リテーナーを使って後戻りを阻止しよう!

歯列矯正におけるリテーナーの意義

審美治療の重要性

2013-10-31 21:43:47 | 審美歯科
患者への情報の提供と、
患者による決定事項を重く見れば、
相応の仕事がたとえ医者であっても
強くリクエストされるのです。

審美歯科の治療現場で
通常セラミックを用いるケースには
例えば歯冠継続歯の入れ替え等が
使用法としてありますが、
歯への詰め物等にも
普通セラミックを用いることができるようです。
セラミックの白い歯は審美性を取り戻し、
安心して人前で笑えるようになったと言う方も
いらっしゃいます。

仕事や病気のために疲れが蓄積して
体力が著しく低下したり、
栄養のバランスの悪い食事が、長く続くことで
不健全な容体になった時に、
口内炎が出来やすくなるでしょう。

審美治療とは表面的な綺麗さばかりではなしに、
歯並びや不正咬合の修正によって、
そうする事で歯牙の機能美を復することを
探っていく治療の技法です。

人間が生まれ持った噛みあわせは、
しっかりと咀嚼する事により
上顎と下顎の歯が磨り減り、
個々の顎や顎骨の形状によく合った
個別の噛み合わせがやっと完了します。

外科処置を行う口腔外科という科目は、
その専門分野として、
顎口腔処置を主眼に置いているために、
内科の処置やストレスによる障害等におよぶほど、
診察する範疇は大変幅広く在ります。

甘いもの等を食べすぎてしまったり、
歯のブラッシングをなおざりにすると、
歯周病を招く菌が蔓延し、
プラークが繁殖してしまい、
遂に歯肉炎を起こしてしまうと公表されています。

たとえ成人になっても永久歯がむし歯になりますが、
構造上乳歯は永久歯に比べて耐酸性が脆弱なため、
毎日のお手入れをいい加減にすると、
むし歯はあっさりと悪化してしまいます。

寝入っているときは唾液を出す量が
ことさら少量で不足するため
歯の再石灰化が進まないため、
口のなかの中性の環境を
そのままキープすることが難しくなるのです。

昨今では医療技術の開発が著しく発展し、
針のない無針注射器や様々な
デンタルレーザー治療器を利用する事により、
痛みを一際減らす事のできる「無痛治療」
という処置が用意されているのです。

ムシ歯の根源はミュータンス菌として研究されている
菌の汚染によるものです。
一旦口腔内に虫歯菌が出てしまったら、
それを完全に除菌する事は大変難度の高い事なのです。

普及している入れ歯の難点を
インプラントを取り付けた入れ歯が解決します。
しっかりとくっつき、
お手入れの楽な磁力を採用した種類も手に入ります。

医師によるインフォームド・コンセントは
患者の容体を詳細に捉え、
それを解消する治療の実践に自ら努力しましょう
という方針に準ずるものです。

歯のクリーニングを受けるのは、
歯周病を招く菌の活動を予防する効果のある
手法であると科学的に認められ、
漠然と気持ちよいだけではないようです。
審美的な観点からみても
クリーニングは重要な要素でもあります。

気になる口臭を抑える効き目がある飲物に
コーヒーの名前があがりますが、
好きだからと言ってたくさん飲み過ぎると
口の中の水分が乾いてしまい、
かえって口の臭いの原因となる
ということがわかっています。

長い間歯を酷使していると、
表面を覆うエナメル質は
ちょっとずつ減って弱くなるので、
中に在る象牙質のカラーが段々透けてきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大事な噛み合わせ

2013-10-23 12:49:17 | 歯列矯正
応用可能な範囲が大変大きい歯科で使われるレーザーは、
種類も多彩で、他にも多種多様な治療の現場で活かされています。
これからの未来に一層の可能性が高まるでしょう。

