1日1回キスをしよう

gaku united(ユニットガク)のツンデレロマンチッカー
宮田大樹(きぃ)のブログ
凡ての道は浪漫に通ず

インフォメーション

2013年11月11日を持って、gooブログでの更新を終了します。ご覧いただきました皆様、ありがとうございました。
以後の宮田大樹に関する情報やブログは以下で行っておりますので、そちらをご覧ください。

【ウェブサイト】
宮田大樹Ownd UNDER THE BIG TREE
https://miyatadaiki.amebaownd.com/

【ウェブログ】
宮田大樹の大きなお世話っ
http://ameblo.jp/daikinaosewa/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

公演レポート:鬼面

2013-05-07 | works
 やっとこさではございますが、劇団アルデンテ「鬼面、満ちる月見上げ慟哭す」の報告をば


 いつぶりになるのだろうか、劇団アルデンテへの出演。「Channel Choice」、「炎~再燃」に続き、三度目になります

 今回もユニットガク3人ともの出演でしたが、いかがでしたでしょうか?ガクでは見られない3人が見られたのは間違いありませんね

 佐藤くんはアクション、伊藤君はギャグ、宮田は…なんだ?ヤンキー?よくわかんないけど、役者として彼らと共演するのは、また違った楽しみがあって、それでいて、新鮮だし、変な感じもする

 ガクでは演出として彼らを見てしまうから、彼らの魅力がまた違って見えてくるのです

 なんていうか、厳しい目でも見るしね。でも、今回は純粋に、共演者として魅力的に感じておりました。二人とも、ちゃんとしてるね(笑)僕が、役者のキャリアでは若輩者ですから~。二人からもガツガツ盗んできますよー

 僕が一番、へたっぴだから~。でも、負けないぜ
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

あの面、この面、同刻、慟哭す 2

2013-04-09 | works
 劇団アルデンテの稽古も大詰め、通し稽古に入っております

 この前は舞台装置を組んでの12時間稽古。舞台の雰囲気もつかめ、皆、俄然やる気!



 ちなみに、今回、舞台美術を考えてるのは、役者としても出演する松岡良幸くん

 マスクで誰だかわかんないぜ

 僕と同い年で残ってるメンバー。よくこの壮大な舞台装置を考えるものだ


 ホントは、彼、テンパなのです。前回の舞台の役でストパしたらしい

 そんなの、まっちゃんじゃないやいっ!!!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

深さは安楽な程度 1

2013-03-28 | works
 今日は今日とて、6月の舞台、創芝社の稽古

 こちらも出演者が多いのです。総勢22名ですか。個性豊かなキャストが揃っております。酒井亜美さんとは、ガクの舞台に続き、今年2度目の共演

 毎度おなじみ!に思える憲俊さんとは、実は初共演(笑)

 なじみどころだと、演劇組織KIMYOの山本一樹さんも出演!別の現場で会うと、なんだか照れますなぁ

 年齢も幅広いし、勉強させていただきております



 写真は、岩田将臣さんと元井康平さん

 二人とも、いろんなところで顔を合わせてはいるけど、舞台では初なのだな。親しいのに、妙に改まってしまいますね、はは

 こちらも随時、レポートしていきますよっ!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あの面、この面、同刻、慟哭す 1

2013-03-27 | works
 いよいよ、1か月後に迫ってきた、劇団アルデンテ。僕もようやく、稽古にコンスタントに参加できるようになってきました!

 出演者19人ですからね、なかなか全員揃いませんねぇ。僕とか、亀井英樹さんとか、寺尾大成さんは、公演があったり、控えてたりするので、出席率は悪いです。あ、亀ちゃんはここから、こられるようになるね。お疲れ様ですー

 ちなみに、劇団アルデンテの稽古日誌『アルデンテ日記』にも、出演者がリレー形式で記事書いてますので、どうぞ、ご覧ください♪昨日、宮田も書きました



 写真は、寺尾大成さんと今田亜季さん

 両手に花、って言われたんだけど…どゆこと!?

