HOPE 

Day of Hope「希望の日」の到来は間近!

カンニングが横行した科挙試験・・・・実質と内容の伴わない学問が国を滅ぼしていった・・・

2017-05-20 09:27:52 | 愛について

朱子学に関連して

あるところで話が合って聞きに行った。そこで朱子学と陽明学の話が出て、ついでに中国と朝鮮の科挙試験の話が出た。

重箱の隅をほじくるような科挙試験の問題で、受験生たちはいかにカンニングするかと言う技術を競ったと言うことである。様々なものに出題個所の内容を事細かにびっしり書き記してカンニングを行ったそうである。科挙試験も末期になるとますますその本来の趣旨を離れ、受験技術の競争と化し、科挙試験合格のための技術を教える予備校が繁盛したらしい。

 

結局は最後は暗記力の勝負になり、暗記力の優れた人間が役人になって行った。人格や幅広い素養などはくそくらえで、試験に合格するための技術が全てに優先するようになって行った。これでは国家の行政がうまくいくはずがない。汚職や腐敗が横行し、収拾がつかなくなり、さらに役人の無為無策で国家も疲弊混乱していった。

 

本来儒学は人間としてあるべき道徳律を謳ったものであるにもかかわらず、彼らが唱える学問は経文の暗唱にほかならず、人間性の涵養とは全く関係のないものになって行った。それでいて、国民には学問の理屈をつけて、窮屈な生活を強制するようになり、ひたすら作られた「忠孝」が強調されるようになって行ったのである。

経文だけはしっかり唱える役人たちが、庶民には「忠孝」を鼓舞して忠誠を要求する。官製の道徳律が国民支配の道具と化していたのである。

 

今、どこかの国や組織がその如くで ・・まさにその実例を示しているのでよくわかるだろう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 楠木正成に悔いがあるとした... | トップ | 7地区食口に一斉配信されたメ... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ルル)
2017-05-20 21:21:26
目先の事を考えるだけの日本の教育

中国は100年先を考えて政策する。

尖閣諸島を我が領土、
沖縄を我が領土と教育してけして諦めない
気質と根性は学ぶべき

今、あなたは(食口は)何年後を 腹据えてみていますか?

私ですか?
偉そうに言えないなぁ~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。