親知らずを取り去る時には、
強烈な痛みを逃れられないため、
麻酔を活かさない手術を断行するというのは
患者さんにとってかなりの負荷になると予想されます。

通常のの歯の噛み合わせは、
しっかりと食べ物を咀嚼する事により
上顎と下顎の歯が摩耗し、
人それぞれの顎や顎の骨の形状に応じた
オリジナルの正確なな噛みあわせが完了します。
噛み合わせに問題がある場合には
歯列矯正の信頼できる歯科医に
相談する事をおすすめいたします。
矯正は長い時間かかりますので
しっかりとした説明や計画を
医師と患者が理解し、すすめていく事が大事です。

デンタルクリーニングというのは、
歯周病のきっかけとなる
菌のはびこるのを食い止める効果がある手法で、
科学的にも証明され、
単に爽快なだけではないということです。
リテーナーをご使用の方は
専用の洗浄剤で清潔に保つ事が
歯周病や口臭の予防にもなります。

節制した暮らしを注意し、
唾液からの補修作業に拍車をかけるという
要点に注目した上で、
虫歯の予防に集中して熟慮することが望まれるのです。

例えば差し歯が色褪せてしまう要素に推測されるのは、
さし歯の色自体が黄ばんでしまう、
さし歯の周囲の歯が黄ばんできたの2側面があり得ます。

プラークが蓄積しないうちに、
歯石予防を毎日行う事が最も大切なポイントです。
歯垢の付きやすい場所は隅々までケアすることが
更に大事になってきます。

歯をはるか先まで存続させるためには
PMTCがすごく大事で、
この処置が歯の処置した結果を
この先もキープできるかどうかに
強く関わってくることも分かっています。
審美治療では、PMTCも含め、
トータルでお口の中を問題を解決し、
更に、メンテナンスも強化しているので
長い目で見ると、有効的な手段であると考えられます

半面、糖尿病の側面から判断して鑑みると、
歯周病という病になるがために
血糖値を調節することがほとんど不可能になり、
それにより糖尿病の病状の悪化を
誘引してしまう可能性も考察されるのです。

もしも差し歯の根が割れてしまったら
(歯根破折・しこんはせつ)
非常に残念なことに使い物になりません。
その約90%を占める状況では、
抜歯の治療をする方法しか策はありません。

虫歯や歯周病などがだいぶ進んでから
かかりつけの歯科に駆けこむ方がほとんどのようですが、
予防の処置をしに
歯医者にみてもらうのがその実おすすめできる姿でしょう。

現代では幅広く知られる事になった
キシリトールの入ったガムの特徴による虫歯の予防策も、
こういう研究の結果から、
誕生したとはっきりいえます。

通常の唾の働きは、
口内の洗浄と菌の働きを妨害することです。
更にそれだけではないとのことです。
歯を再石灰化するには唾液が絶対に必要なため、
分泌される量というのはとても大切なチェック項目です。

甘いもの等をたくさん食べすぎてしまったり、
歯みがきを横着すると、
歯周病の原因菌が蔓延し、
プラークが繁殖してしまい、
結局歯肉炎になってしまうという事が確認されています。

口中に口内炎の発症する遠因は
ビタミンが欠乏しているのがそれらの一つではありますが、
各ビタミン剤は気軽に摂りやすい
サプリメントや薬局でも購入することのできる
医薬品の服用薬などとして数多く売られています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リテーナーと審美治療

2013-10-16 13:08:26 | 審美治療
最近ではよく耳にするインプラントは、
まるで違和感を感じることもなく、
飲食時も自分の歯のように快適です。
更に特筆すべきは、
これ以外の治療法に比べてみると
顎の骨がだんだんとやせ細っていくことがない
というメリットがあります。

口の開閉が原因の筋肉の緊張を減らし、
曲がった顎関節内を正常に戻す
トレーニングをしたり、
顎関節の動き方を自然にする有効な
運動をおこないましょう。
そして、リテーナーを使用する事も
忘れずに行いましょう。