 大成くんは可児の演劇ユニットTiny Rippleの公演が、アルデンテの一週間前にあるのにも関わらず出演するというおバカっぷり。昔の自分を見ているかのようだ…。今もか!?

 今田ちゃんは、アクションチーム、チーム垣んちょの代表。どんくさい顔して(笑)キレる女性です。今回はアクションが見所。ど派手にかましてください!



 ってことで、これから本番まで、レポートしてきますねぇ~
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ラジオCM収録

2013-03-26 | works
 ラジオCMを収録してきました!

 まだ詳細は言えませんが、けっこう多くの人に聞いてもらえるみたいです


 最近、ラジオ関係でお仕事いただくことが多くなってきて、声での表現をいろいろ勉強しております。ただ、まだまだ余計なことをしがちなので、シンプルに幅きかせられたらと思います~
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

滲んだ記憶の先に 14 ベル・ヨー・セー

2013-02-24 | works
 道化師ベルピエロと、妖精ヨー・セー



 ベル役の佐野かおるさん。もともと、キャスティングのときには、男性に振り当てるつもりでいたベルですが、キャスト陣にやってみたい配役を聞いたところ、かおるちゃんが興味を持ってくれて、これまたおもしろそうだとキャスティング。おもしろいベルをつくってくれました



 ヨー役の遠藤唯さん。ヨーも立候補での配役。妖精はいっぱい動きますよ、といったことろ、唯ちゃんと小崎さんが、体育5でした、と自慢してきたので、ああそうですか、と。唯ちゃんは勘がよく、演出意図もしっかり汲んでくれたので、ホント、大助かり



 セー役の小崎康史さん。上の通り、立候補。ちなみに、ヨー・セーの衣裳は唯ちゃんがつくってくれたのです。小崎さん、は、実はリハをほとんどしていない(笑)にも関わらず、それを感じさせない演技を見せてくれました。兄さん、あんたプロやでー
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

滲んだ記憶の先に 13 ネル・アン

2013-02-24 | works
 さぁ、ネル・アンのカップル

 実はこのカップル、今回、舞台をするに当たって追加された役。もともと、この話、キャストが7人でしたからね。それが11人になりまして…

 って、ネルの衣裳全然違う



 ネル役の宮田大樹。キャスト陣からは普段の宮田では?との疑問も投げかけられましたが、そんなことはなく、普段の僕は物静か。正反対のキャラクターを演じました。まぁ、言ってることはそのまんまなんだけどね(笑)



 アン役の絵理奈さん。ホント、自然体で、彼女もそのまんまなのでは?と思われるでしょうが、そんなこともない。あるところはあるけど。でも、その自然体さがよいのですね。ほのぼのカップルとして、メインのそれと対照的にしたつもりでおります
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

滲んだ記憶の先に 12 ジョー・エト

2013-02-23 | works
 ジョー・アコのカップル。このカップルは二人とも決まるの早かったなぁ



 ジョー役の阿部慶彦さん。今回の役者の中で、一番演出意図を理解するのがうまいので、役づくりに関してのオーダーってほとんどしてないような気がする。それでも、僕のイメージするジョーと近いものをつくりあげてくれました



 エト役の酒井亜美さん。初の舞台出演ということで、いろいろと戸惑いながらだったでしょうが、お姉さん味のあるエトをつくってきて、これまた、僕のイメージと違っておもしろかった。今回の配役はそういった意味で、当たりだったなぁ~
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

滲んだ記憶の先に 11 アンチョ・オッシー

2013-02-23 | works
 アンチョ・オッシーのカップルは、この物語の陽となる存在



 アンチョ役の佐藤晃大。毎回、小器用にこなす彼ですが、今回は悩んでました。まぁ、普段の彼は落ち着いてるからね。僕の望むものを体現してくれようと頑張ってくれたんだろう。でも、決めるところのかっこよさはズルいですよね



