かまくらdeたんか   鹿取 未放

「かりん」鎌倉支部による渡辺松男の歌・馬場あき子の外国詠などの鑑賞

 

馬場あき子の外国詠171(中国)

2017年07月31日 | 短歌一首鑑賞

  馬場あき子の外国詠22(2009年10月実施)【紺】『葡萄唐草』(1985年刊)
    参加者:Y・I、T・S、藤本満須子、T・H、渡部慧子、鹿取未放
    レポーター:渡部 慧子
   司会とまとめ:鹿取 未放

171 長江の彼方より春は来るといふ雨はれて上海の桃ほころびぬ

     (レポート)
 上海は江南と呼ばれる長江下流の南部に位置し、気候温暖な地として知られている。ちょうど杜牧の「江南の春」という七言絶句があり、それを念頭にしての掲出歌ではないだろうか。中国の春は桜ならぬ桃が喜ばれ、中国人の憧憬としての桃源郷を、私達もよく知るところだ。おりしも「雨はれて」よろこばしく当地上海を讃えるべく「桃ほころびぬ」と詠いあげたのだ。(慧子)
       江南春
     千 里 鶯 啼 緑 映 紅
    水 村 山 郭 酒 旗 風
    南 朝 四 百 八 十 寺
    多 少 楼 台 煙 雨 中


          (当日意見)
★上海への挨拶歌である。「長江の彼方」と言って場所を限定しなかったところも良い。(慧子)
★きれいすぎる。先生らしくない。(T・S) 


     (まとめ)
 1983(昭和58)年3月30日から4月4日まで朝日歌壇選者として訪問した馬場にとって初めての外国旅行である中国での作。馬場の中国旅行は3回、その旅行日程と旅行詠掲載歌集を馬場あき子全集別巻などより抜粋する。

○1983(昭和58)年3月30日~4月4日
  上海(魯迅記念館、玉仏寺など)
  杭州(西湖、六和塔、霊隠寺など)~拙政園、獅子林など
  蘇州(西園、虎丘斜塔など)~上海
○1985(昭和60)年4月27日~5月3日
  蘇州、西安、北京
○1998(平成10)年
  シルクロード(ウルムチ、トルファン、敦煌、莫高窟、天山など)


■『葡萄唐草』   1985(昭和60)年11月   立風書房
   「紺」13首
■『雪木』     1998(昭和62)年7月      角川書店
   「向日葵の種子」11首
■『飛天の道』   2000(平成12)年9月      砂子屋書房
    「飛天の道」21首
          「李将軍の杏」18首
          「砂の大地」21首

 異国に初めてやってきたわくわく感が、大づかみな景の捉え方と弾むようなリズムから伺える。
まさに憧れの土地への挨拶歌で、土地褒めとして長江、桃の花をたたえている。そういうわけでT・Sさんの「きれいすぎる」という非難は当たらない。レポーターが引いた漢詩「江南の春」の書き下し文は次のとおり。(鹿取)
      江南の春
   千里鶯啼いて緑紅に映ず
   水村山郭 酒旗の風
   南朝 四百八十寺(しひやくはつしんじ)
   多少の楼台煙雨の中

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

馬場あき子の外国詠63(アフリカ)

2017年07月30日 | 短歌一首鑑賞

 馬場あき子の外国詠 ⑦(2008年4月実施)
   【阿弗利加 3 蛇つかひ】『青い夜のことば』(1999年刊)P171
   参加者:泉可奈、N・I、崎尾廣子、T・S、Y・S、藤本満須子、T・H、渡部慧子、鹿取未放
   レポーター:T・S *レポートの表記は、句読点・誤字脱字を含めママ。
    司会とまとめ:鹿取 未放

63 笛吹けど踊らぬ蛇は汚れたる手に摑まれてくたくたとせる

      (まとめ)
 汚れたる手、にリアリティがある。いかにも蛇使いを業としている人の手だ。蛇も疲れ切ってストライキをしたい時があるのだろう。「くたくたとせる」だから病気だった可能性もあるが、ストライキととって飼い主に抵抗を試みる蛇と解釈した方が、アフリカ一連の最終歌としてふさわしいように思われる。(鹿取)