奥へ広がった歯周ポケットという
歯と歯ぐきの隙間には
特に歯垢が簡単に蓄積しやすく、
そこでたまったシチュエーションでは、
ハミガキだけおこなってみても
完全に取り除くのは不可能です。

口内の様子だけではなく、
身体トータルの様子も交えて、
安心できる歯科医とよく相談してから、
インプラントを始めるほうがよいでしょう。

歯をいつまでも維持するためには
PMTCが非常に重要であり、
この手段が歯の治療後のまま
ずっと保持することが可能かどうかに
大きな影響を及ぼすことも分かっています。

半面、糖尿病という側面から考量すると、
歯周病によって血糖値の調節が
難儀になりそれにより
残念ながら糖尿病の悪化を
誘発する危険性もあるのです。

自分の口臭の存在を
同居で暮らす家族にすら
質問することのできない人は
ものすごく多いことでしょう。
そういう場合こそ、
口臭の外来へ行って
口臭専門の施術を試す事をお勧めします。
また、リテーナー装着時による細菌の繁殖なども
口臭の原因になります。
専用の洗浄剤でしっかり洗浄し、
手入れする事が大事です。


口臭を防ぐ効能がある飲みものに
名前があがるのはコーヒーですが、
あまりたくさん飲み過ぎると
なぜか口のなかが乾いてしまい、
皮肉にも口の臭いのきっかけとなるそうです。

親知らずを取り払う時、
強烈な痛みを避ける事が
不可能であるが故に、
麻酔を使わない手術を断行するのは
患者さんの体力にとって
かなりの負荷になると予測されます。

歯に付く歯垢の事を
果たしてあなたはどれくらい分かるでしょうか?
テレビ、CMなどで
四六時中聞かれるので、
初めて耳にする言葉、
と言うことはほぼないかと感じています。
今や幅広く認められることになった
キシリトール入りガムの機能によるむし歯の予防も、
このような研究の効果から、
創造されたものということができます。

歯垢が歯の表面に付着し、
その部分に唾にみられるカルシウムや
ほかの数種類のミネラルがくっついて
歯石になるのですが、
それらの原因は歯垢そのものです。

口臭の気になる方は、是非、
歯垢を取り去る対策を行ってみてください。
審美治療では、不快な口の臭いの対策も含め、
将来的な治療プランをじっくりと考える事ができます。
見た目と機能の両方の視点からの
トータル的な治療を受けられるでしょう。

虫歯は、虫歯の菌が歯をとかす速さに、
再び歯を石灰化する作用
(とけ出た歯を前の状態に修復する効能)
の速さが負けると起こってしまいます。

私たちの歯の外面を覆っている
半透明のエナメル質の真下の部分より、
口内の酸性度が低くなりPH(ペーハー)の数値が
5.5~5.7より低くなると
歯を形成するリンや
カルシウムが溶出してしまいます。

審美歯科に懸る施術は、
「悩まされていることははたしてどういうことか」
「どんな笑い顔を手にしたいのか」を
しっかりと検討を重ねることを
出発点に着手されます。
審美治療では、顔の印象に関わる、
患者さんの心的ストレス軽減にも役立っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

審美治療という選択肢

2013-10-09 12:14:44 | 審美歯科
ドライマウスの目立った病状は、
口腔内がカラカラに乾く、
ノドが渇くというのが大半を占めます。
悪化した場合だと痛みなどの苦痛な症状が
現れることもあると発表されています。
また、矯正装置を使用している方にも
ドライマウスの症状は多く見られます。
原因は就寝中、口呼吸になっている事が多いようです。

大人と同様、子供の口角炎にも
色々な理由が予想されます。
なかでも目立つきかっけは偏った食生活によるものと
細菌の働きになっています。
歯肉炎になってしまうと、歯ブラシでの歯磨きの時、
リンゴ等をかんだ時、歯ぐきからの出血があったり、
歯ぐきが無性にムズムズしてかゆい
などの問題が現れるようになります。

