HOPE 

Day of Hope「希望の日」の到来は間近!

統一は取り戻せるのか

2016-11-02 17:51:23 | 統一
統一を標榜する統一教会(世界平和統一家庭連合)が分裂状態に陥っている。常に「統一」を掲げてきた統一教会(世界平和統一家庭連合)が分裂状態に陥っている。韓国では一般の人々からもそのことが注目されているらしい。韓国では「統一教の分裂」という本も出版されている。(最近、「統一教会の分裂」のタイトルで日本語版も出た)
その統一教(世界平和統一家庭連合、以下家庭連合とする)は再び統一を取り戻すことができるのであろうか。統一教会の食口(統一教会=家庭連合では長く信徒のことをそのように呼んできた。)、祝福家庭にとっては実に深刻な問題である。
現在統一教会(家庭連合)は大きく三つのグループに分かれている。まず第一には世界平和統一家庭連合、文鮮明師が創設した統一運動のグループの中でも最も中心的な役割を果たしてきた組織に所属するグループである。このグループは現在文鮮明師の夫人であった韓鶴子女史がリーダーシップを発揮している。
次には文鮮明師の三男で一時文鮮明師からその後継者として指名され、世界的平和運動の推進を続けてきた文顕進氏と顕進氏を支持する人々のグループである。文顕進氏は一時統一グループのほぼ全権を掌握するような位置にあったが、その後文鮮明師自らが様々な職責から解任、今は独自のグループを形成して活発な活動を展開している。
第三番目は7男の文亨進氏を中心としたグループである。文亨進氏は同じく4男の文国進氏と行動を共にしてきたが、もとは統一グループの中核組織世界平和統一家庭連合の世界会長も歴任した。しかし今は母親の韓鶴子女史とも対立し、独自の教会「サンクチャリー教会」を創設し、アメリカや日本など各地で独自の礼拝を行うなど活動を活発化させている。
ほかにも様々な傍系グループが存在するが、主には「真の家庭」と称された文鮮明師の家族、息子娘が中心となって活動しているのは先にあげた三つのグループである。

統一教会(家庭連合)の分裂はいつどのような形で発生し、どのような経過を経て今日のような状況に至ったのか、興味深い内容である。
様々な見解や意見、お互いに非難の応酬のような場面もあるが、ブログなどインターネットを通じた論議も活発に行われている。

当、ブログはそのような論議に一石を投じることができればと思い開設した。できれば各派の立場を離れて客観的な立場で問題点を論じていきたいが、当然、というブログの管理人も、またブログ中登場する人々も、みんなそれぞれ独自の見解や意見を持ち合わせているのは当然である。客観性に立ってというのは必ずしも一党一派に偏しないということではない。時にはそれぞれの派の立場に立った見解や意見もあって当然のことである。

ブログ執筆にあって尊重したいのは、当ブログのコメント欄やまた記事中においてもどのような立場に立つにせよ、皆様の真摯な意見や見解、討論資料の提供などに予断を離れた立場でそれらを歓迎し、そのことを通して活発な意見を交わすことができるならば、それは「統一への道」「平和への道」「希望への道」に通じるものと確信いたします。
当ブログタイトルも極めてシンプルに「HOPE]としました。日本語に訳せば「希望」でしょうか。あるいは「のぞみ」かもしれません。
かつて70年代文鮮明氏は[Day of Hope touar]を企画し、全米全世界でその運動を展開されました。熱狂的な若者たちが全世界で立ち上がり、また多くの政治家、社会指導者、知識人がその運動を理解し、支援し発展に貢献しました。日本でも「希望の日晩餐会」(1974年)や「希望の日フェスティバル」(1975年)が開催され、国内でもその運動が幅広く注目され、国家社会に希望を与える運動が展開されていました。
 当ブログの目的はそのような「HOPE(希望)」を取り戻すことにあります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« はじめに | トップ | 逆理の道 お父様は騙されて... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。