38回 山... »