キシリトールは虫歯を止める特徴が認められた
という研究の結果発表があり、
それ以降は日本はもちろんのこと
世界の色んな国で非常に活発に
研究への取り組みが行われてきました。

人間が生まれ持った噛みあわせは、
時間をかけて食べ物を咀嚼する事で歯がすり減って、
人それぞれの顎や顎骨の作りによく合った
各々の噛み合わせがやっと完了します。
噛み合わせが悪いと様々な形で生活に支障が出ます。
その人それぞれに、合った噛み合わせを手に入れるには
しっかりとカウンセリングした上で歯列矯正を
始める事が最善と考えられます。
歯列矯正は、単に見た目を良くするだけではありません。
歯並び・噛み合わせが悪く、
ムシ歯や歯周病になりやすかった歯を健康にします。
そのほかに、いびきや歯ぎしり、
舌足らずな話し方が治ることもあります。
また、外見上のコンプレックスで悩んでいる人も、
明るさと自信が取り戻せます。
歯列矯正は、心身ともに豊かさをもたらします。

大切なのは虫歯の病根である虫歯菌や
歯周病菌を赤子に近付けさせないためにも、
婚姻を目前にした女性陣は
歯の診療は十分に完治させておいた方が良いといえます。
出産後など、子どもと接する際に
母親から虫歯がうつるケースもあります。
虫歯を治す事は、もちろんですが、
見た目と機能向上の両方を目指す
審美歯科に相談に行き、
お口の中を全体的にみてもらうと良いでしょう。

歯垢というものについて
あなたはどの程度知っているでしょうか?
テレビ、CMなどで多く聞かれるので、
初めて聞いた言葉、
そういう事はあまりないのではないかと感じます。

歯の手入れは、美容歯科の施術が完遂し
想像以上の完成だったとしても、
なまけることなく継続していかなければ
施術前の状態に後戻りしてしまいます。
特にインプラント後は
きちんとリテーナーを使用するなどの手入れに加えて
定期的な検診が大事になると考えられます。

口腔内の状況は当然のことながら、
口以外の場所のコンディションも統合して、
安心できる歯科医と十分話し合ってから、
インプラント処置をおこなうようにしましょう。

人の歯の表層を覆っている固いエナメル質のすぐ下の部位より、
口腔酸性度が下がりペーハー(PH)値が5.5から5.7より小さくなる
と歯を形作るリンやカルシウムが溶解して消えてしまいます。

ムシ歯や歯周病などが重篤になってから歯の
クリニックに行くケースがほとんどだと思いますが、
予防しにかかりつけの歯医者に
定期的に通うのが実際は理想の姿なのです。
審美歯科を選択すれば、
虫歯や歯周病の治療と平行して
見た目の美しさも大事にしているので
長くお付き合いするには良い選択肢かも知れません。

この頃広く世間に愛用されることになった
あのキシリトールを含むガムの働きによる虫歯の予防も、
そういう研究開発の結果から、
誕生したものと公表できます。

もし差し歯の根が壊れたら(歯根破折という状態)も
うそれは二度と使えない状態です。
その九割方を占める事例では
抜歯治療しかない事になってしまうのです。
その様な事態になってしまったら
インプラントをおすすめいたします。
信頼できる審美歯科に相談し
十分理解出来るまで説明をうけ、
納得した上で治療される事が大事になります。

歯科衛生士が在宅での医療において必要とされるのは、
一番には患者さんの口の中をきれいに洗浄することです。

患者の口のなかが汚い状態だと、
菌が増殖した不衛生な歯のカスを
そのまま飲み込むかもしれません。

審美面でも仮歯は重大な存在です。
目と目の間をつなぐ直線と
前の歯の先端が直線同士でなければ、
まるで顔全体が不均衡な印象になります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歯の予防、大事なこと

