リテーナーを使って後戻りを阻止しよう!

歯列矯正におけるリテーナーの意義

審美歯科の役割

2013-12-19 01:08:40 | 審美歯科
上顎と下顎のかみ合わせの悪化は、
口の開閉で痛みが生じる顎関節症の
きっかけのひとつではあるらしいのですが、
他にも素因があるのではと言われるようになったようです。

とある研究結果によると、
顎関節症という自覚症状を認識していなくても、
30~40%の人が大きく口を開ける状態で
これと一緒の音がするのを気にしていたそうです。

口を開閉する事による筋肉の緊張をなくし、
歪んでしまった顎関節の中を
正常に治す運動を実践したり、
顎関節の動作を円滑にする
医学的な運動をおこないましょう。

乳歯は永久歯に比べ
歯の象牙質やエナメル質の分厚さが
半分程しかないのです。
なおさら歯の再石灰化の機能も足りないため、
むし歯の菌にいとも簡単に
溶かされることがわかっています。
日々のブラッシングが重要となります。
そして、親子で定期的に検診にかかれる、
信頼できる審美歯科を選択すれば、
見た目と機能を総合的に考えた上での
治療や予防ができます。

嫌なことに歯肉炎にかかってしまうと、
歯ブラシでの歯みがきの時、
リンゴなどをかじった時、
歯グキから出血したり、
歯グキがどことなくかゆいというような
不快な症状が現れます。

エムドゲイン薬を歯周外科で治療する際に
患部に塗布すれば、
初めて乳歯が生えてきた時のシチェーションと同じような、
丈夫に固着する歯周組織の
再生促進が不可能ではなくなります。

審美の観点においても
仮歯は大切な勤めを果たしています。
目の間をつなげる線と
前歯の先の線が平行に走っていなければ、
まるで顔の全体が歪んだような感じがします。

審美歯科治療の処置で
汎用的なセラミックを利用するには
例えば継ぎ歯の交換などが用い方としてありますが、
詰め物としても
一般的なセラミックを採用することが
できるといわれています。
金属を使用しないので、
金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、
金属アレルギーなどが起こる可能性がない事は
大きなメリットではないでしょうか?

嬉しいことにインプラントは、
まるで違和感を感じることもなく、
食事で噛むときも健康な歯と変わりなく噛めます。
更に、これ以外の治療法に比べてみると
あご骨がやせていくことが皆無と言えます。

ブリッジは健康な歯を削る必要があるので、
土台の歯の寿命が短くなりやすい欠点があります。
部分入れ歯は違和感が強く、
自分の歯と同じようにものを食べることは出来ない
ということがよくあります。
その点、インプラントは他の歯を削らずにすみ、
自分の歯と同じようにものが食べられるということで、
現在では最も機能的に優れている
治療法だと考えられています。
ただし、良好な状態を長期維持するためには、
定期的なメインテナンスが欠かせません。
治療前にしっかりとしたぷらんを立てられる
審美歯科を選択する事が大事です。

歯の色味とは本来純粋な白色ではなくて、
人によって差はありますが
かなりの歯の色は黄色っぽかったり
茶色っぽく感じます。
ホワイトニングの種類も様々ですので
審美歯科に相談するのが良いでしょう。

歯科衛生士が在宅での医療において
必要とされているのは、
一番に患者の口のなかを清潔にすることです。
患者さんの口の中が不潔なままだと、
雑菌が増殖しているカスそのものを
飲み込んでしまうかもしれません。
高齢者の場合食事が取れなくなることは直接体力の
低下につながりますので、義歯や差し歯がとれた場合
できるだけ早めの処置が大切に感じます。

本来なら歯科医が多いと
じっくり患者さんを診てくれそうなイメージがありますが、
どうかするとそういう歯科医院は
流れ作業みたいに患者さんの処置を行う場所が
存在するようです。

口腔内が乾くドライマウスは
ストレスが元になって起こってしまうのもよくあるため、
今から後の社会では
バリバリ働く世代の男性にも
症状が出現する危険性はかなりあるのです。

口角炎において極めて移りやすい環境は
親子同士での接触伝染でしょう。
当然ながら親の子への愛情によって、
いつでも近い状態にあるというのが一番多い理由です。

口臭の有無を自分の家族にすら
きくことができない人はものすごく多いと考えられています。
そう言う時は、口臭対策の外来を探して
口臭専門の施術を行うことをお奨めします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最大の敵は虫歯!?

