HOPE 

Day of Hope「希望の日」の到来は間近!

芳岡さんの反論文(上)

2017-04-20 07:46:37 | 統一家の行くべき道

元CARPブロック長の芳岡さんが19日に教理研修院に送った反論文です。

一読の価値あり。

極めて的確な指摘だと思います。教理研修院からの誠意ある見解を期待したいものです。

長文ですので2回に分けて投稿します。

 

<以下全文です。>

教理研究院への反論

2017419日 芳岡隼介

今年の228日~34日まで、私は顯進様のNGOが主催する大会に参加し、声明を出しました。徳野会長は私の声明に対する対策講話をされ、私もそれに反論してきました。最近は松濤本部の教理研究院が、私の声明を取り上げて批判をしています。

 

お父様のみ言を学べば明らかなように、地上天国は真の家庭の四位基台の完成から広がっていくものです。真の家庭の四位基台は、長子である顯進様を排斥しては絶対に完成できません。またカインの子女である祝福家庭は、アベルの子女である真の子女様を通して真の父母様につながるようになっています。それにも関わらず、現在の家庭連合本部がただ教勢の減少を恐れて子女様を「分派」扱いし「見るな、聞くな、行くな」というスタンスを取り、神の摂理を守るのではなく、組織防衛のために動く姿が、非常に悲しく残念でなりません。

 

私は声明の中で、特にお母様の語られる「独生女」のお話に拘ってきました。お母様に勝利していただき、真の家庭の四位基台を完成していただくためにも、お父様の語られたみ言と真摯に向き合って「独生女」論を考えなければなりません。

 

教理研究院は、私が徳野会長への第一の反論で引用したみ言(マルスム選集6082882892009228日)に関して、家庭連合ホームページからリンクされている「真の父母様を中心に一つになろう」というサイトに以下のような反論を掲載しました。

 

分派による「真のお母様」を貶めるための御言改竄の問題 (1)み言の前後の文章を隠し、意味を誤読させる ――み言を正反対の意味に翻訳して悪用

 

教理研究院は、私が意図的にみ言の意味を歪めて正反対の意味にしている、と批判しています。私は韓国語ができないため、お父様のみ言を引用する際に、すでに誰かが日本語に翻訳したものをネット上から引用する、という方法をとっていました。それで私も当初は「私がネット上から引用した日本語のみ言に、すでに意図的な解釈が含まれていたのかも知れない」と考えました。

 

しかし、櫻井正実さんがこの問題についてご本人のブログで言及してくださり、私もその内容を吟味することで、よく理解することができました。結論として、教理研究院の私に対する反論にこそ意図的な解釈や誤訳が存在し、看過できないものであるということが分かりましたので、以下に指摘してみたいと思います。

 

  1. 教理研究院は、お母様の「クリスマス発言」に一切言及していない。

 

私は、徳野会長への反論の中で引用したみ言を通して、「お父様は、お母様がお父様の血統を疑っていることを、真の父母の分裂であり、越えるべき試練(38度線)として指摘された。」と主張しました。

 

それに対して教理研究院は、私が引用したみ言を「誤訳」であるとか、「前後の文章を省いている」などと言いながら、「本当は全く正反対の意味であり、お母様がお父様の血統を疑っているという話ではなく、むしろお母様はお父様が純潔な方であることの証人だというみ言だ」という風に主張しています。

 

この教理研究院の主張には、意図的、且つ明らかな誤訳や、文脈の無視があります。

この点は後で言及しますが、

まず最初に、教理研究院が「クリスマス発言」を始め、最近のお母様の「独生女」のみ言など、現在のお母様がお父様の血統を堕落の血統だと発言されていることを完全に無視していることを指摘しておきます。

 

お母様の「クリスマス発言」

「私は生まれた時から原罪がない。お父様には兄弟がいる。お父様に原罪がなければお父様の兄弟たちも原罪がないではないのか?私には兄弟がいない。また、お父様には私生活がある。私にはそれがない。きれいだ」

 

これは20161225日および30日の、非公式な場でのお母様の発言ですが、参加した方の報告で明らかになったことです。映像などの記録は確認できませんが、内容的には非常に深刻であることを理解していただけると思います。

 

金ジンチュン教授の論文

以下は、今年2月の孝情学術院国際学術会議において、金ジンチュン講師が発表した内容の要点です。

 

「真のお母様が強調するように、これからは真実をあかさなければいけない時になった」

1)真のお父様は神様の血筋で生まれたのではなく、堕落の血統を通して生まれた為、接ぎ木されなければならない。(資料243頁)

2)真のお父様は、イエスからメシヤの使命を引き継ぐことにより、独生子の位置を相続して、サタンが讒訴することのできない天の血統を持つようになった。(資料240頁)

