HOPE 

Day of Hope「希望の日」の到来は間近!

<これはどういうつもりですか!亡びてなくならなければならないというのです> 金容成氏の記事に引用された真のお父様のみ言葉を読んで(2) ‐②

2017-06-13 19:20:44 | 思想

 <これはどういうつもりですか!亡びてなくならなければならないというのです> 金容成氏の記事に引用された真のお父様のみ言葉を読んで() ‐②


<これはどういうつもりですか!亡びてなくならなければならないというのです> 

これはどういうつもりですか。神様を解放し、天の国を解放し、私の家庭が神様と神の国に入ってこそ皆さんは立つ位置に立つのです。そうでなければ皆さんは立つことができないのです。

これは何ですか。ふたつの国の主権が生きて、自分たちが主人だと思っています。それは皆行くのです。見ていなさい。皆行くのか行かないのか、見ていなさい。

 そうでなければ先生が嘘つきであり、原理が間違っていて、何十年のすべてのものが嘘にしかならないのです。嘘ではないので、彼らは亡びなければなりません。分かりますか。二つのうち一つはなくならなければなりません。

出典:み言葉選集434129ページ、2004130

 

 

命の木が地上に定着するという神様の摂理を妨げる積弊勢力となり、統一教会の指導者が真の家庭の長子権に対敵し、一体どのような過ちをどれほど犯せば統一教会が亡びなければならず、なくならなければならないと真のお父様は語られたのだろうか。

 

HOPEのひとこと)

「二つのうち一つはなくならなければなりません。」真の家庭の長子権に逆らうものは滅びざるを得ない当いうことです。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <長子権を持って立っている... | トップ |  <先生の家庭は完全に踏みに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

思想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。