2013-10-02 16:27:47 | 歯列矯正
日本では、歯の予防において
後進国と呼ばれています。
欧米人に比べたら日本人の歯の寿命は、
短い傾向にあります。
歯の病気の予防全般における根本的な考え方が
日本と欧米では、
異なる事が原因の一つと考えられます。
口腔全体のバランスを考え、
かつ機能的に治療できる確かな審美治療は
とても有効的な選択肢ではないでしょうか。

大人と同様、子供にできる口角炎も
複数の要因が予想されます。
とりわけ多いきっかけは、偏った食事及び
細菌の作用によるものになっているようです。

歯に付いてしまう歯石は、
プラークと異なり、硬いであるが故に
歯のブラッシングで排除するのが難しく、
具合の良い細菌向きの場所となって、
歯周病を発症させます。

本来の唾の役割は、
口のなかの洗浄と菌の働きを妨げることです。
しかし、これだけではないといわれています。
再び歯を石灰化するためには唾液が絶対に必要です。
そのため、唾液の分泌量が重要になります。

睡眠中は唾液を出す量が極めて微量なため
歯の再石灰化機能が進まず、
phバランスの悪い口のなかでは、
中性のph状態をそのままキープすることができません。
いつものハミガキを怠らずにすれば、
この3DSの作用でむし歯菌の減った状態が、
大方4ヶ月から半年くらいキープできるようです。

専門医によるお口のクリーニング、
PMTCの利用によって、
普段の歯ブラシの歯の掃除では
落とし切ることのできない色素の汚れや、
歯石とは違う要らない物質、
ヤニなどを完璧に取ることが出来ます。
むし歯や歯周病の予防には、
たいへん有効と考えられます。
最近では歯周病の元をさけることや、
原因菌にダメージを受けた場所を治療し、矯正して
リテーナーでの保定によって、
組織が更に再生するような治療術が出来上がっています。

ムシ歯になる理由はミュータンス菌と名付けられた
大元の菌による作用なのです。
一度口内にムシ歯菌が感染してしまったら、
そのムシ歯菌を無くす事は大層手を焼くことなのです。

歯の持つ色は自然な状態で
ピュアなホワイトであることはほぼ、ありません。
人によっては差はありますが、大半の歯は
イエローっぽい系統や茶色っぽく
着色しているようです。

仮歯を付けたならば、見た目がいい感じで
食事や会話にも悩むことがありません。
仮歯がある事で、治療中の歯が欠けたり
歯列が曲がってしまったりする心配は、ありません。
仮歯は、審美治療の成功の鍵を
握っていると言っても過言ではありません。
より美しく、よく噛めるために
確かな治療を受けたいものです。

入歯というものに対して思い描く
負のイメージや固定化した考えはの要因は、
自分自身の歯牙で噛んだときの感覚と比べるたび、
意図せず大きくなっていくと推量されます。
口内の様子ばかりでなく、
身体すべての具合も忘れずに、
担当の歯科医師と心行くまで話してから、
インプラントの治療を依頼するようにしましょう。

歯の矯正など、審美歯科治療において、
セラミックを使う場合には、
さし歯の入替えなどがありますが、
歯への詰め物やリテーナー等にも
セラミックを使用できると考えられています。

顎を上下左右に動かすのと一緒になって
耳の近くにある関節に異音が聞こえる症状があります。
それは、顎関節症の症状では至って頻繁に発生する症状で
中でも第一段階で多く発生する顎関節症の特徴と言えます。
基本的な顎関節の治療は一般歯科もしくは
外科手術がからむ場合では口腔外科での対応となります。
ただ、咬み合わせが悪いから
顎に問題が起こったのだとの思い込みから、
矯正歯科を受診される方も多くいらっしゃいます。
その場合、顎関節に対しての知識があり、
治療を行なっている矯正医であれば問題は、ありません。
歯列矯正は咬み合わせをダイナミックに変える治療ですので、
顎関節症との関わりも気になるところです。
歯列矯正治療との関わりも含めて、
顎関節症を正しく理解して頂くことは
治療において、とても大切だと考えられます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加