3)真のお母様は、天の血統を持って生まれたので、原罪がない独生の立場で誕生した。(資料248頁)

4)真のお父様は、神によって準備された真のお母様に会って、1960年子羊の宴をすることにより、創造本然の完成人間である真の父母となった。(資料248頁)

 

このような重要な国際学術会議において、今までの原理を覆すような発表を、お母様の許可なしにできるはずはないため、「クリスマス発言」と瓜二つのこの内容は、正にお母様の許可を得た、お母様のお考えだと見て問題ないと思われますし、「クリスマス発言」が事実であったことを裏付けるものです。

 

2017329日、韓国の全国公職者総会でのお母様のみ言

否定できないはずだ。6000年ぶりだ。私を生んでくれた父母がいたが、私は神様を父としって育った。私の祖母も大母様もそのように認めた。神様が私の父。人類のなかで神様を父と知って生まれた人はただ私一人。2000年前のイエス・キリストと。

 

この部分は家庭連合の公式的な動画などではカットされていますが、youtubeに音声がアップされています。神様を父と知って生まれた存在として、お母様ご自身とイエス様を挙げておられますが、お父様が入っていません。これも、お母様のお父様の血統に対する認識を表しています。

 

以上を見れば、現在、お母様ご自身が、お父様の血統を堕落の血統だと考えておられることは明白です。その立場からお父様のみ言を見た時に、私が「お父様は、お母様がお父様の血統を疑っていることを、真の父母の分裂であり、越えるべき試練(38度線)として指摘された。」と解釈したことはごく自然なものです。一方、教理研究院の「本当は全く正反対の意味であり、お母様がお父様の血統を疑っているという話ではなく、むしろお母様はお父様が純潔な方であることの証人だ」という解釈は無理があります。

 

徳野会長もそうだったように、教理研究院(家庭連合本部)は、お母様の「クリスマス発言」が「有った」とも「無かった」とも言わず、無言を貫いています。

その理由は、「有った」と言えば、お父様の血統を否定することになり、原理的に説明ができないことを良く分かっているからでしょう。

また、「無かった」と言えば、「お父様は原罪あり、お母様は原罪なし」をむしろ全ての食口に教育しようとされているお母様からお𠮟りを受けるからではないでしょうか。

 

 

  1. 私が引用したみ言の翻訳が、「悪意のあるみ言の改竄、誤訳」であったかどうか

 

私のみ言引用(ネット上から引用)を、教理研究院は「悪意のあるみ言の改竄、誤訳」だと総括しています。私の引用したみ言の翻訳について、教理研究院が反論して正しい翻訳だとするものを掲載し、それに対して櫻井正実さんが、「それこそ改竄、誤訳だ」ということで記事を書かれました。

 

私は韓国語ができませんが、櫻井さんの記事を読んで、ある程度理解し、櫻井さんの翻訳が最も信頼できると思いますので、以下に櫻井さんの翻訳の抜粋を載せます。教理研究院が省略してた箇所も補い、意図的に誤訳した箇所は後で指摘します。

 

<以下、御言引用>

「(省略箇所開始-先生がそのように生きましたか?言ってみろと言うのです!-省略箇所終わり)私たちのお母様にも(※①)話してみなさい。いいかげんに生きているか。お母様も38度線を越えねばならないのです。『あなたはあなたの行くべき道があり、私は私の行く道がある』といって行ってみなさい、分かれたでしょ(※②)1パーセント、0.何パーセントの差が開いても分かれるのです。天国の門に共に入っていかねばなりません。堕落するとき、(アダムとエバは)一緒に堕落しました。一緒に追い出されたのです。地獄の底まで一緒に行ったのです。「先生は堕落の血を受けたのか、きれいな血を受けたのか?」というのです。皆さんは、そのようにいう自信がありますか?(※③)

 

(省略箇所開始-16歳で堕落したら堕落する前のエバの名をして、その次にアダムの代身の位置で歴史時代の代表として責任を持ち、蘇生段階の代表者、長成段階の代表者、完成段階の代表者、全部みな8段階を越えて行くことのできる6000年その代表の血筋を清めずしてどのように代身の神様の血筋を連結させることができますか?(※④-1)-省略箇所終了)

 

原理を解釈することもできない人々が、何、先生は純血か、何の血か(※⑤)。私はそれを知っているので、この場に来ないようにしようと思いました。そこに行かないようにしようと思いました、汚らわしいことを知っているので。何、先生の血が、どうしたというのですか。堕落の前に、血を汚しましたか(※④-2)」

<御言引用終わり>

 

<下>に続く~

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お父さまが済州島・水沢里修... | トップ | 芳岡さんの反論文(下) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。