      (レポート)
 皮膚感覚は生きている証で敏感である。汚れている手にはまして違和感をもって反応する。笛吹けど摑まれてくたくたとなるのは命があるからだ。(T・S)


       (当日意見)
★T・Sさん、順序が逆です。汚れた手に掴まれたから踊らなかったのではなく、踊らなかった故に飼い主
 の汚れた手に掴まれたのです。もっとしっかりレポートしてほしいです。(藤本)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

馬場あき子の外国詠62(アフリカ)

2017年07月29日 | 短歌一首鑑賞

 馬場あき子の外国詠 ⑦(2008年4月実施)
   【阿弗利加 3 蛇つかひ】『青い夜のことば』(1999年刊)P171
   参加者:泉可奈、N・I、崎尾廣子、T・S、Y・S、藤本満須子、T・H、渡部慧子、鹿取未放
   レポーター:T・S *レポートの表記は、句読点・誤字脱字を含めママ。
    司会とまとめ:鹿取 未放

62 アフリカの乾ける地(つち)にとぐろなすもの飼ひならし老いゆくは人

     (まとめ)
 眼前の蛇つかいを見ながら、ふっとこの老い人の生活を思っている。アフリカの過酷な風土で長年蛇を調教しながら生きてきた人間、あくどいようでもそれは生活の為である。その点では憎い顔をした蛇使いながらそこはかとない悲哀があり作者の同情がある。蛇と直接言わないで61番歌( すべらかにとぐろなす身を解く蛇のいかなれば陽に涼しさこぼす)を受けて「とぐろなすもの」と言っているところが面白い。結句も「人は老いゆく」となだらかに用言で止めず、体言止めで人を強調したところにも作者の思いが出ている。「アフリカの乾ける地」という生きる場の提示が、下句をよく活かしている。(鹿取)

     
     (レポート)
 この乾ける地で蛇と共同体である。生活していく以上蛇を飼い慣らしまた自分もかいならされて老いて行く。生きていく。ここに寂しさがある。(T・S)


      (当日意見)
★レポーターは「自分もかいならされて」と書いているが、歌ではそうはいっていない。比喩的に
 アフリカという過酷な土地に「かいならされて」ということなら言えるかもしれないが、そうい
 う意味ならレポートにはもっと言葉を補わないといけない。(鹿取)
★この蛇使いには、他になりわいの道がないのだ。(Y・S)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

馬場あき子の外国詠61(アフリカ)

2017年07月28日 | 短歌一首鑑賞

 馬場あき子の外国詠 ⑦(2008年4月実施)
   【阿弗利加 3 蛇つかひ】『青い夜のことば』(1999年刊)P171
   参加者:泉可奈、N・I、崎尾廣子、T・S、Y・S、藤本満須子、T・H、渡部慧子、鹿取未放
   レポーター:T・S *レポートの表記は、句読点・誤字脱字を含めママ。
    司会とまとめ:鹿取 未放

61 すべらかにとぐろなす身を解く蛇のいかなれば陽に涼しさこぼす

     (まとめ)
 袋から掴み出されて笛の音に合わせて身を解いていく場面であろうか。ぐるぐるととぐろを巻いていた蛇が、一本となってくねりながら陽に向かっていく時、涼しさをこぼすように作者には感じられたのだろう。その時、気味の悪い蛇がどうして涼しさをこぼすように見えるのか不思議だったのかもしれない。それが「いかなれば」という疑問を呼びこんでいるのだろう。(鹿取)

     
      (レポート)
 日々どくろをまく蛇。蛇は肌は冷ややかな体温を持つ。そのどくろを解く時涼しさを零すという。蛇はどういう感情の時どくろ解くのであろう。ここでは陽にこぼすのだ。やすらぎである。(T・S)


