1日1回キスをしよう

gaku united(ユニットガク)のツンデレロマンチッカー
宮田大樹(きぃ)のブログ
凡ての道は浪漫に通ず

インフォメーション

2013年11月11日を持って、gooブログでの更新を終了します。ご覧いただきました皆様、ありがとうございました。
以後の宮田大樹に関する情報やブログは以下で行っておりますので、そちらをご覧ください。

【ウェブサイト】
宮田大樹Ownd UNDER THE BIG TREE
https://miyatadaiki.amebaownd.com/

【ウェブログ】
宮田大樹の大きなお世話っ
http://ameblo.jp/daikinaosewa/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Legend of SATOMI

2013-02-16 | theater
 パンジャーボンバーズ観てきました


 僕、南総里見八犬伝が好きでね。相当期待していきましたよ。とってもパンジャーらしく描いていて、ニマニマしてしまった

 もう他人としては観られないカンパニーなのですが、純粋に楽しむことができましたよ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

かれる

2013-02-16 | theater
 牛乳地獄をみてきました


 ガクにも出演してくれた佐野かおるさんの出演した舞台。今回もステキな演技でしたね

 それと、僕の好きな女優さん、戸谷志織さんも出演されるということで、期待して観に行ってきました


 とっても清々しい話だった

 日常の中にある違和感を強調して描く、いわゆる現代演劇らしい物語。キノコって、可愛いよね
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

SCANP TWO

2013-01-14 | theater
 スキャンプのイベントに遊びに行ってきました

 
 夏にリバースヒストリカでお世話になって以来、なかなか会うことがなく、久々の再会

 ん?そんなこともないか?


 今回は3人だけのイベントで、お兄さんは心配してましたが、何のその、キラキラしてましたね。彼らはやっぱり華がありますねぇ。すごいです。そういうのって、なかなか身につくもんじゃないですからー。お客様にも愛されていて、幸せな3人組だな

 同じ演劇ユニットとして、負けられないなぁ。いや、まぁ、いろんな意味で負けてんだけど、でも、こっちの方が長くなってますからね、舞台のおもしろさだけは負けられないですよ

 結局、勝負はどうなったのかわかりませんが、誰がリーダーでも憲俊兄やんが仕切るのだと思います(笑)

 そんな兄やんにガクのチラシを持たせて…。スキャンプのお客さん全員、ガク観に来てくださいm(_ _)m
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

いい嘘、悪い嘘

2012-09-01 | theater
 東京滞在中、初の観劇です。もっとしたかったけど、なかなかできず

 山田ジャパン番外公演 東京ミーコ#1『いい嘘、悪い嘘』です。はじめてのカンパニーさんでしたが、最近、よくご一緒する福井博章さんが出演されているのです

 もっとコメディかと思っていたけど、けっこうグッとくるお芝居でした。特に、嘘つきな僕には胸をうつお話で。ガジェット的には難しいことされてないんですけどね。一個だけ欲を言えば、途中、台詞で表現することが、最後、舞台装置的にズドーンときたら大爆笑だったんだけどな、ってことです

 まぁ、もろもろ考えたら、無理なのはわかるのだけれど
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

根菜畑とアダムちゃん

2012-06-21 | theater
 ゲボゲボvs孤独部 6ヶ月連続公演の第1弾!

 引き続き、ゲボゲボさん

 作・演出の右角81と最近、仲良しなのです

 孤独部さんとテイストが全然違って、身体表現全開で、エネルギーを感じるお芝居を魅せてくれるゲボゲボ。笑いあり、ゾッとすることろあり、というのを20分で行うのは相当大変です。旗揚げ以来の観劇でしたが、あいかわらずおもしろかったなぁ

 やりたいのは孤独部、やってるのはゲボゲボな宮田。中間でうまいことできるようにがんばろっと
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初夏

2012-06-21 | theater
 ゲボゲボvs孤独部 6ヶ月連続公演の第1弾を観て参りました!

