HOPE 

Day of Hope「希望の日」の到来は間近!

順理から逆理に転じられたお父様の心境「何代かの孫のうち、オモニの代わりをできる娘がいつ生まれるのか・・・・7代を経ても難しいのではないかと考えているのです。嫁を伝道しようと思います。」 

2016-12-10 10:08:47 | 順理から逆理へ
順理から逆理に転じられたお父様の心境

「逆理の道」の質疑「逆理の道」の質疑その3(2016-11-30 22:00:28)にNさんからの回答にあります。
答:2009年に入り、顕進様を立てて摂理を進めようとされるお父様に反対するお母様、国進様、亨進様、協会幹部達の言動に危機感を感じたお父様は、これ以上彼らと順理で摂理を進めることは不可能だと判断され順理から逆理の道に転じていかれたのです。そのあたりのご心境を協会幹部達に語られたみ言葉が記録されています。2009年2月28日のみ言です。

2009年2月28日お父様が協会幹部に語られたみ言は、金容成のブログにその日の多くのみ言が引用されています。(F)  http://blog.livedoor.jp/kimyongsong/archives/1057441747.html (金容成のブログ2016年05月17日 )み言撰集608巻よりの引用
金容成のブログに紹介された真のお父様のみ言を紹介してみましょう。

この日(2009年2月28日)のみ言を見ればお父様がどのような心境であられたのか!このことを知ればなぜお父様が順理から逆理に転じざるを得なかったのかよくわかってきます。心してこの日のみ言を振り返ってみたいと思います。(金容成のブログから引用させていただきました。)

まず「オモニ」に関するみ言です。
オモニも38度線を越えなければなりません。オモニの歩む道があり、私には私の歩む道があるのです。別れてしまいました。<中略>天国の門を共に通らなければなりません。 資料:み言選集 608巻304ページ 2009.02.28 <今、すべてを成す時>

歴史を隠すことはできません。今もオモニが主張することは、オモニの言うように私は出来ないというのです。行けないというのです。訓母もそれを知らなければなりません。 資料:み言選集 608巻306ページ 2009.02.28 <今、すべてを成す時>

何代かの孫のうち、オモニの代わりをできる娘がいつ生まれるのか?それが私の心配です。7代を経ても難しいのではないかと考えているのです。嫁を伝道しようと思います。 資料:み言選集 608巻306ページ 2009.02.28 <今、すべてを成す時>

お父様はお母様が別の道を歩んでいるとはっきり言われています。
「オモニの言うようにはできない。」「オモニの代わりのできる娘・・そのことの期待も難しいので嫁を伝道しよう!」とさえ語られています。
お父様がご自身とは別の道を歩もうとされているオモニに対して苦悩しながら語られていることを知らざるをえません。


以下続く
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本来の順理の長子権の相続と... | トップ | 櫻井節子夫人のメッセージを... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。