      (当日意見)
★T・Sさん、「どくろ」って何ですか?歌よく見てください、「どくろ」ってどこにも書いてないです。こ
 れでは解釈できないでしょう。もっと真面目にやってください。(藤本)
★どうしたら人に好かれるようになるのか。(慧子)
★慧子さんの意見では、「いかなれば」とそぐわない。とぐろを解いてのびのびと一本になったか
 ら涼しいのだ。身に負うのではなく解いたことで涼しさを感じている。(崎尾)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

馬場あき子の外国詠60(アフリカ)

2017年07月27日 | 短歌一首鑑賞

 馬場あき子の外国詠 ⑦(2008年4月実施)
   【阿弗利加 3 蛇つかひ】『青い夜のことば』(1999年刊)P171
   参加者:泉可奈、N・I、崎尾廣子、T・S、Y・S、藤本満須子、T・H、渡部慧子、鹿取未放
   レポーター:T・S *レポートの表記は、句読点・誤字脱字を含めママ。
    司会とまとめ:鹿取 未放

60 顔憎き蛇つかひわれより銭を得てまだらの蛇に触(さや)らしめたり

     (まとめ)
 蛇遣いはいかにも憎そうな顔つきだったのだろう。「銭を得て」に狡猾な、金銭に執着する俗っぽいイメージがよく出ている。さわる、ではなく「さやる」という言い回しもおっかなびっくりでさわる感じがよく出ている。触っただけでなく写真も撮ったのだろうか。それは別料金だろう。馬場の旅に同行した人達の中には首に巻いた人もいたというが、そちらはもっと高い料金に違いない。
 「金いろのばつた」の章で、〈十匹のばつたを少年に売らしめて老工はアッラーに膝まづきたり〉〈暗き灯のスークに生きてアッラーに膝まづく一食を得し幸のため〉などとひたすら鏨を打つ職人が出てきたが、それとは対照的な人物像である。(鹿取)


      (レポート)
 顔憎き蛇つかい。銭を得てまだらの蛇に「よしよしよいこ」と触れる。かく見る顔憎き蛇つかいなのである。(T・S)


      (当日意見)
★T・Sさん、「触(さや)らしめたり」の「しめ」は使役の助動詞です。蛇つかいが「われ」から
 お金をとって、蛇に触ることを許したのです。だから、この場合蛇に触ったのは〈われ〉で、蛇 
 つかいではありません。(鹿取)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

馬場あき子の外国詠59(アフリカ)

2017年07月26日 | 短歌一首鑑賞

 馬場あき子の外国詠 ⑦(2008年4月実施)
   【阿弗利加 3 蛇つかひ】『青い夜のことば』(1999年刊)P171
   参加者:泉可奈、N・I、崎尾廣子、T・S、Y・S、藤本満須子、T・H、渡部慧子、鹿取未放
   レポーター:T・S *レポートの表記は、句読点・誤字脱字を含めママ。
    司会とまとめ:鹿取 未放

59 身のつやも失せてとぐろを巻けるもの笛吹けば怒る死ぬまで怒れ

     (まとめ)
 長年蛇使いに使役されて疲れ果てつやもなくなっているのであろう。蛇は仕込まれて餌をもらうために笛に合わせて身を踊らせるのであるが、それを作者は怒ると表現しているのだろうか。それとも今日は優雅に取らずに、怒りも露わに踊りくねっているのだろうか。窮屈な袋に押し込められて、いきなり大勢の見物人の前にさらされれば怒りたくもなろう。とらわれの身の日頃の鬱屈も当然怒る原動力になっていよう。それゆえ、なおさら蛇の踊りは迫力をもっているのだろう。そんあ蛇に作者は「死ぬまで怒れ」と荷担の情をもって呼びかけている。
 高村光太郎の「ぼろぼろな駝鳥」や、
 渡辺松男の〈そうだそのように怒りて上げてみよ見てみたかった象の足裏〉(『寒気氾濫』)を思い出した。
       (鹿取)


