AP Racing Radi-CAL2


先日より多くのお問い合わせを頂いているAP Racing Radi-CAL2について。 現時点で僕達が把握していることをお伝えします。


AP Racing社は2016SEMAショーにおいて新開発Radi-CAL2をワールド・プレミアしました。
これはRadi-CAL同様にAP Racing Pro5000レーシングキャリパーの性能をフィードバックしながらも、より軽量、高剛性、そして冷却性能を大幅に向上させたモデルとなります。
最も大きなセールスポイントはキャリパーボディの小型化に成功したということ。 これにより、今までは19inch以上のホイールを推奨としていたシステム(6pod)を、18inchよりフィッティングが可能となりました。
更に、これまでのRadi-CALユーザーへはRadi-CAl2のキャリパー単体を販売する事ができますので、ブラケットやディスクローターはそのままに最新システムへとアップデイトを行なっていただくことが可能です。 販売時期は2017年の早い時期を目指しています。


また、AP Racing社がロードカー向けのプログラム(設計、製造、開発)を世界で唯一認証している企業は米STILLEN社"のみ"で、私達は同社のオーソライズドディーラーとして認可されています。そして、私達はRadi-CALのスタート当初より深く携わっています。
何を伝えたいかというと、世界的にブレーキ販売を行うAP Racingは皆さんも御存知のようにBrembo社が保有しています。同社はブガッティやアストンマーチンそしてケーニセグへもブレーキをOEM供給を行うグローバル企業です。 そのBrembo社の広告をご覧になられた方も多いとは思いますが、バスターKIT(キャリパーやローターのみを本物を使用し、ブラケットやベルハウジング、フローティングシステムを独自の製品と組み合わせ、テスト実績のないものを安価な価格で販売を行っている規格外の粗悪な商品。)の撲滅をAP Racingも今後の一つのテーマとしてゆきます。 
その為、今後全てのRadi-CALにはQRコードと製造番号を印字し「何時」、「誰が」、「どこから」販売をされたものであるのかを明確にします。 つまりは、それがユーザー保護になるものと考えると同時に、今現在それだけ無責任な販売者による製品を購入したユーザーの事故やトラブルが後を絶たないという事実です。勿論、正規に販売を行われているAP Racingには全ての検証が行われており、大切なクルマやユーザーは適切に保証されています。


今現在Radi-CALをご注文/ご検討いただいているユーザー様へは若干のウェイティングタイムを頂きますが、良いものをお届けしますので今しばらくお待ち下さい。


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

« チューニング... 製品に込めら... »