HOPE 

Day of Hope「希望の日」の到来は間近!

<顯進が父母様の代わりに先祖を解放させることができるのです!これが原理観です>金容成のブログよりみ言まとめ(6)ー⑧

2017-06-23 17:54:47 | み言

<顯進が父母様の代わりに先祖を解放させることができるのです!これが原理観です>

 

このような時代になったので、次子の位置と3代の祖先となることのできる人として、父母様の祝福を受けて父母様直系の息子の位置に立つ興進と弟にあたる顯進を立てる時、顯進が父母様の代身、兄弟がその先祖を解放させることができる!これが原理観です。明確に認識し、このような面を転換させる伝授式が、天地が創造された後の恨の歴史を取り除く、このような事が起きるのです。

               出典:み言選集332291ページ、20000924<祝福移譲宣布式>

 

 

<皆さんの3代がなる時には、皆さんの家庭自体に祝福を立てていく時となることを知らなければなりません。神様が望んでいるのです>

 

この祝福を、天地の平面基準で同等の価値を伝授すると、父母様がしてきたすべてのことを長男である興進君ができ、興進君のすることを弟である顯進君ができる、そのような時代になるというのです。そして皆さんの3代がなる時には、皆さんが興進君、顯進君の祝福を受けなくても、皆さんの家庭自体で祝福を立てて行く、その時となることを知らなければなりません。その時を神様は望んでいるのです。

 

ここ、責任者たち、分かりましたか。「はい」はっきりを教えなければなりません。そのような意味で天地創造の神様も臨席し、全体が地上に来て、自由自在に祝福家庭を中心として治め、主管行動をすることのできる時代になるのです。恐ろしい時になるのです。

出典:み言選集332293ページ、20000924<祝福移譲宣布式>

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <顯進君がアボジの代わりに祝... | トップ | <顯進君が父子一致理念を中心... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
細かい指摘で申し訳ない (プームチャイ)
2017-06-23 22:36:12
こんばんは。

ちょっと読んでいて、細かいけど指摘を。

タイトルのこの引用だと、誤解を招いてしまうのでは?

<顯進が父母様の代わりに先祖を解放させることができるのです!これが原理観です>

正しくは、

<顯進が父母様の代身、兄弟がその先祖を解放させることができる!これが原理観です>

ですよね。

原理では、縦からなる横的な蕩減復帰を教えてます。
ヤコブの子供12人で、ノアからアブラハムまでの10代+2代を蕩減する。

顯進が父母様の代身ということは、興進様がイエス様、
書かれてないけど、孝進様がアダムを解放する。
それが原理観というのが、この言葉の文脈ではないでしょうか?

重箱の隅をつつくようで申し訳ないのですが、誤読しそうなので書きました。

コメントを投稿

み言」カテゴリの最新記事