      (レポート)
 人群れの前では、つやも失せるであろう。「笛吹けば怒る死ぬまで怒れ」は、何事も生きていくためであり、その蛇を力づける言葉であって死ぬまで怒れなのだ。作者の優しさである。(T・S)


       (当日意見)
★反抗しろ、というメッセージ。(崎尾)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

馬場あき子の外国詠58(アフリカ)

2017年07月25日 | 短歌一首鑑賞

 馬場あき子の外国詠 ⑦(2008年4月実施)
   【阿弗利加 3 蛇つかひ】『青い夜のことば』(1999年刊)P171
   参加者:泉可奈、N・I、崎尾廣子、T・S、Y・S、藤本満須子、T・H、渡部慧子、鹿取未放
   レポーター:T・S *レポートの表記は、句読点・誤字脱字を含めママ。
    司会とまとめ:鹿取 未放

58 蛇つかひの黒い袋にうごめける感情のごときうねりのちから

     (まとめ)
 57番歌「蛇つかひ黒い袋に手を入れてくねる心を摑み出したり」の補完。蛇が袋の中でうごめいている様子を「感情のごときうねりのちから」という。57番歌の「くねる」よりさらにダイナミックな動きで、それを「うねりのちから」と言っている。感情の「ごとき」であって、「うねりのちから」イコール蛇の感情だ、というのでもない。この辺りの微妙な接続が興味深い歌だ。(鹿取)


      (レポート)
 蛇が黒い袋にうごめいているのを見て感情のようだという作者。うごめいているもののちからの世界に、普通の精神ではいられなかったのか。
       (T・S)


     (当日意見)
★蛇は独特の動きをする。(崎尾)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

馬場あき子の外国詠57(アフリカ)

2017年07月24日 | 短歌一首鑑賞

 馬場あき子の外国詠 ⑦(2008年4月実施)
   【阿弗利加 3 蛇つかひ】『青い夜のことば』(1999年刊)P171
   参加者:泉可奈、N・I、崎尾廣子、T・S、Y・S、藤本満須子、T・H、渡部慧子、鹿取未放
   レポーター:T・S *レポートの表記は、句読点・誤字脱字を含めママ。
   司会とまとめ:鹿取 未放
 

57 蛇つかひ黒い袋に手を入れてくねる心を摑み出したり

      (まとめ)
 くねる心、といったところが面白い。くねる体、では当たり前の歌にしかならなかった。もちろん、くねっている蛇体に心は反映されている。黒い袋、もゴミ袋のようなただのビニールかもしれないが、黒という色を出したことで神秘的な効果が出た。(鹿取)


      (レポート)
 くねる蛇の心を摑むという詩情と、黒い袋の中に手を入れる悲哀感。取り出す立体感。この微妙な働きをする蛇遣いは、見物人である作者の心まで掴んだ。(T・S)


     (当日意見)
★くねる体、でなく心であるところが上手い。(崎尾)
★T・Sさん、黒い袋の中に手を入れるのは別に悲哀感じゃありません。(藤本)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

馬場あき子の外国詠56(アフリカ)

2017年07月23日 | 短歌一首鑑賞

 馬場あき子の外国詠 ⑦(2008年4月実施)
   【阿弗利加 3 蛇つかひ】『青い夜のことば』(1999年刊)P171
   参加者:泉可奈、N・I、崎尾廣子、T・S、Y・S、藤本満須子、T・H、渡部慧子、鹿取未放
   レポーター:T・S *レポートの表記は、句読点・誤字脱字を含めママ。
   司会とまとめ:鹿取 未放
 

56 夕日濃きフナ広場にはじやらじやらと人群れて芸なしの蛇もうごめく

      (まとめ)
 「夕日濃き」に夕方の華やぎがある。そういう時刻になってますます広場は活気を帯び、「じやらじやらと」人が群れ出すのだろう。濁音を使った擬態語は、自分も含めその場を楽しもうと意気込む無責任な群衆の比喩になっている。「芸なしの蛇」は手厳しいようだが同情の心もこめられているようだ。(鹿取)