 20分程度の短編を両団体が行い、終了後に観劇者に投票させるガチバトル!すっごい怖い企画ですね。両団体の覚悟を感じます

 さて、まずは孤独部『初夏』

 ガクにも出演してくれた佐藤めぐみさんが久しぶりに出演されるということで、とても楽しみにしておりました。孤独部さんは初見でしたが、かしやまさんの演出、おもしろいかも。もっといろいろと観てみたい

 一つのことに焦点を絞り、描き出していく手法はモダンで、現実に特化していくため、役者さんは難しいんだろうなぁと感じさせられました。でも、宮田のやりたい方向性ではあった。勉強になりました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人生リブート

2012-06-17 | theater
 劇団アルデンテ第19回公演「人生リブート」を観劇しました

 最近、ちゃんとアルデンテこられてるな、うん。アルデンテは岐阜を代表する劇団で、東海地区を見ても、かなりおもしろい劇団ですよ

 僕も「炎~再燃」、「ちゃんねるちょいす」と出演、「エデンの木~夜明け前」では作で携わらせていただいております。最近はメンバーの入れ替わりなどで若返った印象

 アルデンテはノンジャンルの劇団で、でもそれこそ、パスタのようにアルデンテで芯はしっかりしてるので食べ応えがある。家族もの、冒険もの、学園ものと幅広い。ばっちり笑えて泣けるエンタメ系です

 ガクと同時期に発足したのにもう19回公演ですか。着実ですな、ほほほ。まぁ、うちは僕が余所事しすぎてるからなぁ

 今回は「イカスミ」でした。ブラックな内容でした。こういうサスペンスチックな感じのアルデンテ、けっこう好きなのだ。ちょっぴりクローズド・サークル的なノリもステキでした
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

放課後サマージャム

2012-06-14 | theater
 翠組第二回公演教室編「放課後サマージャム」を観劇しました

 演出の保木本真也さん、出演の村上研太さんは芝居仲間なのです。久々に会ったなぁ。研太さんが今回、ツッコミやっててステキだったー

 あと、私事ですが、富田大樹さんという役者さんがいまして。宮田大樹と字面がそっくり!!!しかも、身長も僕より低いらしい。名前もキャラも被っとる!?まぁ、僕よりも断然イケメンですけどね。なんだか、とっても親近感がわきました、うん
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ハムレットォ!!

2012-05-28 | theater
 名古屋から東京から、芝居仲間を引き連れ、少年社中「ハムレットォ!!」を観てきました

 演出の毛利亘宏さんにはずいぶんお世話になっているのですが、社中さんの観劇はこれが初めてなのです

 ハムレットは、僕、演出として上演したことがありまして、その点でもとても興味深い作品です。これをどう、毛利さんが調理するのか

 いやぁ、見終わったあとはもう、清々しい、の一言

 こんなに爽快で、疾走感のあるシェークスピアがあったでしょうか。僕の思うハムレットの本質は間違いなくブレず、しかも、そこを強調しながらストーリーを昇華している

 観て良かった

 素直にそう思えるお芝居でした

 観劇後、毛利さんやスタッフさん、そして、井俣太良さんと佐野大樹さん、長谷川太郎さん、山川ありそさん、堀池直毅さんとともに食事



 太良さんとは気が合うのです。太良さんはご覧の通り、熱いお方です。方や、僕はクールに見られがちですが実は熱い男。魔法瓶男子?僕の熱い思いを受け止めてくれる太良さん。ありがとうございます
 
 それと、佐野さんとは8月の、演劇ユニットSCANPで演出助手としてご一緒するので、佐野さんのマインドをいろいろ聞けてよかった。言うのも恐縮だけれど、ダブル大樹として、ステキな作品になるよう、力を注ぎます!!!
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

彼女の言うことには。

2012-05-13 | theater



 観に行けないかと思っていた「彼女の言うことには。」名古屋公演。思わぬ形で拝見することとなりました

 北川悦吏子さんの舞台初脚本ということで、大注目しておりました。なにせ、大先輩だからね、北川さんは。まぁ、もちろん、面識はないのだけれど

 スタイリッシュな舞台でした

 真矢みきさんと筒井道隆さんという、ステキなキャスト。もちろん、矢田亜希子さんもめっちゃおもしろかった。ドラマよりもおもしろいんじゃないか、というのは、演出によるものなのか、脚本のものか。どちらにせよ、さすがパルコ・プロデュース

 それとタイトル。確かに、「彼女の言うことには、」ではなく、「彼女の言うことには。」でした。納得

 ストレート・プレイで、恋愛ものですが、エンターテイメントな要素もあり、舞台ならではの要素もあり。北川さんの脚本を舞台にするためには、こうすればよいのか、というのを見せつけられた気分です

 つまりは、勉強させていただきました。ありがとうございました
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

君といた夏

2012-05-06 | theater
 市民ミュージカル「君といた夏~スタンドバイミー可児~」を観てきました

 本当は3月に上演したのですが、今回は可児市制30周年記念公演ということで、特別の復活。3月は僕も舞台を抱えており、観にこれなかったので、すごい楽しみにしてた

 今回は、3年前に僕が出演したときとほぼ同じ体制で、出演者もかつての仲間が数多くいて、なんだか感慨深い。演出は我が師匠である劇団夢宇人の黒田百合さん。実は、公演前に一度だけ稽古を見学に行ったのだけれど、そのときに比べても、ものすごくよくなってて、驚いた。本当に、圧倒されて、素直に泣いた。よい芝居だったなぁ