2013-12-12 21:44:57 | リテーナー
通常のの歯の噛み合わせは、
十分に食べ物を咀嚼する事で歯がすり減って、
個々の顎や顎骨の作りに適合した
個性的な歯の噛み合わせが作られます。

噛みあわせのトラブルのなかでも
特に前歯が何度もぶつかってしまう場面では、
噛みあわせるたびに衝撃が
上の顎の骨の前や鼻の骨にかかります。

歯並びが悪い場合は、
デコボコの部分の歯磨きが難しいため
一生懸命歯を磨いていても汚れが
取りきれないことが多いです。
取り残した汚れの中の細菌が、
虫歯や歯周病を引き起こす原因になります。

矯正治療では、歯並びが美しくなるだけでなく
虫歯や歯周病にかかるリスクを
少なくする効果もあるのです。
そして、咀嚼や発音、飲み込み、
といったお口の機能とも大きく関わっています。

虫歯の元は、ミュータンス菌と呼ばれている
元凶の菌による感染によるものです。
一度口内に虫歯菌が付着してしまったら、
それを100%除菌するのは
想像以上に手を焼くことなのです。

リテーナーをご使用中の方は
専用の洗浄剤でしっかり洗浄しましょう。
リテーナーが不衛生だと
そこから菌が繁殖し、
虫歯や攻守の原因になる可能性があるからです。

このごろは医療の技術が一気に発達し、
驚くことに、針のない無針注射器のシリジェットや
痛みの少ないレーザー治療器を使うことで、
痛みを随分減らす事のできる
「無痛治療」という治療が存在するのです。

カリソルブという薬剤は、平たく言えば
「科学技術で虫歯の所だけを溶かすお薬」です。
それを使っても、虫歯にかかっていない場所の歯には
全く被害のない薬剤です。

審美歯科についての療治は、
「悩んでいるのははたしてどういうことか」
「どんな笑みを得たいか」
をきっちりと検討を重ねることを
第一に開始されます。

審美の観点からも仮歯は
有効なポジションにいます。
両方の目をまっすぐにつなぐ直線と
前の歯の先端部が平行でないと、
顔自体が曲がったイメージになります。

通常永久歯は32本生えるはずですが、
しばしば、永久歯が出そろう年代になったとしても、
ある一部の永久歯が、
一向に出る気配のない時があるようです。
このように生まれつき歯が足りない状態を
先天欠損歯と言います。
歯が無いことで何らかの問題がある場合には、
審美治療における、インプラントやブリッジ、
部分入れ歯などで
歯が無い部位を補うことが
必要となることもあります。

インプラントの良さは、
違和感が全くなく、
食事も健全な歯の時と同じように
楽しむことができます。
更に、他の治療法と照らし合わせると
あご骨が徐々になくなっていく
という不安がありません。
インプラントのメリットを最大に引き出すためにも、
後戻りのないよう、
正しく、リテーナーを使用しましょう。

一例として、差し歯が黄ばんでしまう要素には、
つぎ歯自体の色が褪色する、
つぎ歯の周囲の歯が褪色してきた
という2つの事があるそうです。
しかし、差し歯はホワイトニングができません。
自分の歯の色に合わせて、
差し歯やセラミックをやり直す方法が一番きれいに見えます。
他にはマニキュアと言って
上から着色する方法もありますが長く持ちません。
差し歯の黄ばみは審美歯科に相談すると良いでしょう。

昨今では審美治療で、ホワイトニングを行う人が
上昇していますが、
そうした際に利用する薬剤の影響で
歯がしみる感じのする知覚過敏の表面化を
生じさせる事が考察されます。
ホワイトニング剤の効能が、
歯のエナメル質の隙間から
象牙質にしみこむ事で起こります。
ホワイトニングの前には虫歯を完全に治し、
普段から歯を磨く歳は
歯ブラシを強く押し当てすぎないようにする事が大切です。

歯に固着してしまう歯石は
プラークとは質が違って硬いため、
歯ブラシでの歯みがきで取ることが
やっかいになるだけではなく、
快い細菌の集まる基地となって、
歯周病を招くのです。

初期は歯周病の原因菌が
歯の表面に付着してしまい、
そのせいで歯肉が炎症を起こして赤く腫れたり、
歯のブラッシングをすると
毎回出血するような症状を
呈するのが歯肉炎なのです。

甘い物等をたくさん食べすぎてしまったり、
歯ブラシでのブラッシングを横着すると、
歯周病の原因となる菌が蔓延してしまい、
プラークが蔓延し、
ついに歯肉炎になってしまうということです。

エムドゲイン剤を
歯周外科の処置中に塗れば、
乳歯が初めて生えたような様子と同様の、
強堅に固着する歯周再生を進めることが期待できます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

