ボールペンデッサンの描き方とコツ

ボールペンデッサンのテクニックや描き方のコツを学ぶ。そして日々思う事。

絵を描く興味は私に似ている娘

2014-06-17 | Weblog
今日は私の2番目の娘の誕生日です。

まだ4歳になったばかりですが、
絵を描くことは私に似て好きなようです。

私の仕事部屋に来ては、新しく描いた絵を見せてくれます。

その絵が私には、何事にも代え難いパワーの源に変わっています。

子どもたちが絵を描くことを好きになってくれるのは、
私としてもとても嬉しいことです。

だから、「もっとうまく描きたい」という子どもたちの気持ちに答えるべく、
幼い子どもにも分かりやすいデッサンの技法やテクニックを教えられるよう、
私も精進しないとです。

絵心って、他人との意思疎通が出来ることも、
描く喜びの一つだと思っています。

そのためには、描き方のコツだって、
重要なファクターになってきます。

ピカソの絵は、キュビズムと呼ばれる抽象画が代名詞ですが、
元々はかなりの具象画でした。

その下地があったからこそ、
これほどに見る人に訴えかけるモノを作り上げたのだと思います。

子どもたちの気持ちが投影された絵には、
愛を感じずにはいられません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加