DFV OHLINS ver DAYTONA for 370Z Roadster




DFV OHLINS ver DAYTONA for 370Z Roadster

コンプリートKITに比べ、全体的にソフトな味付けにしていますが、特に拘ったのはリアの特性を大幅に変更していることです。
僕は基本的にはZ33とZ34に同じ考えを持っていますが、足回りを造る時 リアのダンパー特性を基準にフロントを決めていく考えを持っています。
例えば車高も同じで、リアの位置を決めてからフロントを合わせて行くように、いつも考え方の主軸をリアに置いています。

何故なら、一番わかりやすい点でしたらリアの特性変化は、腰から伝わる車の挙動変化を感じやすいため特に重要であるので、リアを第一に煮詰め フロントは後から付いてくる。 
結論として僕が出した答えは、減衰やバネを絞って「より」スポーティ方向へセットしていくのではなく、「より」ソフトな方向へと向けて行くことでした。

そして、TOPマウントはピロ式ではなく強化ラバーを使用して突き上げや振動、ノイズを低減し、同じような考えで立ち上がりがよりソフトになるように今までの実績から「ハイパコ」製スプリングを採用して、全体的な質の向上、全体的なスポーツ性能、全体的なソフトさを上手くコントロールした僕目線の商品がDFV OHLINS ver DAYTONAです。



Z33クーペからZ34Roadsterに御乗換えのM氏
毎日通勤で往復60km 自宅と職場を移動しています。  
「同じ移動するなら楽しんで移動したい」
購入当初からM氏が感じていた車高の高さと乗り味の悪さを改善したいという依頼を受け、僕が提案したDFV OHLINS ver DAYTONAを装着してくれました。 

移動距離が長いので楽しく運転をしたい。 
だけど振動が多かったりギクシャク感が強くなるのは本意ではない。 
良い部分だけをギュッと詰め込んだダンパーと言うのがM氏の理想でした。

いつも同じことを言いますが、良い商品は良い環境で組んでこそ価値あるものです。
M氏立会いの下車高バランスを3mm単位で行い、車高バランスが決まったら1G組み込み、4輪アライメント調整を行い「一旦」納車をしました。



実は来週あたり、第2弾のモディファイがあるのですが、それには少し時間がかかりますので「一旦」御引き渡しです。
ですが、仮納車の時点ですでにとても満足感も高い様子で、週末のドライブからいつもの出勤ルートまでひととおり走り込んだ後、感想をメールで送ってくださいました。

先日も書きましたが、このメールは僕とM氏だけのものなのですが、こちらもあまりにも素晴らしいので紹介せずにはいられません。
DFV OHLINS ver DAYTONAユーザーさんには「そうそう、そうなんだよ」と文章としてあらわれた感覚を共感してもらえると思うし、装着を検討している方にはこの生の声はこれ以上ないくらいの参考になることでしょう。

走り屋さんでもスピードを出す訳でもなく、ただ単純に「もっともっとZを楽しみたい」というひとりのユーザーさんの生の声である純粋な感想はとても心に響くと思います。

それではここに、メールを原文のまま一部抜粋して紹介します。

>> ○■の辺りから○■峠へ向かい旧道を越えるのがお気に入りのルートで、今日は天気も良かったのでオープンで走ってみました。
>> ワインディングの印象・・・凄く良い!!!
>> 素人の私でも確実にコーナリングスピード上がってるのが解ります。

>> そして高校生の時から遊んでて私が唯一全開走り出来る○■峠の旧道へ。
>> 遅い車をやり過ごしグゥォ~と走ってみると「何これ!?」って感じ(笑)
>> 曲がる!曲がる!ロールしないけど跳ねる感じも無くタイヤと路面が引っ付いてんの?と思うくらい。

>> この辺はきっとハイパコのバネも良い仕事してるんだろうな~と感じました。
>> VDCをONとOFFで両方試してみましたが、OFFでのコントロールのしやすさが飛躍的に上がってるのはもちろんですが
>> ONの時でも凄く良くなってて、今までよりコーナリングスピード上がってるにもかかわらずVDCが介入する回数が確実に減ってて、尚かつVDCの効き方も自然な感じになってるのには驚きました。

>> いや~久し振りに○■峠の旧道を2往復しましたよ(笑)
>> 一昔前の某国産ダンパーの足回りしか知らない私にとってはちょっと衝撃でした。
>> 屋根開けてニヤニヤしながら運転してたんで、すれ違った車には気味悪がられたかもしれません。
>>

>> ○■峠走った後は山本さんのセッティングの絶妙さに感心し、暫くは減衰はこのままで様子を見ようと思いました。
>> また乗ってみて気になること有りましたら相談させていただくので宜しくお願いします!

■DFV OHLINS ver DAYTONA for 370Z Roadster
« DFV OHLINS ve... 風を味方に! »