HOPE 

Day of Hope「希望の日」の到来は間近!

「注意・勧告」

2017-04-19 13:53:28 | 歴史について

フィリピンでの顕進様の開催されたGPCに参加の廉で本部待機人事中の郭炳憲氏に関する注意・勧告文が信徒の皆様宛てに出されたようです。

う~ん 何か宗教団体がこういう文を出すの?って思いましたが、如何なものでしょう?

 

 

信徒の皆様へ

<郭炳憲氏の勧誘活動に関する注意・勧告>

 

先日、南愛知教区東海教会長と東愛知教区知立教会長を歴任し、現在本部待機人事となっている郭炳憲氏が、愛知に舞い戻り、以前の接点を持つ信徒と接触を図り、お母様への批判や家庭連合という教団の在り方への疑問を繰り返し、信徒に対して信仰の混乱をもたらすような言動を続けているという事実が明らかになりました。

郭氏は日本家庭連合に所属する公職者でありながら、分派として関与、接触を堅く禁じている3男派(UCI・いわゆる『郭グループ』)に深く傾倒する声明文をインターネットに発表し、その思想の拡散に努めています。

 

ここに改めてUCIの問題点を明らかにしておきます。(公文125号参照:「UCI(いわゆる『郭グループ』」)

 

第1点は、彼らは真の父母様の主管すべき公的財産(米国のUCI、韓国のセントラルシティ、南米の土地等々)を奪い、真の父母様の許可なく勝手に処分してきました。

そこで、当法人はやむをえず、真の父母様の指示に基づき、アメリカでUCIを訴え、現在法廷闘争中です。

 

第2点は、真の父母様は「顕進は先生と同じ方向に向いていない。逃げ回っている。顕進が先生の方向に来なければならないんだよ。」(アメリカ『ボート会議』2010年7月16日)と語られ、「顕進についていくな」と、聖和される直前も幹部たちに対して厳しく指導されました。このように、顕進様はご父母様の意向にそぐわない方向に食口らを誤導しようとしています。

 

 第3点は、彼らは教会員に対して、他の分派と同様に、真の父母様(特に真のお母様)に対する不信感を植え付け、顕進様夫妻を父母様の位置に据えようと謀っているという事実であります。

 

 日本家庭連合本部は既に郭氏本人と面談し、郭氏の言動が家庭連合の方針に反し就業規則違反であることを通告していますが、今回の活動により、郭氏が重ねて違反行為に出たことが明らかとなりました。

 

 以上の次第ですので、信徒の皆様におかれましては、郭炳憲氏との接触を控えて下さり、集会などへの勧誘があれば、規模の大小に関わらず、一切の誘いに応じないようにして下さるようお願い致します。

 

 また、郭氏からの連絡・勧誘・接触の事実があれば、直ちにその旨責任者に連絡して下さい。

 

以上

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「・・商法」何が問題だった... | トップ | 一つに生きたいという心があ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
注意勧告は身を亡ぼすのみ (旅は永遠に?)
2017-04-19 23:23:50
家庭連合はいつになったら目が覚めるのでしょうか?もうこうなってくると宗教ではありませんねエ。真の愛を説いているのが全て見え透いた嘘っぱちであり北朝鮮よりも遥かに自由を奪う団体でしかありませんね。束縛から自由へ歴史が発展していったことを考えれば家庭連合は歴史の中に消え去っていく運命となるでしょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。