 オッシー役の白銀クロさん。彼女も役づくりで悩まれてましたね。このカップルは物語を回していく役回りだと思っていたので、達者な二人に任せたのですが、確かに、キャラクターという観点でいえば、意外性のあるキャスティングだったかもしれません
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

滲んだ記憶の先に 10 アツロ・アコ

2013-02-22 | works
 さて、いよいよ役者さんたちの話です

 まず、写真ですが、宮田が書いた衣裳プラン。実際の衣裳と見比べてもらうとおもしろいかも。職業はイメージです(笑)



 アツロ役を演じた伊藤久史。んまぁね、軸となる役なんだけど、台詞自体はそんなに多くないんだよねぇ。アツロって、人によって好き嫌いが分かれる役なんじゃないかと、個人的には思うのだが、どうなのでしょうか?



 アコ役を演じた迫はるみさん。彼女らしさと、らしからぬところが絶妙で、ステキな役になりました。僕のイメージしていたアコとは違ったけど、それがまたおもしろくって、リハで一番、ワクワクさせてくれました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

滲んだ記憶の先に 9 I am

2013-02-22 | works
 今回、イベントで久々にI amとしてライブをすることができました

 懐かしい3人組だ。新曲も披露したけど、緊張でいきなり歌詞がとんで…(笑)精進しますっ


 今回、イベントでチャリティーオークション(という名の均一販売)を行いました。こちら、すべて、東日本大震災の支援活動をされている方に託します。また、ユニットガクのグッズ、脚本やオリジナルサウンドトラック、ポストカードの収益の一部もそちらに回させていただきます。たくさんのお買い上げ、ありがとうございました

 事前告知はしませんでしたが、今後も同様に活動していくつもりでおります
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

滲んだ記憶の先に 8 erina

2013-02-21 | works
 あんべともかずさんがつくった「イロトリドリのうた」を歌ってくれたのは、出演もしてくれたシンガーソングライターのerinaさん

 erinaさんの歌はね、僕が好きで、今回も主題歌を歌ってもらえるようにお願いしたのです

 ホント、イメージ通り、ステキな歌を聴かせてくれました。ぜひとも、えりちゃんの歌を皆さんにも聴いていただきたい
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

滲んだ記憶の先に 7 あんべともかず

2013-02-21 | works
 今回は、音楽もコラボレーションです

 パンジャーボンバーズの音楽家であり、I amでともにバンドをしております、あんべともかずさんに参加していただきました

 今回の物語の世界観を一番、理解してくれてた気がする。音楽だけではなく、効果音、例えば、雨や銃声などの特殊効果もあんべさんによるもの

 そして、主題歌の「イロトリドリのうた」も作詞・作曲

 つい口ずさんでしまうメロディと甘い歌詞。僕はやっぱり、甘党なんだと思い知りました

 柔らかくて、切なくて、そして、温かい、そんな音楽が『虹の袂を探しに行こう』の世界をより鮮やかに色づけてくれました

 
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

滲んだ記憶の先に 6 アンブレラ

2013-02-20 | works
 芸術家さんたちに参加していただいた今回の舞台。ということで、出演者さんたちにも芸術家になっていただきました

 客席に展示してあった、ペイントされた傘。出演者の皆さんに一本ずつ、手書きで書いていただいたのです



 それぞれ、個性的な傘を仕上げてくれました。さすが、皆さん、アーティスティックですねぇ




 物語を象徴する傘。それぞれのキャラクターが何を思ってるかが、そこに描かれてました
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

滲んだ記憶の先に 5 はしもとみお

2013-02-20 | works
 会場で、お客様と一緒に芝居を観てくれていたのが、木彫りの動物たち



 彫刻家のはしもとみおさんがつくられた動物たち



 物語にも、山の麓に住む動物たちが出てきましたが、その仲間たちと思っていただけたら嬉しいです



 それにしても、リアルだよなぁ。近くで見ても本物に見えますもの

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加