ボールペンデッサンの描き方とコツ

ボールペンデッサンのテクニックや描き方のコツを学ぶ。そして日々思う事。

子供達が描くものは本物

2015-03-24 | Weblog
まだ幼い子供達は、
私の絵を毎日のように描いてくれる。

そしてそれがとても良い。

被写体に対して良いように思われようとか、
変にデフォルメしていない、まさに私そのものを描いてくれる。

時には色鉛筆、時にはクレヨンで。

考えてみれば、私が子供達と同じ年頃の頃、
同じように鉛筆やクレヨンでいろんなものを描いた覚えがある。

当時は新聞広告の裏地が白紙のものをまとめて
落書き用紙として、大人達が用意してくれていた。

絵を何のために描くのか、
もちろん、自分以外の他人との関わり合いのため。

行き着く先は自分の為かもしれないが、
周りの人間に興味を示して欲しいというのが大前提にあった。

娘や息子が私や母親の事を書くのは、
私達に振り向いて欲しいという欲求の現れであり、
喜んで欲しいという愛情の現れ。

私にとっては、
どんな有名な絵画よりも圧倒的に勝る子供達の大作。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3歳の娘が描いたボールペン... | トップ | 娘が私を描いてくれる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。