審美治療の時代

2013-12-05 16:24:38 | 審美歯科
もしも、さし歯の歯根が割れてしまったら
それは歯根破折という状態ですが、
悔しいことですが使えない状態です。
その、大部分の状態では、
抜歯の治療をする方法しかありません。

歯根破折のリスクを減らし、
審美性に優れたファイバーコア(土台)という
選択肢もあります。
希望される方は審美歯科に相談すると良いでしょう。

歯科でデンタルクリーニングをしてもらうのは、
歯周病の菌の活動を拒む良い方策であると
科学的に明らかにされており、
ただなんとなく心地よいというだけではないとのことです。

歯列矯正といわれる治療方法は、
まず口のなかに矯正装置をはめこみ、
歯に一律の圧力を緩めることなく加える事で
人工的に正しい位置に移動し、
問題のある歯並びや噛みあわせなどを改善する手段です。
矯正後は、歯の後戻りを防ぐためにも
リテーナーの使用は大事になっています。

とある研究の結果、
顎関節症という自覚症状を認識していなくても、
全体の約35%の人が口を開けたり閉じたりする時に
こういった感じのカクカクした音が
発生することを知っていたようです。

これは顎を動かすと同時に
顎の関節に異音がするもので、
この病気の症状としては大変多く起こり、
早期の段階で多く起こる状況です。

乳歯は永久歯と違って
歯の象牙質やエナメル質の分厚さが
およそ半分にも満たないのです。
ことさら再び歯を石灰化する力も乏しいため、
むし歯の菌にたやすくとかされてしまいます。

在宅医療において歯科衛生士が必要とされるのは、
始めに患者さんの口腔内を清潔にすることです。
口腔内が汚れたままだと、
細菌が繁殖しているカスそのものを飲み込むかもしれません。

自宅を訪問する歯科診療のケースでは、
処置が一通り終わった後も
口中をケアしに定期的に何度か
担当の歯科衛生士たちがお邪魔させていただく事が多くあるそうです。

仮歯を入れたならば、
容姿もわざとらしくなくて食事や会話など
日常生活にもまごつくことがありません。
その上仮歯がある事で、
治療途中の歯が欠けたり
歯列が乱れてしまったりする事がないと言えます。
仮歯と言っても、単に応急的な臨時の歯ではなく、
仮歯の善し悪しで審美歯科の結果を左右してしまいます。
セラミックの形をデザインする仮歯や、
歯茎の治りを待つための適合の良い仮歯、
生活するのに困らない仮歯など、
審美歯科では仮歯を重要視しています。

口の匂いが気になって、
マウスウォッシュや歯みがきガムを使っているのだとしたら、
歯垢をかき取る対策をまず始めに試してください。
あの嫌な口内の臭いが治まってくると思います。
矯正装置をつけていることにより、
歯がうまく磨けていないため、口臭が出ている場合もあります。
かかりつけの矯正の先生に相談しましょう。
口の中に存在する細菌が産生する臭いが口臭の主な原因です。
常に清潔にする事を心がけましょう。

唾液量の減少、歯周病、
また、入れ歯を使うことが原因で起こる口の臭いなど、
エイジングと口臭の共通点には
非常にいくつもの要因がありそうです。

歯にこびり付いてしまう歯石は
プラークとは質が違って硬質なために、
毎日の歯みがきで取り去るのが難儀になるばかりか、
快適な細菌向きの住居となり、
歯周病を発症させます。

固定式のリテーナーをお使いの場合、
保定期間中の歯の移動が最小限になるメリットはありますが、
装置周辺に細菌が溜りやすく
歯肉炎を起こしやすくなるという、デメリットもあります。
かかりつけの矯正歯科で
リテーナーチェックと虫歯と歯周病予防のためのメンテナンスを
しっかり行いましょう。

通常の唾液の働きは、
口内の清掃と細菌を防ぐことです。
でも、これだけではないとのことです。
再び歯を石灰化するには唾液が欠かせないために、
分泌量の多さは大切な存在です。

長々と歯を酷使し続けていると、
外側のエナメル質はちょっとずつ消耗して脆くなるため、
なかにある象牙質の持つ色がだんだん目立つのです。

インプラント治療による嬉しいメリットは、
入れ歯の短所を補足することや、
本来の自分の歯に近づけるようにできることや
残りの歯を防衛することなどを例示できます。

インプラント治療では、
それほど大きな手術ではありませんが手術が必要であり
治療後のメインテナンスも非常に重要となります。
そして治療費も高価になります。
しっかりとカウンセリングをして納得した上での選択が必要です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加