     (レポート)
 フナ広場はモロッコというマラケシュにあるジャマ・エル・フナ広場のことである。ジャマ・エル・フナとは死者の広場という意味で、昔は罪人の処刑場だった。広場と言っても街の一角が商業地で、多くの店が集まっています。ここには多くの人が集まるので、見世物や街頭芸人がいろいろな出し物を演じて、客からお金をもらいます。蛇遣いも有名です。コブラを笛を吹いて踊らせる芸はよく知られています。「じやらじやらと人群れて」硬貨の音にも聞こえ一層の賑やかさの表現。笛を吹いてもなかなか思い通りにいかないこの蛇。「芸なしの蛇」。愛嬌者だろうか、意地っ張りなのだろうか、実に楽しい。しかし見逃さない視線に感服である。          (T・S)
 

       (当日意見)
★じやらじやら、の擬態語が蛇(じゃ)の音に通じる。(可奈)
★じやらじやら、を使ったことでよい歌にしあがった。(崎尾)
★蛇も、の「も」がよい。(藤本)
★「芸なし」には人間も入っている。(慧子)
★人群れて、に自分が入っているのか、納得ができない。全て上から見下ろしているという感じ。
(T・H)
★当然、自分も入っている。群れている人の一員であることを承知し自己批判もありつつ、旅行者
 としてその雰囲気を楽しんでもいる。(鹿取)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

馬場あき子の外国詠55(アフリカ)

2017年07月22日 | 短歌一首鑑賞

 馬場あき子の外国詠 ⑦(2008年4月実施)
   【阿弗利加 3 蛇つかひ】『青い夜のことば』(1999年刊)P171
   参加者:泉可奈、N・I、崎尾廣子、T・S、Y・S、藤本満須子、T・H、渡部慧子、鹿取未放
   レポーター:T・S *レポートの表記は、句読点・誤字脱字を含めママ。
   司会とまとめ:鹿取 未放
 
55 群れて行く日本人の小ささをアフリカの夕日が静かにあやす

     (まとめ)
 結句に力がある。「照らす」なら誰にでも言えるだろうが、「あやす」で深い思索の歌になった。アフリカの夕日は日本人の小ささを愛撫するかのように、慈愛にみちた暖かさで包み込んでいるのだ。「群れて行く」の所にいくらか日本人の性格的なものを含んでいるだろうが、慧子発言のような「存在の小ささ」までは作者は思っていないだろう。また、崎尾発言の「小ささ、は日本人の体と心」の「心」の部分には賛同できない。それにしてもアフリカの人々はよほど体格がよかったのだろう、既にレポートした阿弗利加一連には日本人の小ささをうたった歌が他にもあった。(鹿取)
   日本人まこと小さし扶けられ沙漠を歩むその足短し
   モロッコのスークにモモタローと呼ばれたり吾等小さき品種の女


      (レポート)
 馬場先生一行がアフリカを旅行され、そこで出会った夕日。落日の輝きに魅了された。その一行のわれわれ日本人にアフリカの夕日が射す。さらに内容を深めているのはそれだけでない「小ささ」のところで、全身を包むとのいい表わしである。静のあやは「綾」であろう。(T・S)


     (当日意見)
★レポートの「静のあやは『綾』であろう。」って何を言っているのか分かりませんが、「静かに
 あやすのあやは『綾』であろう。」じゃないですか?私は「綾」の文字が当たるとは思いません
 が。「全身を包むとのいい表わしである」も意味がとれません。(鹿取)
★T・Sさん、「あやす」は赤ん坊をあやすの「あやす」、「綾」の字とは関係ありません。(藤本)
★小ささ、は日本人の体と心。(崎尾)
★存在の小ささ。(慧子)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加