HOPE 

Day of Hope「希望の日」の到来は間近!

G20 北朝鮮問題が主要議題に

2017-07-06 19:43:37 | 時局

「同床異夢」

G20は本来の議題の経済問題もそうであるが、北朝鮮の危険な行動に対してどのように対応するかの駆け引きが進んでいる。

対北朝鮮制裁と言うことで共同歩調を取りたいアメリカであるが、必ずしも一枚板にはなりえない。各国とも様々な思惑があり「同床異夢」の様相を呈している。

アメリカは中国の習近平に対して、重油輸出の制限など、北への圧力を強化することを求めているが、北を緩衝地帯と考える中国は、トランプ大統領の思惑通りには動いていない。

ICBMの発射実験を行ったと言うことで、「レッドライン」を超えたのでは!と言う記者団の質問にトランプ大統領は明確な発言は避けている。ただし、対話と協調策では北の意志を変えることが難しい状況にあることは確かで、アアメリカの実力行使は不可避だと見方も強まっている。

アメリカの実力行使には日本と韓国の協力が不可欠でm明日行われる予定の、日米、韓米の首脳会談の動向が注目されている。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金容成氏の記事に引用された... | トップ | 備えあれば憂いなし »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。