 市民ミュージカルのエネルギーはハンパない。芝居はうまいだけじゃダメなんだと、あらためて教えてもらえました。わかっちゃいるけど、見せつけられると、ホント、自分が不甲斐なく感じる

 主役の子役である海野伶斗さんはね、3年前はすっごい小さかったんですよ。それが、今回は僕と身長は変わらないし、主役を堂々と果たしてるし。ライバルとして、厳しくダメ出しさせていただきました。うんちゃんと同じ舞台に立てる日を楽しみにしていよう

 トップ画像は7月にパンジャーボンバーズに出演する寺尾大成くんと篭橋俊裕さんのリーゼントスタイルとパシャリ



 志村昌彦さん。ランちゃん、メイクしてるから、顔がやたら凛々しい(笑)



 佐橋里香さん。いつもガクでもお世話になってます。今回、ホント良かった!



 実は、今回出演されたりかさん、志村恵梨子さんと、かごちゃん、ランちゃん、そして、めいさんの5人が演劇ユニットを結成されたのです

演劇ユニットTINY RIPPLE。自分たちのたてた波が他の人たちへ伝染していき、演劇の輪を広げていきたい、そんなコンセプトを持って発足されました。2013年4月に旗揚げ公演を予定しているそう。とっても熱く、ステキな方々なので、要注目です!

 僕も積極的にからんでこっ(笑)
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

No.721

2012-05-01 | theater
 時速246億vol.A「No.721」を観てきました

 なんというか、重いブローをあびせられたのに、終わったあとのこの爽快感

 好きだわー

 SFでキャラクター重視、ワンシチュエーションで、構成も実に演劇的で、それを役者が昇華していくのが、実にハマってて

 あっという間にすぎていく感じ。そして、心が読まれていて、さらに裏切られる感じもたまらない

 僕の好きなお芝居でした
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

PLAYSTAR

2012-05-01 | theater
 WBB vol.2『プレイスター』を見て参りました

 はじめてのWBBです

 内容が役者と演出家と脚本家が軸になる話だったので、心にチクチクして、とても他人事ではなかったのですが(笑)、それだけじゃなく、とってもステキな芝居だった

 宮田はエンタメ系の芝居を書いたことがないですが、エンタメ思考とストーリー思考ではあるので、いずれはそれを最大限に表現したいものです。ま、次は違うのだけれどね

 それと、アクションを取り入れたものも、せっかく佐藤くんが最近、アクションの経験を重ねてるのでね、カンパニーとしても発揮できる場をつくりたいものです
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

衰退メノン

2012-04-08 | theater
 昨日、牛乳地獄act.6『衰退メノン』を観て参りました

 久しぶりの観劇。G-Pitで観るのも久しぶりかなぁ。写真がボヤ~っとしておりますが、小崎兄さんが出演されるということで、ワクワクウキウキですよ

 終末系のSFでしょうか。映像使う感じのを久しぶりに観た。昔流行ったよね。確かに、最近、減ってきた気がするから、今やればおもしろいやも

 社会風刺、というか、SFらしい問題提起の仕方で、それに加え、演劇的な言語感や演出で、とっても小劇場らしいお芝居を展開されておりました

 結局、リアリティがどこにあるのかが問題で、注目するものによってそれは大きく変わってくるのだということです。ただ、この物語がSFで終わらず、ストーリーとして昇華されていくのは、このカンパニーの優しさというか、真面目さなのでしょう。勧善懲悪、とは言わないまでも、幸せというガジェットは悪いものではないのだから。ステキですね

 この物語で重要なのは、善悪を定める始点であり、判断するする時点です。それはおそらく、これまでもこれからも変わらないことなのでしょう
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

少しはみ出て殴られた

2012-02-29 | theater
 MONO第39回公演「少しはみ出て殴られた」を観てきました

 まず、舞台装置が洗練されててステキ

 会話劇で、宮田の趣向に近しい、久しぶりに“演劇”を観た気になれました。満足満足

 見えないものほどどう見ようとするか、ということが大切なのだなぁと思いましたし、劇中の「同じ人間のすることなのだから」という科白をしっかりと体現してるなぁと感じました

 勉強になるなぁ~。残すは北九州と大阪です。ぜひぜひ、ご覧ください
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加