SEMA SHOW 2012 at the Las Vegas 最終日編

アッというまにアメリカでの生活?も5日が過ぎアッというまにSEMA最終日です。

この日は取引先の担当者とフォードブースで待ち合わせ。 会ったこと無いから特徴を聞くと
「目印はグレーのシャツと黒いパンツだよ」
「OK~」

しかし・・・・3分の間にグレーシャツ&黒パンの男の人がざっと10人は通り過ぎます・・・・・・・
白人もいればアジア人もそれ以外も・・・よく考えたら何色の肌の色も髪の色も知らないので探しようがありません・・・・・・

そうこうしてるうちに相手から「おい、10分遅刻だぞ」とメールが来たおかげで正確な目印を聞きそのさらに10分後にようやく黒パンの男に会えました。







最終日は少し時間に余裕があったので、特に予定をつめ込まず自由に歩いてみました。















生首や手足が転がっていてハロウィーンっぽいといえばそれっぽくもあるけれど、さすがにあまりの斬新さ?がビミョー過ぎてこれは笑えません・・・・・・・(笑)





OHLINSブースも最終日だからってことでギラギラすることもなくみんな実にリラックスした雰囲気で迎えてくれたもんだからやや調子に乗って「F1のミニチュアダンパーお土産にチョーダイ」と言ったら「おいおい、調子にのんなよ~やれるわけねーじゃん」と言われている様子を撮られていました(笑)





これはバチッとキマった新型のMLクラスでレースカーとツールストレージやタイヤを積んだメカグッズを牽引して、さらに屋根には自転車というゴキゲンな雰囲気が最高です。
これだけお金をかけられるならトランポでもなんでも余裕で買えるだろうけど、便利さや快適さや合理性なんかどうでもよくて「オレはこの姿で牽引するゼ~~~」というオーナーのスタイルや、まるで誰かと何かを比べることの無意味さを表現したかのような、自信に満ち溢れたオリジナルのカッコよさの基準みたいなものが心にズシンと響いた一コマでした。




FR-Sはここまでチューニングが進んでいます。 と、いうかパイクスピードにでも出場したほうがいいような。。。




アメリカといえばコンボイトラックでしょ~
かっこよすぎてたまりません












ひと通り見て、触れて SEMAを後にします。
お腹いっぱい見て回ったような、全然時間が足りないような。 この場所に慣れるほど「もう十分」と「まだ足りない」のキャパシティが増えている事を感じます。
しかしながら、時間には限りがあります。

バイバイSEMA SHOW!!


DAYTONA Facebookページでは、BLOG一期一へぇで紹介しきれない画像や情報を沢山公開しています。
Blogと並行して閲覧することで楽しさ倍増間違いなしです。

12月10日 AM5:00 DAYTONA TVはコチラからご覧いただけます。
12月はイレギュラーな定休日設定です。要チェックをお願いします。




« ハイパフォー... SEMA SHOW 201... »